全ての競技は練習あるのみ | きゅーたんの愛犬教育ママ日記
新型コロナウイルスに関する情報について

きゅーたんの愛犬教育ママ日記

黒パグ♂「くま」の子育て系戦いの話です。
くまの弟ぎんがプラスされました(^_^;)
更に我が家史上最大のヘタレ犬
BCの「ホッシー」がプラスされました(^_^;)

ほんの少しの事でいい。
 
犬との絆は接触時間と内容だと思う。
 
毎日のたわいもない些細な練習の繰り返しで
犬達は途方もない適応力と技術を会得する。
 
その過程が犬との強い絆になると思う。
 
星達、使役犬とくまとかぎんとかの愛玩犬との違いは。
 
1つに体力。
星達は有り余るほどの体力を持つ。
凄まじくタフなのだ。
 
だからこそ、集中力も高く持続も長い。
 
そして、実はすごく本能的である事。
星を見ていてよく解るのは
とても本能的な部分、野性的な部分がある事。
 
それが星達の能力の源なのだと思う。
 
反対に。
パグたちは、この本能的な部分が薄い。
 
犬達の本能的な部分は扱い難しく、
多くの一般家庭では多分扱い難いとなる。
パグたちは本能的な部分が薄く、
柔軟に人に溶け込んでくる。
 
パグとボーダーコリー。
 
これは、究極の相反した能力を持つ犬だ(笑)
 
両極端な能力の天才児達とも言えるかも知れない。
 
そして、
どちらも非常に賢い。
 
能力こそが違うけど。
 
犬はどの子も面白い。
 
さて。
 
タフネスな星の大好きなアジリティー。
 
訓練所ではこれは
服従練習のご褒美になってる。


 
行動結果のご褒美が
ハードル1本跳ばすことでも
星は文句は言わない。
 
病的にアジが好き。
 
なので、訓練所に行かない
日々の練習でも同じ様に
ハードルシーケンスを組んで、
そこで練習したりする。
 
最近星が本当に成長したな。
そう思う事があった。

 
呼んだら真っ直ぐに私に来たこと。
 
些細な事。
当たり前な事。
 
でも、これが絆なんだと思う。
 
犬との絆は大切なものだけどちっさい(笑)
 

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村