ポパイ【湘南平塚発:今も昔も子供の夢が詰まったスナックスタンドで人気なのはほうれん草では無く?】 | kazuyaの取扱い説明書

kazuyaの取扱い説明書

ライフワークとなっている食べ歩き、サッカー、フットサル、その他の趣味や行動について語っていきます☆

平日の食べ歩き
2022年8月中旬の食べ歩きレビュー

この日は昔い懐かしいお店に行きたいと
ふとそんな衝動に駆られました
リモートワークを終えたらすぎに
自転車を走らせて向かいましょう

最近は営業時間が短くなっている店が多くて
平日夜はなるべく早く行動しないといけません

急いでお店に向かったおかげで
無事に営業時間内に到着しました


やって来たのはJR東海道線平塚駅西口から
北西へ向かい車で12分ほどの場所にあるお店
『ポパイ』さん

 

 
1979年創業のスナックスタンドで、
かつては同年に創業したダイクマ平塚店の
敷地内の駐車場スペースに店舗を構えていました

当初は秦野の呉服店として創業しましたが、
後に「大工の熊五郎」としてホームセンター
事業に業態変更しました
その後、イトーヨーカドーとの資本提携によって
子会社となり、商号をダイクマへ変更しました
 
 
平塚に本社があってショッピングセンター等が
無い時代に当時のディスカウントストアとして
一大勢力を誇っていました

店舗前の通りに車の大行列が出来る事が有名で、
県道62号沿いの道は通称:ダイクマ通りと呼ばれ、
今でも地元民に通じるワードとして残っています

ディスカウントストア、スーパーマーケットの
乱立によって経営不振となり、2002年に
総合家電量販店チェーンのヤマダ電機に
売却されました
 
 
現在は「テックランド 上平塚店」として
営業されていますが、「ポパイ」は今なお
営業し続けています

かく言う自分も家族と共に子供の頃から
ダイクマを訪れ、帰りにソフトクリームや
クレープ、フライドポテト、タコ焼きなどを
食べた思い出のあるお店なのです
 
 
夜のサイクリングで付近に来る事はありますが、
平日の営業時間を考えるともう少し早く
訪問する必要がありました


・メニュー表
 
 
 
昼間に訪問すれば自由に注文できますが、
流石にこの後閉店する時間となるので
残っている商品から買って行く事にしましょう
フードロス的にもその方が良い
 
 
 
 
まずこのお店で一番の思い出が残っている
ソフトクリームはマストで注文するとして
その他持ち帰れそうな商品を買って行きます


今回買って帰った商品は以下の通り

・ソフトクリーム(ミックス) ×1
・ポパイドッグ       ×1
・たこ焼き         ×1
・たい焼き(つぶあん)    ×1

ソフトクリームとポパイドッグの2つは
その場で食べていく事にしました
残りは自宅に持ち帰って頂きます


●ソフトクリーム(ミックス)
 
 
子供の頃に一番多く食べたのがソフトクリーム
そしてバニラもチョコも両方楽しみたい
欲張りな自分は昔から大体ミックスだった
 
 
好みの割合はバニラ8、チョコ2くらいなので
チョコだけを食べる事はほとんど無いけど、
バニラだけだと損した気分になってしまう
 
 
なんだかんだと語ってしまいましたが、
これはなんて事は無いソフトクリームの話
はい、大体どこにでもありそうなやつ
でも、子供の頃には夢が沢山詰まっていた


●ポパイドッグ
 
 
 
ジャンボフランスをホットケーキ生地で巻いた
ポパイオリジナルの変わり種ドッグとなってます
 
 

どちらかというとアメリカンドッグのような
イメージの商品ですが、揚げてないだけ
ヘルシーな商品なのかもしれません

 

 
 
アメリカンドッグのほんのり甘い生地も
個人的には好きな自分ではありますが、
このポパイドッグも思っていたよりも
良い商品じゃないですか
ふんわりとした食感も悪くない

既製品を揚げただけのアメリカンドッグより
手をかけて作られた商品というのが嬉しい


●たこ焼き
 
 
 
自宅に帰って頂きました

移動時間によって若干冷めてしまいました
かつお節やソースがたこ焼きに馴染んでます
 
 
 
生地は柔らかく、中身はややトロッとしてます
中身のタコは大きいとは言い難いけど、
今時銀だこのたこ焼きも600円近くするので
これで380円なら悪くは無いでしょう


●たい焼き(つぶあん)
 
 
 
自宅に帰って頂きました
粒あん好きなのでこれを注文しました
 
 
 
たい焼きはカステラ生地のように
ふんわりした出来映えでした
 
 
値段は高い事は無いと思いますが、
このたい焼きを食べるならもっと本格的な
天然たい焼きを作っているお店に行った方が
良いかなと感じました



こちらのお店は地元の平塚農商高の生徒達の
商品開発のサポートを行い、開発された商品を
販売するなど地域に根付いた活動もされています

また、近くの農園で生産された地場野菜の
販売なども行っているようです

スナックスタンドとしては取り扱う品数が多く、
買い物についてきた子供にとっては正しく
心のオアシス、ほっとステーション的な
お店なのでしょう

テックランドへ行く=ポパイへ寄れる
この等式が今なお子供たちの頭の中で
公式化されているに違いないと思います

お手頃なものとやや高めなものがありますが、
子供が親にねだる商品としては問題ありません

これからも子供達の夢が詰まったお店として
末永く頑張って欲しいと思います


【ポパイ 上平塚店】
神奈川県平塚市上平塚1-61
TEL 0463-34-5988
10:00~21:00
無休
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 

記事をご一読頂きありがとうございました。この度ブログランキングに参加することになりました。下記のバナーへのクリックにご協力をお願いします。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ 目指せ関東1位!!

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

ポパイ 上平塚店売店 / 平塚駅大磯駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5