2017-09-02 16:28:46

2017 秋リーグ5日目

テーマ:ブログ
本日は秋季リーグ5日目熊本学園大学との対戦でした。

結果
前半10-8
後半8-4
合計18-12
で勝ちました。

戦評

秋リーグ最終戦、勝てば一部昇格という大一番が始まった。相手は熊本学園大学。九大のウィーン少年合唱団の様な美声の応援歌が鳴り響く中、試合が始まった。
まずは古賀が相手ディフェンスを抜き去り、キーパーの頭上を抜く技ありシュートで先制する。すぐさま熊本学園大学もカットインから得点を決める。そんな中、九大は一年橋川のサイドシュートが炸裂。さらに独特なガッツポーズでチームを盛り上げる。その後熊本学園大学に7mスローを決められるも、古賀のフラメンコを踊っているかのような情熱的なターンフェイントで流れを渡さない。ここでまた一年橋川がサイドシュートを決める。そしてまた独特なガッツポーズでチームを盛り上げる。二年光谷もロングシュートを決め、一気に3点差をつける。しかしここから両チーム得点を取れない時間が続く。キーパー歌岡が相手シュートを顔面で気迫のセーブをするなど、なんとか相手に攻め込まれる時間を耐え凌ぐ。そのまま10-8の九大が2点リードで前半を終える。
後半九大スローオフからのファーストプレー、完璧なサインプレーから三年井上がポストシュートを決める。ディフェンスもコート内外の選手が相手のプレーの分析を共有し、簡単には点を取らせない。さらに三年北島がコートに入り、鉄壁の要塞ができあがる。すると攻撃にもリズムが出てくる。相手のミスを誘うようなディフェンスから二年永里が速攻を決める。さらにベンチで声出し隊長二年土屋がコートの選手を盛り上げようとすれば、八大戦ベストボイス二年横溝が応援席から声を出しチームに一体感が出てくる。それに応えるようにキャプテン豊嶋がサイドシュートを決める。熊本学園大学は流れを切ろうとやむを得ずタイムアウト。九大はタイムアウト明けから二年小磯を投入。攻撃では永里が豊嶋からパスを受けポストシュートを決める。守りでは残り7分を無失点で終え、18-12で九大が勝利した。

この試合に勝利したことで秋リーグ二部優勝と一部昇格が決まりました。
八大戦から秋リーグまでOBの方々には沢山の差し入れや応援をいただき、それが現役選手の力となり優勝することができました。
本当に応援ありがとうございました。
来季の春リーグでは西カレ出場を目標に練習に励みますので、引き続き応援よろしくお願いします。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

九大ハンド部さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。