守谷製パン店【西湘小田原発:パンの人気店で小田原名物にまで上り詰めた看板商品とは?】 | kazuyaの取扱い説明書

kazuyaの取扱い説明書

ライフワークとなっている食べ歩き、サッカー、フットサル、その他の趣味や行動について語っていきます☆

GW期間中の食べ歩き


『天史朗寿司』さんを後にして
もう結構お腹いっぱいになってきました
そこでまたお土産を物色しに行きます


流石にずっと食べ続けてはいられないので
テイクアウトグルメを攻略していくのが
食べ歩きでは欠かせない要素ですね


またまた東口エリアに足を運んで
やって来たのは小田原の人気のパン屋
『守谷製パン店』さんです




あんパンで有名なお店の1つで
『あんパン』を小田原土産の1つとして
買って帰る人が増えたきっかけを作った
パン屋さんなのです


時間は13:30頃なのですが
順番を待つ人がいるような状況でした

以前は見た目にボロッとした外観の
歴史を感じる老舗のパン屋さんでしたが
改装リニューアルして明るく綺麗に
変貌を遂げたようです

外で順番を待ちつつ入店しました



う~ん、色んなパンを試したかったんだけど
もう既に大半のパンは売り切れてました
仕方ないので一番の目的だったあんパンを
5個買って帰る事にしました


あんパンは出来たてほかほかした状態で
紙袋の口は閉じずに渡されました
水分であんパンがべシャッとしないよう
お店の配慮が感じられて良いですね


3個はお土産として配り
残りの2個を家に持ち帰って食べました


こちらもリュックに入れていたため
少し潰れてしまいました
せっかく丹精込めて作られている
お店の方には大変申し訳ない気持ちです


●あんパン



餡子がずっしりと詰まったあんパンです
パンの皮はそこそこ薄めの仕上がりで
パンを楽しむというよりも餡子を楽しむ
そんな感じのあんパンです



でもこの餡子はなかなかに旨くて
甘過ぎないので食べ飽きる事もありません


1個160円はそこそこいい値段ですが
これを求めて買いに来る人がいるというのは
本当に理解できますね


小田原にはあんパンの有名なお店が2店あり
そのもう一店舗が対象10年創業の老舗
『柳屋ベーカリー』です


こちらのお店のあんパンと比較してみると
こんな感じになるかと思います


値段        :同額(普通のあんパンなら)
大きさ    :守谷の方が大きい
薄皮度合:柳屋の方が薄い
餡子        :ギッシリ度合はどちらも凄いが
           大きい分守谷の方が量が多い
味わい    :甲乙つけがたい
アクセス:柳屋ベーカリーは駅から少し遠く
     駅前にある守谷に分がある
その他    :守谷は普通のパンも扱っている
        柳屋はあんパンの種類が豊富


駅前にありパンの種類が多いので
守谷の方がやって来るお客さんが多いですが
どちらにも特徴があり優劣はつけがたい


他のパンも合わせて買いたいなら守谷
色んな種類のあんパンを買いたいなら柳屋
そんな区分けをしても良いかもしれません

結局、あんパン好きなら両方でしょうか
食べ比べてみるというのも醍醐味ですね


小田原に訪れたら名物のあんパンを
買って帰ってみては如何でしょうか?


【守谷製パン店】
小田原市栄町2-2-2
TEL 0465-24-1147
08:00~18:00
日曜、第一、三月曜定休


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

記事をご一読頂きありがとうございました。この度ブログランキングに参加することになりました。下記のバナーへのクリックにご協力をお願いします。


 


ブログランキング・にほんブログ村へ 目指せ関東1位!!


 


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 


守谷製パン店パン / 小田原駅緑町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.4


kazuyaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス