勝龍寺城を脱出した光秀は、居城の坂本城へ向かう途中の「小栗栖」(伏見区)で

「落ち武者狩り」の地侍(飯田氏)・百姓等に襲われ、自刃したとされています。

住宅街の狭い路地を抜けた所に、写真の場所がありました。「明智藪」と表記されて

いましたが、周囲は伐採され藪というより、ごく小さな竹林でした。この場所と、特定されて

いる訳ではなく、この辺で襲われ落命(自刃)したと、言う事なのでしょう。

 

続いて「光秀・胴塚」です。光秀の遺骸(胴体)をこの辺に埋めたとされる所です。

.胴塚

明智藪からかなり離れて、精米所の奥まった所にあります。

昭和45年、伝承に基づきこの場所に石碑が建てらたようです。

 

首塚です。「首は知恩院に届けよ」との光秀の遺訓により、家臣の「溝尾茂朝」

がここ(東山区・梅野町)まで運んできたが、夜が明けたので、敵に発見される

のを恐れ、この地に埋めたとされています。

首塚

代々、この墓(五輪塔)を守って来た「和菓子屋・餅寅」さんの北側路地を入って行くと

祠(光秀の木造がある)と五輪塔があります。明治時代にここに移設されたようです。

 

光秀の遺骸は、すぐに秀吉側に渡り、京で晒されたとされ、これら胴塚や首塚は

「この辺に埋められた」とする伝承に基づくものなのでしょう。また、光秀の首塚とされる

ものは、亀岡・谷性寺や宮津・盛林寺にもありますが、有名人の墓(供養塔)は、後世に

あれこれと「話が創作」され、その結果、複数存在するケースが多いです。

 

最後に、明智一族の菩提寺とされ、光秀の妻「ひろ子」の墓

がある近江・坂本の天台宗系の寺院「西教寺」に行きました。

明智ひろ子の墓

「ひろ子の墓」として、崖下の見つけにくい所に小さな「五輪塔」がありました。

隣に明智一族の供養塔がありましたので、後世に移設されたものでしょう。

光秀は愛妻家とされますが、彼には前妻、後妻、側室との間に大勢の子供がいた

事が確認されており、光秀の子孫(娘系)は今も続いているそうです。

 

大津市の「光秀大博覧会」が塔頭寺院(?)の一つで開催されており、結構

混んでました。大と言うより、小博覧会で大河ドラマのPR館のようでした。