ローテレートで1865まで上げた構築。
似たようなメンツの構築が環境内にあったりしますが、新しい構築思いついたので、
これをもう使わない意味でも晒し。

★意地っ張りガルーラ@ガルーラナイト
捨て身タックル アームハンマー 不意打ち 地震
Aぶっぱ追い風下で陽気スカガブ抜き残りH

★控えめサザンドラ@拘り眼鏡
悪の波動 竜の波動 火炎放射 ラスターカノン

★控えめギルガルド@命の珠
ラスターカノン シャドーボール キングシールド 影うち

★陽気ファイアロー@気合の襷
追い風 ブレイブバード フレアドライブ 鬼火

★図太いクレセリア@ゴツゴツメット
ムーンフォース 瞑想 月の光 トリックルーム

★勇敢マリルリ@オボンの実
じゃれつく アクアジェット 腹太鼓 滅びの歌

※だいたいぶっぱです。ガルドクレセは多少S調整加えています。


【概要】
追い風ガルサザン+サザンガルド+トリルスイッチの3つの軸を取り入れた構築。相手に合わせた選出・展開が強いられるのでイージーとはいかないが、相手にとっても選出択が面倒な構築と言えるのでいいだろう。攻撃軸となるガルーラ、サザンガルド、スイッチ役のアロークレセに加えて、トリルアタッカー兼対小さくなる・耐久再生回復系に対して強めの解答となり、かつ耐性や強力な先制技により腐りにくい太鼓アクジェ滅びのマリルリを採用した。

【構築解説】
レートを上げるのに行き詰まったためレートで見かけて、以前に使った構築にとても似ている(というよりホントにハイブリッド)だった、追い風ガルサザン+サザンガルドから構築をスタート。

この時点で既に3枠決まっているが、ガルーラはガブを上から倒せる意地っ張り捨て身、サザンはガルドを上から縛れる眼鏡、ガルドは最もスペックが高い(と思っている)命の珠で採用。

追い風役としては、結局襷アローを採用したが、エルフーンとどっちを取るかは好み。アローだと、Sがより速く、高火力先制技を打てる、飛行による地面無効が強く、エルフーンの場合フェアリーの耐性やいたずら神秘による対状態異常耐性、そして追い風軸が弱めだった積み展開に対して挑発アンコールによって耐性がつくので、どちらも捨てがたい。今回は最終的に飛行タイプが入らず、型破り地面を通しやすいのが気になったためアローを採用した。Sに割く必要がないのなら、今後増えていきそうな重力(地震)パを見て耐久気味なエルフーンの方が需要が高くなることは十分考えられる。

ここまでで、相手のバンギが重くなることや、環境に増えていた鉢巻ナットレイに不利を取りやすいことがネックであった。また当初は猫だましをガルーラに懲りずに採用していたが、複数回当たる人に守るされたり、ゴツメ当てられたりして、テキトーに猫だましを打てるような感じでは個人的になくなってしまったという理由から、アームハンマーを採用することに。ナットレイに対しては十分な打点と言えないのが痛いが、相手のガルーラに強めに出ていけたりもするので、いろいろとメリットのある技であると思う。そしてアムハン採用により能動的にトリルをしていくパターンも構築に組み込むことに。

トリル役はクレセリア。最も安易な発想だが、現状眼鏡サザンとガルドの圧力が高く、クレセ以下の悪ゴースト抜群のポケモンをトリル役として採用することは安定しないと判断した。またポリゴン2の採用も考えたがガルーラとタイプが被るのがどうしても痛い。相手のガルーラをはじめとする物理全般に対して削りが効き、またムーンフォース習得により1匹残った状態からでも強い瞑想トリル月光ワンウェポンのゴツメクレセを採用した。ムーンフォースの3割C下降はとても強く、瞑想のないピクシーには普通に遅延を謀れたりする。また一番は瞑想1積みからサザンドラを落としていけるのが強い。それゆえ、クレセも十分追い風からのアタッカーとして数えられる。

最後の枠にはもう1枚トリルアタッカーが欲しかったのと、択を当てきれずに小さくなられた相手へのケアが欲しかった理由からマリルリを採用。構築になかった積み技の中でも、最も強力な積み技を持っていたり、フェアリーと水の耐性が便利でだったりとかなり綺麗にははまって見える(見た目の問題)。壁にも強烈に強いのはかなり評価できる。構築の色合いも非常によくなった。

全体としては、3つの戦術いろいろできて使っていて非常に楽しい。ただ、どの展開で詰めていくかをはっきり決めておかないといけないため、(XY環境で)今まで使った構築に比べて、考える要素が増えてしまったのが面倒。
アムハンガルーラによるスイッチはなかなか面白いのではないか、と作った当初は自画自賛していた。

【選出・運用方針】
相手の構築に合わせて、どれが一番いい詰め筋かを考える。
案外難しい。

迷ったらサザンガルド+なんかで択押し付けながら有利とってく展開でいいと思ってる。
あるいはアローサザンガルーラ+クレセの序盤追い風から終盤トリル詰めとかも基本選出。
縮んできそうだったらマリルリ。逆鱗撃たせられそうなときはサザンガルクレセとかで後ろマリルリ置いてお腹ぽんぽこするのも楽しい。

基本的に選出時に描いた詰め筋で動いていくけど、展開次第で動いてしまうような構築なので、運用方針はテキトーとしか言えないのがアレ。

余談ですが、サザンガルドミラーはサザンがガルド縛って、ガルドが他を動かしづらくしてみたいなとこあって、ガルドを失ったら一気に楽になったりきつくなったりするから、先にガルド動かした方が負けだと思ってる。だから初手から強気にサザン動かしていってます。この記事あげたら方針変えますが。



こんな感じで。週末にはオフの巻no弐あげます。
遅くなってすいません。


ばいちゃめーん( ´∀`)/
AD