10代&20代を、バブルの名残の時代に過ごしたたので、

いろいろ、ブランドを買いあさりました(笑

 

「中途半端なブランドは、もったいない!!

ヴィトンは、何歳でも持てるし、歴史があるし、

壊れたり古くなったら修理できて、ずっと使えるるし、

いずれ、子どもにも譲れるわよキラキラ

と言ってた叔母の影響で、ルイ・ヴィトンも買い集めました。

 

でも、重たいバッグが苦手になって、棚にしまいこんでたんですよ。

 

「韓国で、なんちゃってブランドを買わなくても、本物を持ってるやんっ!!

と思い(笑、

何年かぶりに、ヴィトンを使おうかな~と思って、全部出してみたら、

一番古いバッグの内側がネチョネチョになってましたアセアセ

 

内側が人口スエードや、変質しない素材になる前の古いヴィトンは、

湿気でネチョネチョになりやすいようですギザギザ

 

バッグ本体は、神戸のヴィトンに修理に出して、内側を貼りなおしてもらって、

ヌメ革の色も補正してもらったんですが、

ポーチは、「付属品扱いなので、張替えできません」ってショック

 

 

ほとんど使ってないから、表の見た目はきれいなのに~アセアセ

 

 

でも、このネチョネチョ具合では、使えない笑い泣き

 

キレイにする方法を検索して、重曹を薄めた水で拭いてみたけど、

ネチョった部分がどんどん取れて、素材が薄くなりそうなくらい(苦笑

 

 

 

革製品を修理してくれるお店に、何軒か持ち込んでみたんだけど、

「この形は、専用のミシンがないので、直せません」て。

 

確かに、

マチの形が変わってて、フツーのミシンでは縫えないデザインギザギザ

 

ミシン目をほどいて、裏張りをしてから、手縫いすることも考えたけど、

キレイにできる自信が、まったくない(笑

 

で、生地用の両面テープで、内側に生地を貼ることにしましたニコニコ

 

 

最初は、白黒チェックの生地を裁断したんだけど、

ハギレの在庫棚から、人工スエードのエクセーヌを見つけたので、

生地端がほつれにくい、そちらにしました。

 

なんで、こんな生地を持ってたのかな。

何を作ったハギレなんだろ(笑

 

 

せっかくなので、ポケットも付けましたルンルン

 

 

全体にテープを貼ると、ゴワゴワになりそうなので、

生地端にだけ、強力布用両面テープを貼って、

ポーチの内側に貼りつけましたルンルン

 

キレイにできて良かったOK

 

普段のお財布にしようと思ってたけど、

こないだのソウル旅行で、なんちゃってブランドの薄い財布を買ったので、

どうしようかなギザギザ

 

せっかく張り替えたから使いたいし、ちょっと、考えますニコニコ

 

 

 

Instagram   インスタグラムをしています

どうぞ、お気軽にフォローをして下さいね萌え 

 

    

いつも遊びに来てくださって、ありがとうございますすまいる
毎日の更新の励みになりますので、
上のマークをクリックして、応援お願いします

 

 

ホームページも、ご覧になってくださいねルンルン