おくに【島根県出雲市発:出雲そばと出雲大社のご利益を一度に授かれるセットメニューとは?】 | kazuyaの取扱い説明書

kazuyaの取扱い説明書

ライフワークとなっている食べ歩き、サッカー、フットサル、その他の趣味や行動について語っていきます☆


テーマ:
山口→京都山陰横断ツアーの食べ歩き⑲

旅行4日目のレビューです
5泊6日(レンタカーでの移動は5日)の旅行も
ようやく半分を折り返しました

朝6時半頃にホテルを出発
向かうは『だいこくさま』として慕われる
大国主大神様をお祀りする出雲大社です

私が食べロガーとしてデビューする直前の
昨年のGWに伊勢神宮、熊野三山の旅をして
近々『出雲大社』へ参拝することを目標に
計画を練っていました

今回立ち寄る予定となっている他の観光地は
他の場所に置き換えることも出来ますが
出雲大社だけは他に変える事は出来ません

平日を中心とした旅とはいえ
人混みで埋もれてしまったり
行列に並ぶような状況は避けたいので
なるべく朝早めに出掛けてみました

早く出掛けた理由はなるべく多くの観光地に
訪問しようという欲張りな考えもありました
誰に迷惑を掛ける訳でも無いので
この強行スケジュールが成り立ってます
 

 
さて、出雲大社の脇の駐車場に車を停め
まずは入口の鳥居まで戻って参拝をします
とは言えそこは『勢溜りの鳥居』と呼ばれる
第二の鳥居とされている場所です

第一の鳥居は『宇迦橋大鳥居』なのですが
ちょっと距離が遠いので省略しました
 
 
流石に朝早い事もあって人通りは少なく
これはゆっくり参拝できそうですね
松並木の参道も人混みが無ければ雰囲気良し

昨年のGW期間の平日に伺った伊勢には
多くの観光客がいましたがこちらも
昼間だったら人で溢れかえるんでしょうか?

出雲大社は伊勢神宮などに比べると
境内の大きさは思っていたよりも小さめ
同じ規模で人が訪れてしまったら
伊勢以上に参拝に苦労しそうです
 
 
境内の至る所でこのようにウサギの像が
置かれているのを見かけます
 
これは大国主大神が神々の従者となって
大きな袋を背負いながらイナバに赴かれた際に
赤裸となって苦しみ悩んでいるウサギに出会い
治療をする知恵を授けたという
『因幡の白兎』話がモチーフとなっています
 

 
 
 
手水舎で身を浄めてから拝殿を参拝します
出雲大社と言えば大しめ縄が有名ですが
あれ?なんだか思ってたよりも小さいですね

出雲大社の場合、参拝の作法は
『2礼4拍手1礼』となるので注意が必要
拍手は出来る限り音を鳴らす事が重要です

とりあえず拍手してますという程度なら
せっかく参拝をしている意味を成さないので
しっかり音を鳴らして悪意を払い、
神に対して恐れ敬う気持ちを表しましょう
 

 
拝殿を参拝した後は裏手の本殿を参拝します
参拝を終えてから御朱印をお願いして
それを待つ間に御守り等を購入しました

ちょうど伊勢で買った御朱印帳がほぼ埋まり
出雲大社の御朱印帳も購入しました
白を基調として良い感じですね
でも汚れが目立ちそうなので扱い注意です
 

出雲大社では御朱印が3箇所で頂けるという
事前情報を元に行動を開始します
 
因みに3か所とは下記の通り
・拝殿
・神楽殿
・隣接する北島国造館

本殿周辺の社殿も参拝しつつ
次は神楽殿に行ってみましょう
入口から拝殿に向かって左手にあります
 

 
ん?これが大しめ縄じゃないですか!!
拝殿に大しめ縄があると勘違いしてました
よくある間違いのようなので注意しましょう

こちらの大しめ縄は2018年7月17日に
6年ぶりの架け換え・奉納が行われました

この大しめ縄は島根県の飯南町で
延べ1000人の町民の方々によって
1年以上の歳月をかけて作られるそうです
いや~、これはとても圧巻ですね!
飯南町の皆様、素晴らしい大しめ縄の制作
お疲れ様でした!

そういえば大しめ縄に下がっている大きな
〆の子にお賽銭を投げて刺さると願い事が
叶うというような話を聞いた事がありますが
マナーの悪い行為なので止めましょう

因みに今回新たに設置された大しめ縄の
〆の子にはネットのようなものが施されて
いるように見えました
お賽銭防止のためかもしれませんね

こちらでも参拝してから御朱印を頂き
出雲大社の東側に隣接する北島国造館に
やって来ました
 

 
出雲大社の祭祀を司っていた出雲氏は
千家氏と北島氏の両家で携わっていましたが
明治時代になり千家家が任命される事になり
北島家は出雲教を立ち上げたそうです

出雲教は大国主大神様の祭祀を司られる
天穂日命の子孫である、出雲国造北島家に
伝わる祭祀の道に従って大神の御神徳を
多くの人々に広め、教え導くことを
主たる目的とする神道教団です
 

 
 
入って左手には庭園と池があり
ホッと落ち着く一時が過ごせました
こちらで最後の御朱印を頂いた後は
次の目的地に向かう前に朝食を頂きましょう

やって来たのは出雲大社の駐車場前の
通り沿いにあるお店『おくに』さん
 
 
 
 
昭和46年創業の老舗の蕎麦屋さんで
歌舞伎の創始者といわれる出雲の阿国に因み
『おくに』という屋号をつけています

出雲近郊に滞在しているのは
昨晩と午前中だけの予定でしたが
昨晩は出雲そばを頂きませんでした

こちらで朝ごはんに出雲そばを頂こうと
計画していた訳なのです

早速入店しました

先客無し、後客1名
平日の午前中なんてこんなものでしょう
お店には2名の店員さんがいました
 
 
 
結構奥行きのあるお店ですね
入口近くのテーブル席に着席しました

・メニュー表
 
 
 
 
出雲の名物そばは『割子そば』ですが
そば玉ぜんざいとセットになっている
『縁結びセット』の方がお得かもしれないと
縁結び目的に出雲に訪れた訳でも無いのに
注文する事にしました
 

●縁結びセット(三種)
 

縁結びの祈願に来たわけでも無いのに
まさかの縁結びセット(笑)

割子そば3種とそば玉ぜんざいが
セットになっています
出雲そばはわんこそば、戸隠そばと並び
日本三大蕎麦の1つに数えられます
 
 
割子そばと釜揚そばの2種類があるのですが
割子そばを扱う店の方が多い印象です
 
 
 
 
田舎そばのように太い麺なので
細麺派の自分にはちょっと太いですが
色んな味変が出来るのは良いですね
 
 
 
〆は暖かいぜんざいでほっこりできます
 
 
5円玉の入った縁結びの袋と
おみくじもついていました
 
朝から食べるにはボリュームありそうに
感じましたが意外とペロッと頂けました

出雲大社の近くにある店で
通し営業を行っているようなので
観光ついでに寄るには便利です


次は周辺の自社仏閣を目指します!
 
 
【おくに】
島根県出雲市大社町杵築東宮内276
TEL 0853-53-5190
08:00~16:00
火曜定休


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

記事をご一読頂きありがとうございました。この度ブログランキングに参加することになりました。下記のバナーへのクリックにご協力をお願いします。


 


ブログランキング・にほんブログ村へ 目指せ関東1位!!


 


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



おくにそば(蕎麦) / 出雲大社前駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3


kazuyaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス