ベーシックコース第5回目 英国式アフタヌーンティーパーティ


アフタヌーンティーのティーフーズは

基本的に小振りなサイズを御用意します


スリーティアスタンドを使用して正式な位置にティーフーズを置いてみました


【上段】マドレーヌ

【中段】フルーツタルト

【下段】サンドイッチ(4種類)


これらのティーフーズは私が全てお作りしました(*^_^*)



生徒様が実習でお作りした小さなスコーンは

銀のサルヴァにのせてみました


スコーンはアフタヌーンティーのティーフーズで

一番格が高いお菓子


ティーパーティの途中で焼き始め、温かい状態でサービスするのが

最高のおもてなしとされております



アフタヌーンティーのティーフーズは頂く順番があります

理由は最後まで1枚の同じお皿で

いかに綺麗な状態で使う事を目的としております


お写真は先日の英国展で購入した ウィムジーのブラウニー

とても美味しくて生徒様から好評でした♪


紅茶は3種類御用意しました

・ダージリンセカンドフラッシュ キャッスルトン農園

・アッサム セカンドブラッシュ ボルサポリ農園

・ベッジュマン&バートン エデンローズ


次回はティーパーティの様子を御紹介します(*^_^*)

 


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*

 

当サロンは紅茶の淹れ方や知識の他ティーマナー

英国式テーブルセッティング 英国菓子 クラシックインテリア等

ティーマナー本から学ぶ事ができない

御自宅で素敵な紅茶のおもてなしについてお伝えしております

 

10月初旬から2019年4月スタート ベーシックコース(全5回)

受講者募集開始を致します

 

サロンのレッスン御案内はこちらです→ 

 

ブログランキング
クラシックインテリア部門に参加しております
下の部分を押して頂けたら嬉しいです♪
にほんブログ村 インテリアブログ クラシックインテリアへ
にほんブログ村

英国式紅茶教室 ラレーヌヴィクトリア
YURIKO

 

 

ベーシックコース第5回目 英国式アフタヌーンティーパーティ

御自宅で開く英国スタイルのアフタヌーンティーは
テーブルやティーフーズなど色々細かい約束事があり
現在ホテルやティールームで行っているアフタヌーンティーと異なるので
レッスンを始める前に生徒様へお話させて頂きました


ホステスが座る席のテーブルにティーポットを置きます

食器は15年前、イギリス陶磁器の町 ストークオントレントにある
スポード工場で購入したトラプネルスプレイ
秋の果物が描かれています

カトラリーはクリストフル スパトゥール

テーブルクロスはたっぷりと二重掛けに
トップクロスはオーガンジー素材のアンティークを使用しています


アフタヌーンティーのテーブルが華やかにするスリーティアスタンド

スリーティアスタンドは1台のみテーブルに置きます

上飾りのパイナップルは19世紀の貴族に大変好まれた装飾です
 
 スリーティアスタンドにはティーフーズを置く正式な位置があり
これはマナーに基づいた深い理由がございます


伝統的な英国式スタイルのテーブルは
インテリアから食器まで時代様式を揃えるが 
美しいとされています

ジョージアン様式で統一させたトータルコーディネートで
お楽しみ頂きました

次回はティーフーズの御紹介です♪

本日はブラッシュアップコース 英国クラシックインテリアⅢ
ウィリアム&メアリー 、クィーンアン様式です

レッスンでお目にかかれます事を楽しみにしております(*^_^*)


 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*

 

当サロンは紅茶の淹れ方や知識の他ティーマナー

英国式テーブルセッティング 英国菓子 クラシックインテリア等

ティーマナー本では決して学ぶ事ができない

自宅で素敵な紅茶のおもてなしについて御提案しております


10月初旬から2019年4月スタート ベーシックコース(全5回)

受講者募集開始を致します

 

サロンのレッスン御案内はこちらです→ 

 

ブログランキング
クラシックインテリア部門に参加しております
下の部分を押して頂けたら嬉しいです♪
にほんブログ村 インテリアブログ クラシックインテリアへ
にほんブログ村

英国式紅茶教室 ラレーヌヴィクトリア
YURIKO

 

IMG_20170923_010024305.jpg

 

 ベーシックコース 第5回目 

英国式アフタヌーンティーレッスンを行いました

御自宅で開くアフタヌーンティーパーティについて学ぶレッスンです



ウェルカムティーはベッジュマン&バートン
マルゼルブのティーソーダをお作りしました

緑茶ベースにパッションフルーツ ピーチ 野イチゴ バラの花弁で
香り付けされた甘酸っぱい爽やかなお味

カットが美しいサンルイのワイングラスに淹れてみました

レッスンの内容は。。。
・アフタヌーンティーの発祥~歴史~現在事情
・英国式アフタヌーンティーのテーブルセッティングについて
・アフタヌーンティーのティーフーズについて
・その他


こちらの本はアフタヌーンティー発祥の地
ウォーバン・アビー

紅茶好き英国好きなら誰もが憧れる訪れたい場所
アフタヌーンティー専用部屋ドローイングルームは
パステルブルーで統一された素敵なお部屋が見学できます

 
スコーンの実習を行いました

スコーンはカジュアル又はフォーマルによって
大きさが異なり
小さければ小さいほどフォーマルスタイルになります

材料の選び方から独自の手技、美しく型抜きするポイントなど
生徒様に伝授させて頂きました(*^_^*)

次回はアフタヌーンティーのテーブルセッティングを
御紹介します♪

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*

 

当サロンは紅茶の淹れ方や知識の他ティーマナー

英国式テーブルセッティング 英国菓子 クラシックインテリア等

御自宅で素敵な紅茶のおもてなしについて御提案しております

 

10月初旬から2019年4月スタート ベーシックコース(全5回)

受講者募集開始を致します

 

サロンのレッスン御案内はこちらです→ 

 

ブログランキング
クラシックインテリア部門に参加しております
下の部分を押して頂けたら嬉しいです♪
にほんブログ村 インテリアブログ クラシックインテリアへ
にほんブログ村

英国式紅茶教室 ラレーヌヴィクトリア
YURIKO