お菓子の泉栄堂【秋田県発:催事で販売されていた北秋田市の郷土菓子とは?】 | kazuyaの取扱い説明書

kazuyaの取扱い説明書

ライフワークとなっている食べ歩き、サッカー、フットサル、その他の趣味や行動について語っていきます☆


テーマ:
平日仕事帰りの食べ歩き
※こちらは9月下旬の通常レビューです

地元平塚駅の駅ビル『ラスカ平塚店』に
仕事帰りに立ち寄ってみたところ
1Fの星の広場で東北物産展が行われてました
 
 
レビューを書く事はほとんどありませんが
こういう場所で試せる商品などもよく
買って帰る事が多いです
 
 
 
今回注目した商品は『バター餅』です
秘密のケンミンショーでお馴染みらしい
個人的には『ケンミンショー』は観ないので
へぇ~そうなんだ程度の反応でしたが
残り1個だったので買っていく事にしました

因みに、この後すぐ買いに来られた
お客さんもいたので人気の商品のようです
 
 
 
その他にも一通り商品を確認して
今回下記の商品を買っていきました

・バター餅
 
 
・柿餅
 
 
・ずんだ餅
 
 
 
※他にも買いましたが『泉栄堂』さんの
 商品では無いので省略します

早速自宅に帰って頂きました
 

●バター餅
 
 
バター餅は水に一晩浸したもち米をつき
バター・小麦粉・卵黄・砂糖などを加えて
混ぜて仕上げるお菓子で

2012年に秘密のケンミンショーで紹介され
地元ではバター餅の味や出来栄えを競う
『BM-1グランプリ』が毎年開催されるように
なった秋田県北秋田市の郷土菓子です

そもそもマタギの人たちが持ち歩いていた
携帯用食糧として始まったそうです
時間が経っても硬くならず
そのまま食べれるのが良いのでしょうね
 
ケンミンショーで製造方法が紹介された
柴田さん(精米家)のバター餅は有名で
ネットなどでも取り寄せられるそうですが

Wikipediaによると日本バター餅協会より
認定されている業者が13店舗ほどあります
なのでバター餅は基本的なイメージは
共通してはいますが味や食感に関しては
お店によって個性が別れるようです

こちらのバター餅は生地の伸びや弾力は
それほどではありませんが滑らかにトロける
食感とミルキーな甘みが特徴的でした

秋田まで買いに行くほどではありませんが
身近な場所で売っていたらまた買ってしまう
くらい後引く美味しさですね
 

●柿餅
 
 
干し柿の中に餅入りのつぶ餡が入ってます

餡子よりは干し柿の風味と甘みが
強く感じられ素朴な味わいでした
 

●ずんだ餅
 
 
 
ずんだ餡で餅を包み干柿の中に入っています
ずんだの風味が仄かに漂う商品でした
 
東北のグルメを美味しく頂きました
 

普段なかなか伺う事の出来ない地域の
グルメを堪能できるのが物産展などの
催事の魅力ですね

ラスカではあまり規模は大きくありませんが
これらのイベントを定期的なサイクルで
開催してくれているところが助かります

ただ他でも入手できそうな物では無く
魅力的な商品ラインナップで提供できるかが
専門のバイヤーさんの腕の見せ所ですね

また魅力的な商品を提供してくれるよう
期待したいと思います
 
 
【お菓子の泉栄堂】
秋田県雄勝郡羽後町
西馬音内堀回字塩出山1-15
TEL 0183-62-0141
09:00~17:00
日・祝定休
 
 

お菓子の泉栄堂和菓子 / 湯沢)
夜総合点★★★☆☆ 3.3

kazuyaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス