こんにちはニコニコ



La Mureハーバルライフサポーターのnaoです。



6月も半ばを過ぎ、暖かい日を感じることが多くなりました。緑の色もぐんぐん濃くなって、自然と自身もエネルギッシュになっていくのが分かります。



でも、そんな夏は心(しん)が活発になり、いつもよりこころに負担がかかると言われますから


「適度な汗をかき、よく笑って過ごすこと」


との夏の養生に努めていきたいもとですねニコニコ




適度な汗をかくために、これからの季節は森林浴に出かけたいと考えています。

緊急事態宣言が明けたら、あの場所に行こう、あの山に登ろう(低登山笑い泣き)そんな予定を考えることが今の楽しみです。





自然に触れるとき、虫よけスプレーの準備をされてお出かけすると思いますが、今年はいつもの「シトロネラ」や「レモングラス」ではなくて、「クスノキ」に着目してみようと思っています。

まだ手元に精油は用意できていませんが、これから受講するアロマの講座の中に登場する精油の1つだったことと、JAMHA(日本メディカルハーブ協会)の会報誌で紹介されていたことが理由です。





クスノキの生態が気になって開いた樹の手帳には、


「やり方がスマートじゃない爽やか系」


と書かれていましたはてなマークはてなマークはてなマーク



葉にダニ部屋との小さなふくらみを持ち、集まれ、集まれとその部屋におびき寄せ、ダニがたくさん集まる秋にはその葉を落として新芽を守る行動に出たり(本文にはおいしい話に騙されたダニに同情するとありました笑)、強風の際には自ら枝を落として風の抵抗を弱めるという「肉を切らせて骨を断つ自分も傷つくことを覚悟してそれ以上の重傷を相手に負わせるという意味)タイプなのだそう。

そんな時にクスノキの下にいるのはとても危険らしいので、お気をつけくださいね(笑)




別名を樟脳と呼ぶクスノキは、日本でおなじみの樹木です。北海道には自生していないらしく、残念ショボーン



古くから防虫剤の原料として使われてきた歴史がありますので、虫よけスプレーとして活用されている方もいるかもしれません。ただ、私の中ではタンスの中に発生する害虫などへの効果が高いのだと思っていて、虫よけスプレーに使用する発想がありませんでした。




ですが、JAMHAの会報誌に「クスノキオイルの蚊に対する忌避作用」のレポートがあり、興味深く読みました。


クスノキ精油を用いた場所と用いない場所で蚊の捕獲量を調査したものです。

2回行われた調査では、精油の量に違いがありましたが、

多く使用した回の実験結果には、クスノキ精油を使用した場所での蚊の捕獲量は使用しない場所の約7分の1しかなかったのだそう。

専門家はこの忌避効果をカ類が媒介する感染症対策に有望であると結論づけていました。





アロマやハーブの世界は、カジュアル書籍だけだと、その効果効能について想像がつかないこともあるものですが、エビデンスが示されると、その力に導かれるように興味が湧いてしまいます(笑)


今年はクスノキ虫除けスプレーでお出かけすることにしよう爆笑



そんなデータを元にしたりしながら、「なぜアロマが体に届くのか」について学びを深めることにしました。



こちらのブログでも素敵な情報をお届けできるように頑張ります!

こんにちはニコニコ



La Mureハーバルライフサポーターのnaoです。



職場で、ワクチンの職域接種の方針が決まりました。



早ければ7月の中旬ころにワクチン接種を行えることに、、、。
職員たちの接種が完了ののち、地域住民の接種を行えるように施設を開放する予定で、受付等のお手伝いに協力するそう。


このコロナ禍で、私に出来たことといえば、感染拡大させないためにルールを守って生活することくらいでしたので、ワクチン接種が進むようにその業務に携われるとしたら、社会のお役に立てるようでとても嬉しいです。



でも、そのためには自身のワクチン接種が絶対条件。


任意接種となっているけれど、周りの声は、
「早くワクチンを接種出来て嬉しい」といった雰囲気で、接種しない。を選択する人を探すのが難しい状況です。



業務を遂行するためにも、悩むところではないのかもしれません。
まして、本当に不安で不安でワクチン接種を希望されてても地域や年齢によってはまだまだ先まで順番が回って来ない、、、という方にとって、ワクチンの接種はイヤだぁーえーんと嘆くこと自体ナンセンスにも思います。



ワクチンの性能がとうとかではなく、基本的に体内に異物を取り込みたくない!との思いがあって、私はワクチンは打たないかな〜などと考えていたのですが、そんな思いで対処する訳にはいかなくなりましたアセアセ



職域接種はモデルナ社製のワクチンが供給されるとのこと。
ワクチンについても、巷の情報に振り回されないようにはしていますが、他のものに比べて副反応が大きいと言われる点は耳にしており、心配な気持ちも拭えないでいます。




ワクチン接種も個人の選択で良いと思ってきたけれど、接種する人が増えることでコロナの収束に近づくことができるかもしれなくて、職場でもその動きに貢献していようとしていて。
きっと、接種しない!は選択できない気がします。
人々のお役に立とうと活動する人たちを傍観するなんて出来ないと思うんですよね。

そう決意しても、どうしても迷いが拭えない私。



これまで、コロナ禍にあっても割と冷静に過ごしてきたつもりの私でしたが、まさかの最大の難関にぶつかっていますプンプンアセアセ


こんにちは。
アロマ&ハーブ "La Mure" ほそかわたまみです爆  笑

6月を迎えて、目に映る緑が日に日に濃くなっていることに気が付きます。
おこもりを強いられションボリしている人間たちをよそ目に、なんと勢いのあること!

チャイブの花

私も負けちゃいられないわ(笑)と、麦わら帽子をかぶって庭へ…
せっせと草をむしったり、もじゃもじゃの枝を剪定したり、
たくさん汗もかいたけど、初夏の風がそよそよ気持ち良いです。

まもなく、​​ハーバルセラピスト養成講座がスタートします。

私がハーブやアロマテラピーのレッスンをはじめて、16年目になりました。
自分のケアのために植物療法をはじめたのは、それより更に5年さかのぼりますので、
かれこれ20年以上のお付き合いになります。
自分の生活軸となる植物療法への思いはずっとかわりません。

好奇心旺盛なこともあり、他にも色々な学びにチャレンジしていますので、
「そんなこともしてるんですか?」と時々驚かれるのですが、自分の中ではなんの違和感もなくて、むしろ全部つながっているんですよね……。

あらためて考えてみました。
自分のやって来たこと全部をつないでいるものって何だろう…と。

「幸せに生きるためのお手伝いがしたい」

たどりつく思いは、シンプルです。
アロマもハーブも、エサレンマッサージも、心や身体に優しくして幸せをくれるもの。
フラワーエッセンスは魂を癒し、幸福への道筋を示してくれる。
野菜の勉強も、幸せの基本である健康な体作りを助けてくれる。
結婚カウンセリングのお仕事は、ともに幸せを築くためのパートナー探しをお手伝いすること。

山頂をめざして登る時、ルートはいくつもありますね。
「幸せに生きる」という頂上をめざすにしても、人によって選ぶルートは色々あるでしょう。
お一人お一人にぴったりなルートをご案内したいと考えた結果の、現在のLa Mureになりました。

どの扉からでも、OKです。
お気軽にドアをたたいてくださいね!

両手を広げて待っていますハート(手書き)


 

こんにちはニコニコ




La Mureハーバルライフサポーターのnaoです。




6月は私のお誕生月。



好きな季節を問われたら、なんとなく自分のお誕生月を思い浮かべてしまうものではないでしょうか(笑)



私は、雪解けが進み、草花の息吹を感じられる4月が大好きなのですが、梅雨のない、北海道の6月の穏やかな気候もまた、心地よく感じる季節の1つです。



2年前の6月に撮影したものです。お気に入りの1枚。



最近では、コロナの感染予防の対策として、昼食も個々に別の場所で食事を摂ることが義務付けられており、束の間の休息に同僚とのおしゃべりを楽しみながら食事を楽しむ機会がありません。





ただ、食堂でお食事することを元から好んでいなかった私は、お天気の良い日に中庭に出て、そよ風に吹かれながらお弁当を広げることが何よりの楽しみ(笑)



敷地内には、ベンチも所々に設置されているのですが、外で過ごす方がほとんどおらず、通り行く人々からはなんとなく異端児扱いされてしまうのが悲しいところです。




こんなに素敵な環境なのに、もったいないなぁ、、、と、外での食事をおススメしたい気持ちいっぱいなのですが、なかなか想いは伝わらずで(笑)




女子のみなさんは、こぞって「紫外線がショボーン」と日に焼けることを嫌がります。

私もシミの原因を増やしたくはありませんが、20分程度の日光浴は、免疫力を高めるために必要なことだと思っているため、積極的に太陽の光を求めます。






みなさまご存知とは思いますが、



【日光浴のすすめ】についてニコニコ



①幸せホルモン「セロトニン」の分泌を促す効果


  脳内の伝達物質であるセロトニン。きちんと体内に分泌されることで、落ち着きや心地よさ、前向きな気持ちになれるといいます。うつ病の予防にも効果的と言われるため、ちょっぴり心が沈んでしまうような気持ちの時こそ太陽のもとへ。



②体内時計をリセット


   朝、きちんと太陽の光を浴びるのがより効果的ですが、睡眠ホルモンである「メラトニン」を増やしてくれるので、夜も心地よく眠ることができます。睡眠の質を高めることが、心身ともに元気にしてくれることは、言うまでもありませんね。



③ビタミンDの生成


 通常ビタミンは、体の中でつくることができないため、食品などからの摂取に頼ります。でも、きのこ類や魚類などを摂取することで得られるビタミンDは、食べものからだけでなく、日光に当たることにより80%~90%を体内でつくることができるという特性があります。「免疫を高める」「骨を丈夫にする」ビタミンDは、健康な体づくりに大切な要素ですよね。



通勤時や休日の外出の際には、日焼け止めをこまめに塗ったり、帽子をかぶったり、ストールや日傘といったお助けアイテムで身を守りつつではありますが、1日20分。それくらいの時間は体づくりを優先させているため、ちょっとだけ無防備です。




月に癒された後は太陽の光で元気をチャージ!



そんな日々を過ごしています。



最後に、、、

天体観測好きの友人から送られてきた皆既月食の写真。


私の iPhoneの撮影とはエライ違いでした!(笑)





こんにちは

ニコニコ


La Mureハーバルライフサポーターのnaoです。


みなさんは、先日の皆既月食をご覧になりましたか。





消えかけてゆく途中の空。


近くには双眼鏡片手に観察している親子連れやご年配のご夫婦、ベランダから見えなくて外に飛び出したら、思いのほかギャラリーが多くて驚きました(笑)




友人からたまたまラインが届き、こちらの画像を送ったら「なにこれ!!!!太陽にしか興味がなくて見上げてなかった!(言い訳)」とのお返事が。

その方はとてもアグレッシブで、太陽のように周りを照らす存在になりたいおねがいと常々語っている熱き人物です。らしいな!と思わず笑ってしまいましたが、月の存在があるから太陽がより輝いて見えるのにな、、、と心の中でつぶやいている私がいました。




アロマのお勉強をするまで、こんな感想を抱くこともなかったように思うのですが、「静」と「動」、「乾」と「湿」、「温」と「冷」など、全ての事象に裏と表が存在し、バランスを保つことが養生の基本のように思っています。



心と体の崩れてしまったバランスを取り戻すためには、どちらか一方に注力するのではなく、足りていないものをどう補うかや過剰になってしまったものをどう手放すのかが大切なのではないかと考えるようになりました。



このコロナ禍にあっても、さまざまな立場でさまざまな発言がありますが、誰もが自分の正義に従って意見を述べているのだろうと思うのです。


世の中の真実も嘘も、立ち位置次第で見え方は変わります。



太陽と月。


光と影。


男と女。



世界がどちらか一方では成り立たないように、片方の側面(特に自分の価値観)だけで物事を捉えてしまってはいけないな、そんな風に思います。




私の日常で繰り広げられているコロナの話題でも、それぞれの想いのもと、いろいろな声が聞こえてきます。そこにも正解や不正解などなく、私には聞き流すことも受け止めることも難しくて、その会話の前では口数が減ってしまいます。




答えが分からなくて考えないようにしているのだとしたら、逃げ腰なその姿勢は、褒められたことではないのかもしれません。




ただ、そんな風に冷静さを保ちながら過ごしてきたため、この1年と少し、心を擦り減らすことも少なかったように思います。自分に出来ることとして、感染予防に努めることに集中したお陰で、心配や自粛疲れを最小限にして、平常心を失わずにここまでこれた気がしています。



ですが、「感染の被害に直面していないから言えることなのでは」と問いただされたなら、返す言葉もありません、、、。




自分の立場と自分以外の立場、どちらもぞんざいになど出来なくて、養生のバランスのようにスッキリ答えを見つけることは難しい。









24年ぶりのスーパームーン&皆既月食の歓喜に沸いている中、そんな想いにふけていた26日の夜。



みなさまはどんな1日をお過ごしでしたか。



緊急事態宣言も延長され、まだまだ心を開放してあげられる状況にありませんが、くれぐれもご自愛くださいねニコニコ