PyCharm+Python 3.9.1+Python OpenCVを使って、ライブカメラもどきを作ろうと、プログラムをサクっと作ってみました。

 

import cv2
import sys

def test_main():
        capture = cv2.VideoCapture(0)
        capture.set(3,640)
        capture.set(4,480)

        while True:
            ret, img = capture.read()
            img = cv2.flip(img, 1)
            cv2.imshow('img', img)
            # key 入力チェック
            key = cv2.waitKey(10)

            # ESCキー、'q'キー、'Q'キーであれば終了
            if key == 27 or key == ord('q') or key == ord('Q'):
                break

        capture.release()
        cv2.destroyAllWindows()

if __name__ == '__main__':
        test_main()
        sys.exit(0)

 

カメラは、PCに接続できるUSB カメラです。

(一時期、在宅勤務をする方々が購入していくので、品薄になったという噂がありましたが、地元のショップには結構在庫があったりしました。変な噂だったのかも・・・)

あっさりと動きました!

 

Python + OpenCVを使い、僅かなステップで出来るのが素晴らしいところです。

 

さて、次はこれに色々と機能を追加していき、今頭の中で描いているものが出来るか、

継続していきたいと思います。

 

問題は、周辺機器や、これから実装する処理がラズベリーPi の最新版でまともに動くのか、

そのあたりが心配ですが、

とりあえず空いた時間でチョコチョコとパーツを作っていければと思いますグッド!