Linuxを始めた時に、日本語がきっちりとサポートされたLinuxということで、一時期よく使っていたVine Linuxが終了するとのことです。

 

 

現状、リリース版についてメンテナンスする人、したい人はほとんどいない状況とのこと。

Red hat、Ubuntu、Debianそれぞれから派生した数多のLinuxが乱立しており、またRed Hat、Cent OS、Ubuntuも日本語がしっかりとサポートされてきていることも要因としてあるとは思いますが、昔は開発者がボランティアベースで手がけていましたが、大手企業も参入したりして、既にボランティアベースではなく、企業によるビジネス向けとして広く使われ、かつサポートも企業が行うような流れが定着している昨今では、厳しい状況なのかもと思います。

 

ただし、日本でのLinux普及には、一定の影響力があったものと思ってもいますので、その意味では今後Seed(開発)版のみリリースということで、残念では有りますが、仕方なしかと思います。

 

かく言う私も、若かりし頃は某Linuxユーザーズグループに参加して、啓蒙活動をしていましたが、当時はまさ

に手作り的なところがあり、それが良かった側面も有りました。

(月1回の定例ミーティングも楽しかったです。)

 

しかしながら、Linuxの普及とともにメンバーがひとり、また一人と減っていき、結局解散となってしまいました。

 

今ふりかえると、いい思い出です。

 

現在は公私ともにLinuxが殆ですが、Microsoftも以前は敵対心丸出しでしたが、今では親和性を取りながらLinuxの環境を取り込もうとしているようにも思えるほど、力を入れています。

 

非常に寂しいですが、当時の仲間はきっと何らかの形でLinuxに関わっていることを信じ、さらなるLinuxの普及(特にクライアント側)に期待したいところです。

そして、私も今後は何かしらの形で、初期投資を抑えてIT環境を整えることが出来る利点を、もっと訴求し、お手伝いができればと願ってやみません。

(個人的には、Windowsの使える方であれば、Ubuntuも同じように使えると思いますので、初期設定をしてあげれば、ニーズは今以上に広がるのではと思量致します。)

 

寂しくはなりますが、VineはSeed版は継続されるため、今後の活動を見守っていきたいと思います。