バレンタインデーは毎年

ネックレスをプレゼントしてくれる夫です。

 

前にも書いたかもしれませんが

私、アクセサリーは苦手で

全くつけません。

体にまとわり付いてる感じが好きではないんです。

時計もしない。

 

最初からそう話したのに

夫はバレンタインにネックレスをプレゼントしてくれました。

よく年もくる年も

毎年毎年2月14日はネックレス。

 

しないのにー。タラー

 

しなかった私は

夫と食事などに出かける時は

するようになりました。

 

コレクションはたまってしまったし

 

どれも安いものではないので

しないともったいないし・・

それでも苦手で家に帰るとすぐにとっていました。。。

毎年ネックレスはサプライズで

夫が選んで買ってきてくれていました。

 

「今年はいいやつをあげたいんだ」と夫。

いつもいいの貰ってるよ。

 

「いつものハワイアンジュエリーじゃなくて

もっときちんとしたやつ」

 

「ちょっと買い物に出かけるけど

一緒に行く?」

 

初めてネックレスを見に一緒に出かけました。

 

「いや、いいよー。こんな高いもの。もったいないし」

「いらないよー。ブランド物なんて」

「XXジュエリーとかでいいよー」

 

「やっぱりひとりで来ればよかった真顔」と夫。

 

某ブランド店に入っていく夫。

「これとこれ見せてください」

 

うわ!たっか!!

いらないよーいらないよー笑い泣き

 

私は値段を見てドン引きです。

ちなみに夫もドン引きしてましたが。笑

 

そしていくつか店をまわり、決められずにそのまま友人と合流し

ディナーを食べに行ったのです。

 

 

宝石めぐりをしたときに入った最後のお店が

カルティエでした。

 

高いですよ。ドン引き続きで最後には麻痺してたけど。

 

まあ買う訳ないと思ってたんで「やっぱカルティエは良いよね♪」と言ってしまいました。

「なんかね、ウキウキする」

「大好き赤い箱ハート

でもお試しで付けたりせずにチラ見だけでスルーしてました。

 

 

結婚指輪も結婚してからもらった婚約指輪も

カルティエ。

その時の記事はこちらです

↓↓

2年目の涙

2年目の涙(続き)とカルティエ

 

 

店員さんが、私達の結婚指輪がドロドロに汚れていたのを見て

その場で綺麗にクリーニングしてくださって

ピカピカに蘇ったことで

更にウキウキしていました。

 

店員さんも夫の事を覚えていて

当時の話で盛り上がり・・。

 

そして2月14日、イタリアンレストラン。

白い大きな袋の中に赤い袋が入っていました。

 

夫よ。なんでこんな高いものを。アセアセ

2人でドン引きしたじゃないか。

 

赤い箱は確かに大好きさ。

この中の物なら何でも好きだよきっと。

カルティエ教の信者だ。

 

それでもどう考えてもおかしいよ。

 

私たちは金持ちではないし

いまだに吉野家のクーポンを見てウキウキしながら「これ捨てないでね」と言う夫だし

 

ずっと欲しいんだと話していた時計をまだ買っていない。

もう売り切れてどこにも売ってないらしい。

だからいらないんだと。

子供にもまだまだお金がかかるし、と言う。

 

時計買いなよ。

私は指輪もらったから。

もう欲しいものは何もないのに。

 

「あなたにいいやつを買ってあげたかったの」

ネックレスはしないのに。

 

「いつまでも綺麗でいてね」

私は綺麗でも何でもないよ。普通だ。中の中。ミディアム。

 

「多分俺は騙されてるけど、死ぬまで騙し続けてください」

「また頑張って稼ぐぞー」

「よっしゃあー」

夫よありがとう。

いつもありがとう。キラキラキラキラ

 

今日はノロケ記事になりすみませんです。

 

 

 

フォローして頂くと最新の更新情報が受け取れるので便利です♪