日本の芸能界では・・・ | 気がつけばそこにあるもの

気がつけばそこにあるもの

君に逢えなくなってから


テーマ:


この記事は くどーい持論満載の記事なので、

お暇な方だけどうぞ、


昨夜4月26日 NEWS ZERO でフランプールが取り上げられていました。

台湾でのライブを行ったそうですが、

そのライブに向けて 何に一番ポイントを置いたか?

というインタビューに

「中国語で話すこと」 と応えてました。

オール中国語でMCを・・ 昨年からアジアでの活動を視野に

ずっと勉強してきたそうで、暗記した事を言うのではなく、

伝える事ができるように心がけたそう。

「最近、アジアのアーティストはグローバルに活動している、K-POPなんかも人気がある」
「そんな中で、やっぱり海外で活動するからには 自分らをちゃんと伝えたい」

そんな強い思いからの準備だったようです。

台湾では 主題歌に彼らの曲が使われたドラマが多く出回っていて 人気があるんだそう。

台湾でのライブの舞台裏で、ギリギリまでトークのチェックをする彼ら。

実際のステージでは彼らの一生懸命の中国語のMCに台湾の観客の反応はというと、

涙し 彼らを見つめMCに耳を傾け 声援を送っていた。

Vo山村隆太くんの 「色々問題があるが、音楽は国境を越えるはず・・・」 との

中国語のメッセージはしっかりと、ファンの心に響いているようでした。

NEWSでの映像で見た日本人の私にも、覚えたての中国語に照れ隠ししない

又 伝えたいという思いを持てステージに上がるから、歌にもパワーが満ちている。

真剣に話す彼らの姿は 強く響くものがありました。

現地では 日本から駆けつけた彼らのファンを日本語でサポートする

地元台湾人のファンの姿が印象的だったそうです。


あと、もう一つ、

国内ではジャニーズの今井翼くんの

活動が話題になってました。


以下 記事です。

ジャニーズ初!翼先生 スペイン語講座に大歓声

サンケイスポーツ 4月27日(土)7時0分配信

 タッキー&翼の今井翼(31)が26日、静岡・三島市の日本大学三島キャンパスで一日

講師を務め、国際関係学部の学生400人にスペイン語の熱血講義を行った。

2007年8月に同国でフラメンコの修業を行い、昨年は日本人初の「スペイン文化特使」に

就任。豊富な知識を生かした講義で、大学側から絶賛された。

ジャニーズ事務所でも初の試みで、今井は充実感を漂わせた。

新調したグレーのスーツで“翼先生”が登場すると、学生400人から大歓声があがった。

「Hola!(オラ)」。スペイン語で「こんにちは」を意味する言葉を披露すると、教室を見渡し

「大学にくるのは初めての経験。歴史ある日本大学に、講師として立てることをありがたく

感じています」 と力を込めた。

冒頭にスペインへの思いや、自身が踊ったフラメンコの映像で学生をリラックスさせ、

つかみはOK。

続けて「スペインで役立つ2つの動詞を教えます」と語学の講義へ。学生には事前に自身が

作成した教材が配られ、基本的な動詞の活用を例文を用いて説明した。

 1年生中心の初級コースだが、アイドルとは思えぬ本格講義に、学生は真剣な表情でペン

を走らせた。

最後の質疑応答では気さくなトークや男子学生と“欧州流”のハグをするなど、サービス精神

たっぷりの90分間。1年の森下大輔さん(19)は「新鮮でした。スペインをもっと知りたい」と

感激した。

 翼は2007年に舞台用のフラメンコの修行でスペインに行ったのを契機に、同国に魅了。

語学も勉強し、11年にNHK「テレビでスペイン語」のナビゲーターも経験した。

この番組の講師だったのが日大学国際関係学部の角田(すみた)哲康教授(50)で、一日

講師として呼ばれた。

 角田教授は、翼について「よく練り上げられた内容。120点をあげたい」と高評価し、

私見ながら

「将来的には定期的に通って講義していただく客員教授になっていただきたい」と絶賛。

翼も「クセになりますね。(講師は)ジャニーズ事務所で初のようですが、人がやらなかった

ことを開拓することに魅力を感じます。またやりたいです」と笑顔が弾けた。


 芸能人が、大学の一日講師を務めるのは珍しいケース。それでも、授業の感想をリポートで

提出してもらうことになり、

「全部に目を通して、メッセージを添えてお返ししたい」。すっかり講師の顔に変身していた。



歌がイマイチでも、

踊りがイマイチでも

笑ったり、面白いこと言ったり、

するだけで 人気が出るし、それでよしとする日本の芸能界。

見る側としては毎日繰り返される同じような内容、

おなじみのゲスト・・・。どのチャンネルを回しても

どこに違いがあるのか解らない。

一般人が出て面白かった番組も、いずれはおなじみの

芸能人にとって代わられ、結局つまらなくなる。

そんな中、今でも素人を巻き込んで面白さをキープする

さんまさんの番組「からくりTV」は面白いよね。

所さんも 独自の内容で、素人、さらに海外の素人を

巻き込んだ番組がグンを抜いて面白い。



メディアから排除したはずのK-POP芸能人ら。

最近では 実際人気は衰えてなかった~その秘密は?との記事が

ちらほら目に付く。

例えば、東京ドームをいっぱいにするK-POP芸能人。

東京ドームを借りるには それなりの実績がないと

日本人でも借りることは無理なのだそう。 

まず、賃料などのコストを考えても

一日借りて、5万人観客動員できてトントンで 儲けにならないらしい。

K-POPなどのアーティストの人気の根強さが、

見た目の魅力だけではなく、センスもだけど

日々積み重ね続けられる努力と

ファンへのサービスを忘れないプロ魂に他ならない。

どんな努力も惜しまず伝えてくれて、

彼らは遠く離れていても いつも身近だ。

一度でも熱心なファンになった人なら 誰でも理解できる。

反韓の報道もある中でも、人が集まるのは

「それでも努力する君らを知っている 私達がここにいるよ 応援しているよ」

と伝えに行くんだよね。(私は・・・)

TVでウケても、ファンが足を運んででも会いたいと思うまでには

日本の芸能界も、生半可な演出ではもう無理。

ドームを一杯にする事が バロメーターなんて言うのも

実は変な話なんだけどね。

ドームが一杯になるのは実は反韓で、TVメディアから消された子達に

唯一皆で会える場所だからかも。

もしかしたら反韓が生んだ 思わぬ現象かもしれないと言えないかな?。

彼らの存在を確認しに行く そんな単純なことかもしれない。

最初書いてて かなり偏った考えに気づき

書き直しました。

こんな 適当なブログです。

最後まで読んでくださったかたがいらしたら、

ごめんなさい。

また 消したり手を加えるかもです。


Dsplay 見ましたか?

今回は前回にも増して面白かったですね。

Boo さん 身近な方ならではの つっこんだ質問ナイスです。

27日放送を見込んでの

とーっても早くやった

お誕生日のお祝いケーキ

テソン踊ってましたね。

Boo さんって やさしいなーって思ったよ。

あと、ジヨンのコンサート盛り上がってるかな?

レポ上がるの楽しみでーす。

なんか、色んなK-POP関連記事読んでると、

どうも ジヨコン東京ドームもやるクサいから←あくまで推測ね
 
そこに行けたら 行こうかなって密かに思ってます。



きゅんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス