前回記事の続きです

下矢印下矢印下矢印

 
私自身、
専門家ではないので
わかる範囲のことを
なるべく噛み砕いて
最後に自分なりの
私見を述べるつもりであります
 
興味がある方は
お付き合いを
 
さて、
前回は
新型コロナワクチンは
mRNAワクチンという
何やら新しいワクチンだ
 
じゃあ詳細を説明しようじゃないか
しかしまずはその前に
mRNAってなんぞや?
って話からだよね
と言う記事でした
 
体内では
日々タンパク質が作られ
3Dプリンターの会社で例えると
 
3Dプリンターに読み込ませる
設計図のコピーが
mRNAだ
とお伝えしました
 
ワクチンの基本原理は
どんな方法でも良いので
体内に病原体をぶっ込んで
免疫を作っちゃおう
です
 
弱い病原体を培養するのは
相当手間がかかるので
 
mRNAを打ち込んで
体内で勝手に
病原体を作ってもらえば
いいじゃん!
 
って発想が
mRNAワクチン
ですね
 
おお、
すごい考え
まさにコロンブスの卵
 
と思いきや
 
太古の昔から
同じようなことを
延々とやり続けている輩が
いたんですね
 
人の細胞に
しれっと設計図を紛れ込ませて
3Dプリンターで
ガンガン増殖するやつ
 
 
そう・・・
ウイルスなんです

 

ウイルスってのは

大変小さいので

 

自身でタンパク質を

合成できないんですね

 

だから

動物とかの細胞内に

してっと侵入して

 

自身の情報を

(DNAとかRNA)

他人のプリンターで

増やしてもらうわけ

 

え?

そんなに簡単に

細胞に侵入できるの?

 

その辺は

科学です

 

細胞膜って

脂質とタンパク質が主成分

 

膜というと

サランラップみたいに

ビシッと固定された膜

想像しがちだけど

 

平面流動的に

その形を保持している

 

だから、

親和性とか電荷とか

大きさとか

ある程度条件が一致すると

 

細胞膜が

その物質を受け入れるの

 

・・これ以上書くと

ガチの専門家たちから

指摘されそうだから

これくらいで・・

 

まあ、人間だけでも

37兆もの細胞がある

その一つ一つが

 

まるで丸ビルのオフィスビルの如く

個別認識カードで識別する

電子ゲートみたいな

ガチガチのセキュリティーシステムなんて

個々に持てるはずもない

 

ってのは

まあ想像しやすいかも

 

脱線しそう

 

話をまとめると

ヒトは古来から

ウイルスの細胞内侵入を許し

しれっとウイルスのRNAを増殖して

 

いやいやお前侵入者やろ?

って事で

体の免疫反応で

ウイルスをぶっ壊す

ってことを

 

繰り返し繰り返し

延々と続けていたわけです

 

去年風邪を引いたあなたも

一昨年インフルにかかったその子も

みんな一緒

 

体内で一定数

ウイルスのRNAを作って

体の仕組みでぶっ壊していたの

 

また脱線しそう

 

・・とにかく

mRNAワクチンの

アイディアは

 

突然舞い降りたものではなく

ウイルスを研修してきた過程で

その仕組みを応用できないかって

考え出されたもの

なんですよね

 

至極簡単に説明すると

 

ウイルスっぽいものを作って

先に免疫を作っちゃおう

 

って話

 

しかしですね

言うは簡単

やるは難し

なのは世の常で

 

いくつもの

超えなきゃいけない壁

があったわけ

 

でも、

これまで培われてきた技術が

一つの目的のために

集結されて

ワクチンを作り出した

 

それはまるで

 

青々としげる大木の枝葉を

下まで追っていくと

巨大な幹にたどり着くみたいで

調べていくと感動する

ポエミーですね・・

 

この辺り

またまた専門的な話に

進んでしまいがちなんだけど

 

主なる壁は

下矢印下矢印下矢印

1)そもそも相手の設計図が手に入るか?

2)ウイルスっぽいものを作れるか?

3)いかにmRNAを安定させられるか?

 

こんな感じ

 

しかし人類

新型コロナワクチン製作に

皆力を合わせて

マッハで壁を乗り越えたんですよ

 

文字数大丈夫かしら・・

 

1)設計図の話

 

ガンダムで例えるかなあ?

わかるかな・・

 

注)以下公式さんから

  画像を拝借

下矢印

 

 

シャア専用ザクって知ってる?

 

通称:シャアザク

 

ザクとは違うのだよ

みたいなセリフがあるんだけど

実際、ザクと違うわけよ

ザク

 

ワクチンを作るとき

あまりに一般的な構造を

攻撃ターゲットにすると

大混乱を起こしてしまいます

 

足の一部分なんて

あんま個性ないから

そこをターゲットにすると

自軍のモビルスーツ(MS)まで攻撃して

大変なことになる可能性がある

 

というわけで

そのMS固有の部分を

探し出して攻撃する仕組みを

考えなきゃいかんわけ

 

そのためには

シャアザクの設計図の入手が

必要不可欠

なんですよね

 

この設計図の入手と公開が早かった

下矢印下矢印下矢印

 

もう1年前くらい

中国の対応って

色々ツッコミどころは多い

これについては

非常に迅速だった

 

最近

変異株が!

ってニュースが

やたらと流れているけど

 

この情報を

逐一世界で共有してる

って話ね

 

まあ、ゲノム解析についても

詳細なところまで

わかるようになった技術が

あるんですが・・

 

・・これも脱線するわ

 

というわけで

相手軍の設計図が

すぐに手に入ったから

みんなでターゲットを

必死に考えた

 

ツノだ

というわけで

設計図入手はクリア

 

文字数足りるかな?

 

2)ウイルスっぽいものを作れる?

 

実はこれは

他の研究で

すでに使われていた技術

 

特に

遺伝子改変系の研究ね

 

この分野の進歩って

本当にすごいんですよ

 

ノックアウトマウス

って言って

 

一部の遺伝子を

使えなくした実験用マウスを

初めて作り出したのが

およそ30年前

 

私が産まれた後の話

 

現在では

ノックアウトマウスは

特定の遺伝子を

狙って潰すのが可能になり

製作時間がおよそ1/10になったし

 

特定遺伝子改変できるから

ノックインマウスなんてのも

作れるし

 

siRNAってのを

細胞内に侵入させて

RNAiって現象を起こして

細胞内RNAを分解することもできる

 

これは、

一定のタンパク質合成を

阻害する

ノックダウンって技術です

 

上矢印上矢印上矢印

この技術さえあれば

特定の疾患に対して

mRNAをターゲットに

治療ができるのです

 

 

 

遺伝子改変はすでに

研究から

治療の時代になっている

 

これ

数十年もかけて

いろんな研究者が

確立してきた技術

 

それがついに

花開こうとしていたのよ

コロナ関係なしに

 

・・あれ?

 

さっきの文章を

読み返してみると

下矢印

siRNAってのを

細胞内に侵入させて

 

そうなんですよ

 

ウイルスっぽい挙動で

細胞何に特定の物質を

打ち込む技術ってのは

すでにできてたんです

 

下矢印下矢印下矢印

 
私も昔
基礎研究にどっぷり浸かった
経験があるんだけど

 

世の中に出るニュースの裏には

恐ろしいほどに

進化しまくった技術が

大量に使われていたりします

 

mRNAワクチンは

新しい新しい

とは言うものの

 

使われている技術そのものは

研究者達の間では

すでに確立したもの

だったりします

 

ちなみに

上記のノックダウン系の研究ですが

 

細胞内の

特定のmRNAを破壊する

RNAiという現象

 

元々は、

動物的な免疫機構を

持たない植物系で

見つかった機能みたい

 

その後、

魚類や昆虫

哺乳類からも次々と発見されている

 

本当に

生命って

絶妙なバランスで

せめぎ合いをしているんですね

 

ウイルスが侵入したとしても

簡単に増殖させない仕組みや

獲得免疫によって

発症前に焼け野原にする仕組みもある

 

また脱線しそう

 

さて、

とにかく大事なのは

シャアザクを倒す作戦の話

 

設計図は手に入れたし

スパイを侵入させるための

カプセルも手に入った

 

あとは、

設計図のコピーを

簡単に壊されないようにする技術

 

これが大変

 

とにかくこれが大事なんですよね

 

だって

mRNAはマジで

破壊されやすいから

 

だから、

2)で紹介した

siRNAの操作では

 

理論上は

カプセルの中に

DNAでもRNAでも他の薬でも

入れ込むことはできるけど

 

mRNAを入れることは

基本的にない

 

理由は不安定だから

 

3)いかにmRNAを安定させられるか?

が最大の壁でもあるのに

 

新型コロナワクチンの

危険を煽る人たちが

 

やれRNAが残り続ける

やれDNAに取り込まれる

 

なんて話は

かなり頓珍漢な話だと

内心思われているであろう

 

たしかに

mRNAを安定化させるために

両端を少しだけ

修飾されているわけだけど

 

上記の心配は

まあ、基本的にありえない

 

だって

1)RNAはそもそも

  分解されやすいし

2)仮に分解されなくても

  注射するmRNAから作れられるのは

  病原性のないツノ部分だし

3)いわんや、

  DNAに取り込まれるって・・

  じゃあ毎年風邪引いてる人のDNAは

  一体どうなっとるんじゃ?

 

って話になる

 

どの方向から来ても

ありえない話

 

 

まあ、

あれなんですよ

 

反ワクチン団体さんとかは

本当にそうなんですが

 

科学的思考がないからこそ

 

科学者が考えつかないような

本当に頓珍漢な心配事が

突然湧いて

出てくるもんなんです

 

だって、

反ワクチン団体さんのトップって

いまだに天動説

(地球は止まっていて

宇宙が動いてるって概念)

を信じているようなので、、

 

さてさて

大分記事が長くなったので

実際の副反応や

すでに六千万人が接種した

新型コロナワクチンの

効果やらなんらやを

次回に紹介します

 

私自身の考えは

その次の回になるかなあ

 

 

 

 

 

 

小説家目指してます!応援よろしくお願いします!

 

 

ブログ内検索

活用してください

ダウンダウンダウン

 

私のクリニックは

遠藤レディースクリニック

ダウンダウンダウン

http://endoclinic.mamacaremail.info

予約受付

http://endoclinic.mamacaremail.info/custom.html

 

 

宣伝一覧のページはこちら

http://ameblo.jp/kyusan0225/entry-12178930012.html

妊娠・出産を安心して迎えるために 産婦人科医きゅー先生の本当に伝えたいこと 妊娠・出産を安心して迎えるために 産婦人科医きゅー先生の本当に伝えたいこと

1,296円

Amazon

 

 

妊娠・出産を安心して迎えるために 産婦人科医きゅー先生の本当に伝えたいこと【電子書籍】[ きゅー ] 妊娠・出産を安心して迎えるために 産婦人科医きゅー先生の本当に伝えたいこと【電子書籍】[ きゅー ]

1,296円

楽天

 

医療監修(1章・4章)

マンガでわかる! 妊娠・出産はじめてBOOK マンガでわかる! 妊娠・出産はじめてBOOK

1,404円

Amazon

 

 

きゅーさんへのお仕事依頼は

アメブロメッセージよりお願いします

 

Twitter

https://twitter.com/kyusan_obgy

 

きゅーさんの本当に伝えたいこと別サイト

http://kyusan.mamacaremail.info

 

物置サイト

https://kyusan0225.amebaownd.com