1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-08-05 03:02:41

リフレックスを朝飲んでよいですか?

テーマ:レメロン、リフレックス

不思議な質問だが、たまにこのような質問を受けることがある。

 

一般に、たいていの抗精神病薬、抗うつ剤は1日の用量を飲んでいるのであればいつ飲んだとしても効果は概ね変わりがない。過去ログではセロクエルを1日1度に飲むとか、推奨された用法用量とは異なる服薬について言及している。

 

従って、僕のこの患者さんの質問の答えは「眠くなければいつ飲んだって良い」である。

 

ただし、添付文書的に用法・用量は、

 

通常、成人にはミルタザピンとして1日15mgを初期用量とし、15~30mgを1日1回就寝前に経口投与する。なお、年齢、症状に応じ1日45mgを超えない範囲で適宜増減するが、増量は1週間以上の間隔をあけて1日用量として15mgずつ行うこと。

 

なので、院外処方箋的に就前ではない用法だと、「ひょっとしたら間違って処方しているのではないか?」と薬剤師さんから電話がかかってくる。そのため、処方箋的には就前にしておくこともある。(色々と説明が面倒なので)

 

なぜ朝に服薬するのをその患者さんが好むのかというと、朝飲んだ際のリフレックス眠さに比べ、抗不安などの効果が断然上回り、仕事がしやすいからだと思われる。ただし、そういう人はずっと少ないので就前投与が推奨されているだけである。

 

実際、紹介された患者さんなどに、とても奇妙な服薬の仕方などがあるので、患者さんの薬の受けとめ方や忍容性の個人差がうかがわれる。

 

過去ログに出てくるが、最も用法に驚いたのは1日にロヒプノールを8㎎服薬している広汎性発達障害の若者である。その2人は8年以上経過して遭遇し、お互い全く面識がなかった。(知り合いの服薬方法を真似たわけではないという意味)

 

彼らは同じことを言っていた。

 

ロヒプノールを朝から8㎎飲むと、断然不安や体のギクシャク感が解消し、勉学や仕事ができると言う。もし服薬しなかったら、全然動けないらしい。そういう生活をもう5年以上続けており、ロヒプノールがどんどん増えている様子はなかった。

 

これはロヒプノールが、カタトニアを改善していることに他ならない。(特にカタトニアには、ワイパックスなどのベンゾジアゼピンが推奨されている)だから、8㎎飲むと体が動くのである。

 

1日の許されている用量の倍量だが、どのように処方を受けているかを問うと、2つの医療機関で別々に4㎎貰っているという。

 

そこまでわかっていたら、うちの病院でロヒプノール4㎎でさえ処方できないと答えた。

 

このような奇妙な服薬の仕方も、近い将来、マイナンバー化されて困難になると思われる。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2017-03-09 23:39:22

リフレックスの効き方について

テーマ:レメロン、リフレックス

リフレックス7.5㎎は1日目は効かなかったが、2日目は胸のつかえがすっかり取れて、鬱陶しさが消えた。嫌な気分がなくなり、食事がとてもおいしい。夫の介護も全然、楽になった。夫に対する対応も違う。息子に何か良いことでもあったの?と聞かれた。眠さも全然ない。

 

これはある患者さんの初診後、2回目の診察の記事である。リフレックスという抗うつ剤がここまで素晴らしく効くかというと、いつもこうなるわけではない。

 

ここで注意してほしいのは効果発現の早さ。この女性は2日目に素晴らしく効いたと言っている。少量のリフレックスで出足がこうだと、この後、グダグダの展開になる方が稀である。(むしろ中止できる可能性の方が高い。)

 

その大きな理由は、リフレックスはサインバルタのように切れ味鋭いナイフのような抗うつ剤ではないからである。出足が良くて、その後腰折れしやすい抗うつ剤はむしろ切れる薬の方が多い印象である。これは切れる薬はショートカットするからなんだろう。

 

リフレックスがどのように効いたかを追う際、入院の電子カルテでは、看護者の記録を辿るとよくわかる。睡眠の状態や食事の摂取量もそうである。うつの重さにもよるが、「こりゃあかん!」のレベルでも、リフレックス7.5㎎(つまり半錠)で、5日くらいに食事量の変化が顕れ、7日目には全快に至る人がいる。この時間差、個人差も謎の1つである。

 

上に挙げた人のように、リフレックスのような平凡な抗うつ剤が、この早さで効果が発現しているのは相当に脅威だと思う。

 

アナフラニールの点滴の場合、実施した直後、つまり抜針してベッドから立ち上がった時点で、効果を実感できる人がいる。また、抜針直後は何も効果を感じないが、家に帰って家事をしていると、これまでの鬱々とした自分とは全然違っていることに気付く人がいる。

 

3環系抗うつ剤は効果が遅いと言うが、点滴だとそうとは限らない。サインバルタはかなり切れ味鋭い薬だが、7日から10日くらいは効果の有無を待つべき薬だと思う。

 

このように考えると、つくづくリフレックスは正体が見えない謎な抗うつ剤だと思う。

 

参考

リフレックスはなぜ不安に効くのか?

リフレックスすごい

リフレックスはドパミンを増やすのか?

リフレックスと夢

AD
2016-06-06 07:45:04

リフレックス30㎎剤型の発売と薬価

テーマ:レメロン、リフレックス
Meiji Seika ファルマ株式会社から、2016年5月25日にリフレックスの新しい剤型30㎎錠が発売されている。リフレックス錠は従来15㎎剤型しかなく上限が45㎎だったため、最高3錠服薬しないといけない人がいた。今回の新しい剤型で、それまで3錠服薬しないといけなかった人が2錠で済むようになったのである。

これは医療現場からの要請でもあると思われる。

今回の30㎎錠発売では、価格傾斜が設けられ15㎎を2錠服用するより遥かに割安になった。リフレックスを2錠以上服用する人はできるだけ30㎎剤型を含めてもらった方が良い。

リフレックス薬価 
30㎎  282円
15㎎錠  170.8円
 

30㎎服薬中の人はおよそ1日薬価が60円ほど安く済む。これは年間にすると2万円ほど安い。向精神薬はほとんど国費から出ているようなものなので、変更することで国の負担が減ることになる。

自分の患者さんは、リフレックス服薬中の人を検索すると、リフレックス3錠という人が意外に少なく(実質ほとんどいなかった。1名くらい)、2錠は時々いるが、変更が非常に少なくて済んだ。リフレックスは圧倒的に半錠か1錠が多いのである。(これは高齢者に処方しているケースが多いのもあると思う)

感覚的に、2錠使って効かない人は3錠使って良かったことはあまりない。だいたい従来の薬価水準は15㎎を2錠服薬するのが標準のように見える。(特別に悪い場合、特例で3錠処方する感じ)

その理由は、リフレックスより後に発売されたサインバルタの30㎎錠が235円くらいだからである。

今回の30㎎錠に価格傾斜が設けられたのは、現場では比較的3錠服薬する人が多いため、45㎎服薬の際の282+170=452円をサインバルタ30㎎2錠(上限)に擦り合わせた感じにも見える。

いずれにせよ、薬価が下がるのは良いことだと思う。個人的に、リフレックスの7.5㎎剤型はぜひほしいところである。

参考
向精神薬の剤型についての考察
徒然なるままに新薬や新剤型のことなど(2014年9月)


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016-03-30 00:24:29

リフレックス30㎎錠のデザイン

テーマ:レメロン、リフレックス


先日、紹介したとおり、リフレックスの30㎎錠が新しい剤型として5月に発売される。

30㎎錠は上の画像にあるように、同じ楕円形でややサイズが大きくなっている。

15㎎錠 長径10、短径6mm、厚さ3.5㎎、重量154㎎
30㎎錠 長径13、短径7mm、厚さ4.6㎎、重量306㎎


また、色が少し異なり、15㎎錠は黄色だが、30㎎錠は赤みがかかっており、黄赤色となっている。

近年の向精神薬は犯罪などに使われにくいように、色が付けられている薬が増えている。白色の薬は減少している印象である。

参考
ロヒプノールの色が白から青に変わる話
リフレックス30㎎錠発売準備中
青色の粉薬
医師は薬の色を知らない
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2016-03-06 02:05:00

リフレックス30㎎錠発売準備中

テーマ:レメロン、リフレックス


まもなく、リフレックスの30㎎錠が発売されるようである。リフレックスは15㎎錠しかなく、30㎎服用してる人は2錠服薬しなくてはならなかった。これが1錠で済む。

元々、リフレックスは15㎎から開始し30㎎まで服薬できるが、これで不十分な場合は45㎎まで服用しても良いといった感じらしいので基本は30㎎である。薬価の決め方もこれを基準にしているように思われる。

このようなな流れだと、将来、レクサプロも20㎎錠が発売されるかもしれない。

というのは、今年6月にジプレキサのジェネリックが発売される予定だが、20㎎と1.25㎎の剤型も発売されるようなのである。(すべてのジェネリックメーカーかどうかは知らないが)

共和薬品のサイトでは既にこのことがアナウンスされている。(参考のページのオランザピンを開いてみる)



これはリフレックス15㎎と30㎎の効果の比較。

このグラフは仔細にみると興味深い。特に良くなった人は30㎎で増えるが、何らかの良い効果をもたらす比率は15も30もあまり変わらないといったものだと思う。

無駄に45㎎飲んでいて効かない人は、他をあたるべきだ。(重要)



詳細について。

参考
ジプレキサのジェネリックが2016年6月に発売されるらしい
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。