2011-06-18 21:00:11

鉄人になったような気がしてバイクから飛び降りた

テーマ:違法ドラッグ
飛び降りた結果だが、もちろん大怪我である。

彼女は違法ドラッグ(覚醒剤)でそんなことをしたが、違法ドラッグでも元気を出す系の薬物は、高揚した気分、万能感などから、そんなことが起こりやすいように思う。

違法薬物による精神症状ももちろん器質性に入る。また、向精神薬や一般の内科薬による副作用で精神病状態が生じたとしたら、これも器質性である。

過去ログでは、マジックマッシュルームで飛び降りた話が出てくる。

一時、「タミフルの服用後、マンションから子供が飛び降りた」という事件がいくつかあったが、あの事件の因果関係の信憑性はともかく、もし因果関係があるとされたとしても、器質性所見の1つとして僕は十分理解できる。(事故の類似性は非常に興味深い)

何らかの薬物で気分が高揚し、あるいは大胆になり、高いところから飛び降りるのはこのタイプの事故の基本である。(謎)

その後、タミフルは新型インフルエンザの流行のため、以前ほど副作用について話題にならなくなっている。

そういえば・・

阪神タイガースがごく稀に優勝すると、大酒を飲み、多くの?阪神ファンが道頓堀に飛び降りている。


これもエタノールが及ぼした精神症状であり、器質性といえばそうである。

道頓堀の深さは知らないが、あの季節に大酒を飲み冷たい水の中に飛び降りたら、まずくすると心臓発作で死にかねないと思う。

アルコールの血中濃度が上昇し、川に飛び降りるのは、1つのパターンであろうが、マンションの高層階から飛び降りるのとはちょっと違うよなぁ・・と思う。

道頓堀に飛び込んでも、そう簡単には死にそうにないから。

その点で、当事者のout of controlの程度が違う。道頓堀に飛び込む阪神ファンは、まだ現実検討能力があるといったところである。

それに比べ、マンションのベランダから飛び降りるとか、高速で走行するバイクから飛び降りることは、危険度のクラスが全く違う。アルコールと覚醒剤やそれ以外の有害薬物の悪性度の相違があるのかもしれない。

北欧に住むレミングは長い間、集団自殺する動物として知られていた。近年は自殺ではなく、集団移動の際の事故(海や川に転落する)や急激に減少するため誤解されたと考えられているようである。

集団自殺のように考えられていた当時、レミングは食料が枯渇した際、食べてはいけない植物や虫(例えば毒キノコやコケ類)を大量に食べて脳が変調を起こし、奇妙な行動(集団の大移動)をとるのかな~と思ったりした。レミングの集団大移動は食料の不足と関係しているらしいからである。



上の楽曲はプラシーボのスペシャルK(ケタミン、違法薬物の通称)。

今日のエントリは酔っ払って書いたままアップされず放置していたものだ。おそらく、こういう内容だからであろう。

参考
マジックマッシュルーム
PCP
考察、「ジェネリックの都市伝説」
AD
いいね!した人  |  コメント(17)  |  リブログ(0)
2006-11-02 19:31:54

PCP

テーマ:違法ドラッグ
PCPはフェンシクリジンの略。フェンシクリジンはエンジェル・ダスト、クリスタルなどさまざまな名で呼ばれている。誰かが掲示板で書いていたが、シティハンターという漫画にも出てくるらしい。PCPは当初、解離性麻酔薬として開発されたが、ヒトに使用すると失見当識と興奮とせん妄と覚醒時の不快な幻覚を伴なうため、現在では麻酔薬としては使用されていない。PCPは1960年代後半アメリカ国内で初めて使用された。PCPの作用はLSDのような幻覚剤に類似する。 PCPは非合法的な施設で簡単に作ることができ市中での違法売買でわりと安価に手に入るらしい。ヒトでのPCPの半減期は約20時間である。身体的依存は稀であるが、心理的依存は一般的でありPCP誘発性の精神状態に心理的に依存している。PCPの長期使用者の中には思考鈍麻、反射低下、記憶の減退、欲求制御の喪失、うつ状態、嗜眠、集中困難によって特徴づけられる症候群がみられる。急性期の中毒では、けいれんまたは昏睡が生じることがある。また幻覚、失見当識などがみられることがある。時に人前での自慰、脱衣、暴力、尿失禁、絶叫、不適切な笑いなどの行動異常がみられる。

いわゆる「覚醒剤中毒にさせた動物」が統合失調症のモデルとして使われてきた。しかし覚醒剤中毒は統合失調症に似ているが重要な相違点がある。(共に2ch風に言えば、電波系にはなりやすい。)統合失調症の本質は陰性症状と言われているので、必ずしも覚醒剤は実験的に統合失調症を発生させるにふさわしい薬物とは言えない。 それに対し、PCPの後遺障害は統合失調症の陰性症状に非常に似ており、PCP中毒にさせた動物は統合失調症モデルとして注目されている。実際にPCP中毒の実験動物は、統合失調症の陰性症状のモデルとして使用されているのである。つまり、PCPは実験的にあるいは強制的に統合失調症状態を生じさせるベストの薬物と言える。注意点として、PCPはしばしばLSDの代用品として使われたり、マリファナの混ぜ物として使われたりするが、薬物使用者はこのことを知らない。PCPとは知らないうちに使っている人もいるのである。以上より、PCPは最凶に属するイリーガル・ドラッグの1つと考えられる。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006-09-03 14:46:50

マジックマッシュルーム

テーマ:違法ドラッグ

マジックマッシュルームなるキノコが、果たして本名なのか僕は知らない。あまりにも名前ができすぎているような・・ マジックマッシュルームは東南アジアの馬糞に生えるらしいw このキノコを食べた場合、幻覚を来たすため、それが目的で使われる。基本的に違法ドラッグとしては、LSD、PCPに近いものと言える。


<マジックマッシュルーム>
幻覚作用は含有されるpsilocybinによるものである。psilocybinはLSDと同様、インドール系のアルカロイドであり、体内に吸収されると脱リン酸化されてpsilocinとなり、このpsilocinが主に5-HT2レセプターに作用して、LSD類似の幻覚作用を発揮するが、幻覚体験の内容は、LSDと類似し視覚を中心とした知覚異常といわれる。psilocinの幻覚作用はLSDの1/100、メスカリンの4000倍といわれ、効果の持続時間は4~6時間とLSDに比較して短く摂取時の不快反応や摂取翌日の倦怠感が少ないという。堅く、味が悪いことから、オムレツやスープ類に数個から十数個のマジックマッシュルームをまぜて摂取されることが多く、この場合、体内には相当量の幻覚物質が取り込まれると予想される。不快反応については摂取したキノコに含有される抗コリン作用物質とコリン作用物質の割合で微妙に異なるが、生あくび、下痢、嘔気、嘔吐、腹痛が多いといわれる。(精神医学より)


生でも乾燥でも使用されるらしいが、どの程度効果が変わるのか僕は知らない。マジックマッシュルームは、特に視覚に対し幻覚を呼び起こす。この点ではLSDに似ている。例えば、カレンダーを見ていると、その数字が奇妙に変形して動いているように見えたりする。また尖った物が自分に突き刺さるような感覚になったり、床の模様が虫が一面にいるように感じたりする。また、絵などをみていると色彩が急に原色に変わり非常に鮮やかに見える。あるいはどぎつい色で自分に迫ってきたりする。


あるLSDを使っていたことのある患者さんによれば、LSDをしながら枯れ木をぼんやり見ていると、だんだん青々と葉が生い茂り、遂には鳥まで飛んできた、なんてことが起こるという。LSDとマジックマッシュルームの差がいまいちわからないのだが、おそらく、LSDはマッシュルームに比べると聴覚にも影響を及ぼすのだと思う。LSDをやりながら音楽を聴いていると、普段ではとうていわからない楽器の音色がわかったりする。ああ、こんなところにこんな楽器が使ってあるなんて・・などと感動したり。だからこそ、1960年代のサイケデリック音楽が生まれた。ビートルズのサイケデリック的なレコードのジャケットや曲はLSDの幻覚の感覚をうまく表現している。


さて、マジックマッシュルームだが、ちょっと以前まで、日本にはこれを規制する法律がなかった。だから合法ドラッグの時期が長かったのである。ある時、マジックマッシュルームの幻覚による事件が立て続けに起こり、現在では違法ドラッグのカテゴリーに入れられている。数年前、既に規制された以後だが、夜の新宿歌舞伎町を歩いていたら、なんとマジックマッシュルームを売っているのを目撃した。それも堂々呼び込みをかけて売っていたので、なんじゃ~この町は、と思った。バリ島などに観光に行くと、このマジックマッシュルームを売り込みに来る者がいるらしいが(僕はバリ島に行ったことはないが)、うかつに買ってしまうと、逮捕されることもあるらしい。おとり捜査の可能性があるからだ。バリ島では違法なのである。


もうずいぶん前であるが、マジックマッシュルームの事件が起こった際に2chにスレッドを立てたことがあった。当時はまだ合法ドラッグであったのだ。その時のスレッド。


死を呼ぶ幻覚キノコ
1 名前: kyupin 投稿日: 1999/10/15(金) 22:00

昨年、ある大学病院に身体のあちこちを骨折した男性が運びこまれた。原因は自宅の2階から空中遊泳を試みた結果だった。インターネットで入手したキノコによる幻覚で、空を飛べると思ったのだ。   (現代化学 10月号)


このキノコは「マジックマッシュルーム」といわれ、3年くらい前から輸入業者によって通販やインターネットで販売され、渋谷では路上でも売られている。今年になってからも若者が急に錯乱したり、ビルから飛び降りたりして死亡するなどの事件が発生しているが、原因はこのキノコの粉末を面白半分に飲んだ結果と見られている。 (週刊新潮より)

老婆心ながら、よく知らない人もいると思うので転載してみました。



2 名前: きのこまにあ 投稿日: 1999/10/15(金) 23:49

MMで死亡・・ってさぁ、そんな、安易に飛び降りたりするような精神薄弱なヤツらなんて、どうせなにも食わなくても飛び降りたりするんだろうから、あの報道は納得いかないなぁ、、、どうせ、酒飲んでも、通行人刺したりするようなヤツらだろうし。


3 名前: 結局 投稿日: 1999/10/16(土) 03:00

何やってもまともなやつはまともな行動をするしいかれたやつはいかれた行動をするって事。



4 名前: 俺は大丈夫! 投稿日: 1999/10/16(土) 05:59

( ̄ー ̄)ニヤリッ



5 名前: ↑ 投稿日: 2000/01/29(土) 14:29

俺もそう思ってたけど初めて食った時その自信の外側からきたっていうか自分の全知識が否定された。死ぬと思いこんで病院に電話したくてたまらなかったよ。初回はやっぱ混乱するんじゃないかな



6 名前: うーん 投稿日: 2000/01/29(土) 14:48

たべすぎたんじゃないの?いろんなモン見えてきれいだなーくらいでやめとけば。


7 名前: マッシュイーター 投稿日: 2000/01/29(土) 18:19

それは盟友に嫌われたんだね・・・ ってな事は置いといて、確かに死の恐怖がなくなったり、自分が普通の人間じゃないと思いこんだり・・・色々あるけど、飛び降りたりはしないですね。どこかで、もう一人の自分が居るっていうか。さすがに死ぬ手前の所には、ブレーキのようなものがあって、そこまで行けないです。40本一気食いの時も。全身汗びっしょりで、すべての筋肉が堅くこわばって、奥歯なんか噛み砕いてしまいそうになったけど、やっぱり、無茶なことはしないようにブレーキはかかってましたね。それどころか、今この状態で外に出たら変に思われる!って意識まであって、部屋の外にさえ出なかった。多少の粉末飲んだくらいで吹っ飛ぶような理性って・・・・ねえ?




AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。