こんにちは。

 

6月に日本へ帰国した際

驚いた事がありました。

 

ずっと空き家だった曽祖父、曾祖母の家が

レストラン/Cafeになってたんです。

 

築100年くらいの民家。

 

母と姉と3人で行ってみました。

 

 

中は昔のまんま。

置いてあった家具もすべてそのまま。

タイムスリップしたみたい。

 

置かれてる家具も金庫もすべて。

柱も何もかもすべて昔のまま。

 

そのまま残して綺麗にして

カフェにしたそうです。

 

「ここ、ひいおばあちゃんの家だったんです(父方の)」と話すと

オーナーさんがお客さんがいなくなった後に

挨拶に来られ。

 

 

聞くと1年前くらいに

(持ち主は父の従姉妹だった)

 

家具などそのまま全て残った状態で購入されたそうです。

そして中を綺麗にリノベーションし

キッチンだけ大改造されたそうですが

その他はほぼ昔のまま。

 

奥に自分達が住む部屋を綺麗につくりなおして

ここに引っ越してきたそう。

 

オーナー夫妻は京都の某レストランで働いていたとか。

 

大正時代の書類なども大量に出てきて

私の名字が書かれた物も出てきて

 

「ずっと、ここにどんな人が住んでいたんだろう」と気になってたそうで

私達の家系の話やエピソードなど

母が話していました。

 

 

 

 

豆をその場でひき、丁寧に1杯づつ入れられたオーガニックコーヒー。

何箇所か、世界中から好みの豆を仕入れているそうです。

 

 

ミルクを入れずにそのまま飲んでみてくださいと

かなりのこだわりでした。

まろやかな味で日本のコーヒー独特の強い酸味もなく

体にすーっと入っていくコーヒー。

カップも香りがそのまま楽しめる形でして

きっと手作りなんでしょう。

 

こんな田舎でこんな味に出会うとは!

本当に嬉しいサプライズ。

曾祖父母も祖父母も

この家がこんな風になるなんて

思っても見なかったでしょうね。

 

 

訪れたのが最終日だったので

なんだ、もっと早く来ていれば良かったと後悔しました。

 

次回帰国した時は

ここで食事をしたいです。父を連れて。

 

この奥の部屋で

父と母はお見合いをしたそうです。

 

知らなかった!!!びっくり

 

ボクの名付け親はお父さんワン。

 

 

◉おかえりの際にポチっとして頂けたら嬉しいです◉

◉こちらも引き続き宜しくお願いします◉

↓↓

海外生活ブログ ロサンゼルス情報

AD

リブログ(1)

リブログ一覧を見る

コメント(12)