水の神の化身たこルカちゃんを崇め奉りましょう

水の神の化身たこルカちゃんを崇め奉りましょう

制作状況とか設定とか無駄なボヤキとか。まあ、何でもありってことで。
サイト→http://mizugami.amearare.com/

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
もうあけおめとかいう時期じゃないですけどね。
お久しぶりです。
ルカ誕まであと少し・・・間に合う気がしないけど取り敢えず作業進めていきます。
最近全然ボカロとかUTAUとか弄ってないので合成音声関連でかけること全然ないですね。
うん・・・・・以上です。

テーマ:
HANASUで一番簡単にリアルになりそうなのはVCV+CCVの音源とかなのでしょうが、
量が大変な感じになりますよね。
なのでCVVC+CCとかの方が録音量も原音設定の量も良心的で妥当かなと思います。

CC音素はすべて網羅できるのが一番なのだとは思いますが、
それも大変なので必要最低限あればいいかなと思います。
ただその必要最低限もまだ人によって変わってくる気もするので割愛。
次にCC音素の長いバージョンですが、私としては
s、sh、hy、j、f(唇を噛まない)
辺りがあれば十分なのではないかなあと思っています。
雨廻ツブリでは「長」というエイリアスを付けていたのですが、「*」に変更しました。
後ほど更新データをアップロードします。

というわけでCVVC+CC音源で、HANASUをする際に
こんなのあったら便利だなーと思うプラグインについて書いていこうかと思います。
私の知識不足で既にあるとかならぜひ教えていただけると嬉しいです。


『無声子音の直前の無声子音を含む音の母音の無声化をしてくれる』
「システム」とかを
[し][す][て][む] から [し][i s][s t][て][む] ないし [し][i s*][s t][て][む]
に変えてくれる、みたいな感じですね。
CVのノートをVCとCCに変更してくれる機能があったら便利ですよね。
基本的には無声子音ですが、[z]に関してだけは例外的にここに含まれると助かります。

流し込んだまま先にある程度調声して後から無声化をする方法をとるのなら、
ノート長で子音の長いCC(*のつく音素)を使うかどうかを切り替えてくれたら
より便利ですね。

あと、すでにあった気もしますが語尾の無声化もしてくれると嬉しいです。


『VCの長さを調節してくれる』
一定数地以下のノートの、破裂音の次のVCと摩擦音・破裂音のVCを前のノートの3分の2の長さに、
それ以外のVCは前のノートの2分の1の長さに設定してくれるみたいな感じです。
人によって喋り方の癖が違うのでカスタマイズが出来たら最高ですね。
単独音をCVVCに変更してくれる機能とセットになってたらいいなあと思います。

ただ、ノートが短くなればなるほど破綻しやすくはなるので、
大人しく単独音として使う方が吉かもしれません。
でも破綻さえしなければCVVCの方がかなりリアルなのが出来そうですよね。


『長音を結合してくれる』
流し込みとかの補助機能ですね。なんか既にありそう感半端ないです。
「-」この歌詞が入力されているノートがあったら、直前のノートと合体させてくれるみたいな感じのです。
よくこれで流し込んで後からctrl押しながら消してってるので自動化出来たら最高だなと。
既にありそう感がすごいんでもし知ってらしたら教えてくださいましませ。


『んを適した音に変えてくれる』
ノートがかなり短いこと前提ですが、「ん」のノートの歌詞を次のノートの子音と合わせた音に
変更してくれるみたいな感じですね。
[ま][ん][が] なら [ま][a g][が] にしてくれるとか。
ただ、上記の場合は濁音を発声する際の溜めの部分を含めた設定がされている音源でないと
出来ない技になります。
濁音を発声する際の溜めも含めたVCですと、か行直前のんとして使ってもさほど問題ないと思います。
[き][ん][か] なら [き][i g][か] とか
他の、
[さ][ん][ぱ][つ] → [さ][a m][ぱ][つ]
[か][ん][な] → [か][a n][な]
とかなら度の音源でも問題なく変えるかと思います。

ただ、これも邪道と捉えられる方もいらっしゃるんじゃないかと思いますから
一概にあったらいいとも言えないのかもしれません。



と、まあ、長くなりましたがこんなところですね。
もしもあったら嬉しいなあなんて思っている機能を書き出してみました。
ここまで読んでくださった方、ありがとうございました。




テーマ:
という訳で今日書きたかった記事の方です。
私が普段HANASUで使っているプラグインを書いてみようと思います。

まず言わずと知れた「拡張ピッチエディタ」
私の中でイントネーションの肝となる音程の変化を纏めて手書きできます。
ピッチ

次に「拡張フラグエディタ」
主に子音速度とhフラグをまとめて設定するのに使います。
hフラグは単独音でしかあまり使いませんが。
フラグ

「拡張エンベロープエディタ」
音量変化で使います。連続音は特にこれがないと音量は弄れません。が、
若干破綻します。まだうまく使いこなせない感じ・・・・
エンベロープ

「連続音一括設定」
そのままです。連続音を使うときに使用します。

上記4つはZteerさん製です。こちらでDLできます。

「OverFlags」
最近使うようになったのですが、単独音での音量設定をまとめて行います。他にも色々出来ます。
調声しながらプリセット作ってます。

「オーバーラップ爆上げくん」
母音結合の時に[い]を物凄く短い時に使ったりします。

「エンベロープ正規化プラグイン」
その名の通りです。割と綺麗に直るので便利です。が、
一回閉じて開き直した時にまた「!」が出てる時があります。なんでだろ。

「メモるくん」
調声のメモがつけられます。なんか色んな事が出来る「僕の考えた最強のry」で起動します。

「frq editor」
調声に直接関係はありませんが、使ってる音源の周波数表が破綻してた時に直したりします。


こんな感じです。
なんかいっぱい書きましたがどれも便利ですよ。
優先順で書いているので上の方だけ入れてってもいいかと思います。

という訳で私がHANASUで使っているプラグインでした。

テーマ:
なんか前回の記事から2ヶ月近く経ってますね・・・。
私はこの一ヶ月トクロ作ってたんで許して欲しいです。
そして時間経ちすぎて何が書きたいのかよく分かんなくなりました・・・。
連呼式CVVCについて・・・取り敢えず動画の文字を書き起こそうと思います。

雨廻ツブリ霧霖はcharacter.txtにエイリアス一覧、色々フォルダの中の「選択音素一覧.txt」と「僕の考えた最強のry」の「メモる君」で読み込む「雨廻ツブリ霧.txt」でその名の通り選択音素の一覧が見れます。

CVVCについてはニコ百に記事があったのでこちらを参照して下さい。
CVVC収録音源とは

CVVCでは母音がクロスフェードする部分が他のキーになるという使い方をする場面は多分あまり多くないと思います。
ですから特に何も設定せずそのまま使って頂いても破綻はないと思います。が、
母音に関してはまた別でして。
連続音と同じでVVで繋がりますから音量差がエグく出ます。
母音はPを低く設定することをお勧めします。
とか言ってそれに合わせたら結局纏めて下げちゃったほうがって感じになるのですが。

音程遷移の音素は、母音がクロスフェードする場面では同じキー・近いキーのものを使っていればどこでどう使っても問題無いと思います。

こんな感じでしょうか。他に書くことが思いつきません。
内容がほとんど大明神歌連続音と変わりない感じがします。
あんまりわかり易い文章とは言えませんがまあ自分用の覚え書き的なものなので・・・。

読んでくださった方がいらっしゃいましたら、ありがとうございました。

テーマ:
雨廻ツブリの大明神歌連続音とかの解説等を書いてみようかと。
動画で書いた内容書き起こすだけですが、確認したいときに一々動画読み込むのも面倒かと思ったので書いてみます。


雨廻ツブリは単独音併用型の連続音を改変して、破裂音の子音をもつ音素だけをCVVCとして設定した、まあいわゆるCVVC併用型連続音みたいなものです。
面倒ですが破裂音の部分だけVCを足すとちょっといい感じに歌うようになるかもです。
単独音併用型連続音として破裂音は単独音で使って頂いても問題ありません。


どう使うにしろmodは0が良いと思います。
高めにすると酷い音痴になるんじゃないかなと。


歌連続音として音程遷移の音素を使用するのであれば、Pフラグは低めに設定した方がいいです。
音源名をクリックすると出てくるウィンドウの「生成時オプション」の中に、P0~20程度の数値を入力するとプロパティに入れなくても適用されます。

Pはピークコンプレッサーと言いまして、音量を上げてくれるフラグです。

どの音源の歌連続音でもPを下げたほうがいいのかどうかは分かりません。
ただ私の音源に関しましては、キーによる声量のバラつきが顕著なのでデフォルトで掛かっているP80だとクロスフェードの時に激しい違和感が発生してしまいます。
それを避けるために、Pフラグは低く設定することをお勧めします。


音素の中で音程が移動しているものは全ての音程移動に使うのはお勧めできません。
音程での声質・声量の差の為に違うキーでのクロスフェードにはかなりの違和感が生まれます。
効果的に演出したいとき以外は基本的に、母音同士のクロスフェードは同じキーを使うようにした方がいいと思います。
またこれも全ての音源に適用されるのかどうかは分かりません。
雨廻ツブリ及び私の作っている音源に関してはそうであるということです。


歌連続音に関してはこんなところです。
次はこないだ出した連呼式CVVCについてをば。
と思ったのですがパソコンが重くて動画を読み込まないのでここで一旦切ります。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス