角平【横浜平沼発:老舗店が永らく営業を続けられてきた秘訣とは?】 | kazuyaの取扱い説明書

kazuyaの取扱い説明書

ライフワークとなっている食べ歩き、サッカー、フットサル、その他の趣味や行動について語っていきます☆

平日仕事帰りの食べ歩き
※5月中旬の食べ歩きレビュー

久しぶりに『丿貫』のラーメンが食べたい
GW明けに横浜アソビルにオープンした
『横濱丿貫』に食べに行ってみようと
仕事帰りに横浜駅に立ち寄ったのですが
残念ながらまだ昼間しか営業しておらず
目的が目の前をかすめていきました

どこかでリカバリーしないといきません
既に麺類の舌になってしまっているので
どこか近くでお店を探すことにしました
 
時間的に夕飯時ということもあり
駅前から少し離れた方がよいかもしれない

アソビルの南側の出口を出て
店を調べながら平沼橋方面に歩いてみました
BMしていたあの店へ行ってみようか

やって来たのは横浜駅南東口から
南西に向かい徒歩7分ほどの場所にあるお店
『角平』さん
 
 
 
1950年創業の老舗の蕎麦屋さんで
『つけ天そば』を編み出した元祖です

お店の年季の入りようは流石ですね
 

早速入店しました
 
入店してみてびっくり!
店内はほぼ満席でした
店員さんに1人の旨を伝えると
奥に空いていた席を案内してくれました
 
 
その後に来店したお客さんは入店できず
運よく席を確保することができました
 

・メニュー表
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
看板メニューはつけ天そばですが
その前に少し蕎麦前を頂く事にしましょう
 
 
●生ビール
 
 
銘柄はキリンの一番搾りでした
キリン好きには嬉しい限りです
 
 
●鶏つくね
 
 
 
つくねは大体串焼きで食べる事が多いですが
基本的に肉団子系の料理も大好きなのです
 
 
 
串に刺さって出てくるものだと思ってたら
こんなスタイルで登場しました
確かに値段が値段なので納得です
 
 
 
かなり大きな肉団子状態のつくねで
肉は柔らかいながらに程よい触感があり
卵もよく絡んで美味しいつくねでした
ネギもたっぷりなので嬉しいですね
 
 
●山本 純米吟醸 ピュアブラック
 秋田県山本郡八峰町の山本合名会社
 
 
山本合名会社は平成17年に杜氏制を
廃止した蔵元です

6代目蔵元山本友文氏が自ら精米から始まる
酒造りの全ての工程に一貫して携わり
白神山地に湧き出る豊富な天然水を
蔵まで引き込んで作り上げた日本酒です

フレッシュかつフルーティながらに
キレの良さもある万能タイプのお酒です
 
 
日本酒には蕎麦味噌がついていました
飲みながらちびちび食べるのもアリです
ただこのお酒にはちょっと合わないかな
 

●だし巻きたまご
 
 
 
蕎麦前の選択肢の1つとしては
これは外すわけにはいきません

注文時、『3切れで良いですか?』
と店員さんから質問されました
『それでお願いします』と回答しましたが
希望する大きさに切り分けてくれました
グループで訪問した時に良いサービスです

出汁はほんのりと優しい仕上がりで
辛口のお酒よりも頼んだ日本酒の方が
相性が良い感じでした
 
 
●ミックスつけ天そば
 
 
海老天とかき揚げ天、ざるそばが
セットになったメニューです
 
 
かき揚げは海老や貝柱などゴロゴロと
入っていて、海老天もプリプリでした
 
 
 
 
麺は大盛りで注文してみました
冷水でしっかり締められてコシがあり
喉越しの良さを楽しめる仕上がりでした
想像以上にボリュームがありました
 
 
80席を超える大箱店なのに
夜の営業も賑わっている大衆蕎麦屋でした
ただ単に大衆的な雰囲気があるだけでなく
料理にも端々に拘りを感じる部分もあり
ここにお客さんが集まる理由は
1つだけでは無いのかもしれません

意外にも若い女性店員が多いのが印象的で
厨房の年配男性店員さんや接客係の
年配女性手人さん達とも和気藹々と
働いている姿がとても好感を持てました

若い働き手がなかなかいなくなってしまい
最近元気がなくなってしまっている
老舗のお店も多いかもしれませんが
こちらはまだまだ元気に続いていきそうです
 

【角平】
横浜市西区平沼1-36-2
TEL 045-321-4341
11:00~20:30
火曜定休
 
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 

記事をご一読頂きありがとうございました。この度ブログランキングに参加することになりました。下記のバナーへのクリックにご協力をお願いします。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ 目指せ関東1位!!

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

角平そば(蕎麦) / 平沼橋駅高島町駅戸部駅
夜総合点★★★☆☆ 3.4