おひさしぶりです。
訳あってしばらく一時帰国していました。
安心してください、本帰国はしてません真顔

日本のコロナ対応は変わると思いますが、参考になればと必要そうな情報だけダラダラと1本ブログにします。

【空港から機内】
現在メキシコシティ→成田間の直行便はANAのみなので(アエロメヒコ運休中)、ANAを利用しました。

空港で目立ったのは、防護服にフェイスシールド、マスクを着用した中国人。
こういう人たちが10名以上はいました。
中南米からの乗り継ぎなのか、メキシコ在住者なのかわかりませんが、勝手ながら異様な雰囲気でした。

それどこからいつから着てる?
目的地に着くまで着るの?
着替えないの?
トイレどうするの?
自分はいいだろうけど、いろいろ撒き散らしてない?

と思ってしまい、近くの席にはいなくてよかったです。

プレミアムエコノミーを利用しましたが、2ー3ー2の座席配列の2列席のみ1人づつ埋まっていました。
帰りは5名のみ、帰りの方が全然人がいなかったです。

トイレはいつ行っても掃除したてだし、CAさんたちは乗客が少なくても業務量は多いのではないでしょうか。
お互いのためとはいえ大変。

【日本到着&検査】
定刻の朝6時半に成田に到着して、入国したのは15名ほど。
防護服の中国人は全員乗り継ぎで機内でお別れ。
入国者の降機が最後でした。

唾液での検査を受け、陰性の結果をもらい、9時にはレンタカー屋にいたので、思っていたよりスムーズだし、思っていたより空港を出たら野放し。
どこも陰性の通知やホテルやレンタカーの予約書の確認とか一切されませんでした。
【保健所からの連絡】
日本の携帯電話番号がないので、検疫所?保健所?からの連絡はメールを選択したのですが、1度も連絡がありませんでした。
夫婦2人で2人とも連絡がなかったので、そういうもんだなと思うのですが、メールだからですかね?
連絡ないね…と待機期間が過ぎました。

【レンタカー】
ホテルまでの移動でレンタカーを予約して利用しました。
乗り捨ての場合、対応できる営業所が限られているらしく、他の業者にも聞いたけど、ホテルから1番近くて乗り捨て対応できる営業所があったのがトヨタレンタカーでした。

【ホテル】
全泊ホテル泊しました。
最初2週間の自主待機期間中は入室を伴う清掃なし、リネンなど必要なものは書面でリクエスト。
毎朝検温して用紙の提出を求められました。
これはホテルによるかもしれません。

【役だったもの】
エコバッグとハンカチ
エコバッグは言わずもがな。
ハンカチを十数年ぶりにまともに毎日使ってました。
汗を拭くのはもちろんのこと、コロナ対策で手を乾かすハンドドライヤー?がどこも使えなくなっていて、しかもペーパータオルがまずないので、トイレにハンカチ必携。
北米大陸だとトイレにペーパータオルがあるのが当たり前なことが多いので、何回か困りました。

【帰国時】
成田空港
セキュリティゾーン外、レストランとお店はあまり営業していません。
無印はやってたけどユニクロは閉まってたし。
1/4くらいでしょうか?
セキュリティゾーン内、化粧品と酒タバコの免税店が1ヶ所、あと少しお店も営業してました。

メキシコシティの空港
利用者が少ないせいか、結構荷物検査に引っかかってたと思います。
ヒマなんでしょうね。
うちはスルーでした、ラッキー。
やましいものはないけど、スーツケースは基本パンパンだから詰め直すのがね。

【空港バス】
現在成田までのバスはかなり運休しています。
最初ホテル最寄りからリムジンバスを使おうと思ったら運休。
東京駅から1000円バスを利用しました。

【不思議だったこと】
毎朝の検温時に体温が夫婦共々ずっと37度前後ありました。
他は一切自覚症状もないし、ダルいとかもないし、普通36度前後なのでビビる。
メキシコの体温計なら34度なのに(笑)。

調べたらアスリートは高地トレーニング後、体温が0.7ほど上がって代謝がよくなるとの表記を発見。
普段一時帰国で熱を測ることがまずないのでビックりしたのですが、標高2250mで暮らす日々メキシコシティで高地トレーニング中の皆様、どう思われますか?
次帰る時は自分の体温計持っていこうと思います。

以上です。