2017-08-30 07:53:24

秋リーグ4日目

テーマ:ブログ
秋リーグ4日目
VS熊本大学
結果
前半8-12
後半10-5
合計18-17
で勝ちました。

戦評
優勝のためにはもう負けられない九州大学。今日の相手は現在全勝の熊本大学。
先制点は熊本大学。エースの気合いのシュートで激動の試合の幕が開ける。すぐに九州大学もやり返す。二年生光谷のステップシュート一閃。熊本大学のエースが点を取ればやり返すかのように2年生永里が綺麗な弧を描くループシュートで点を決める。しかしここから九州大学の我慢の時間が始まる。熊本大学の速攻やロングシュートに対応することができず、2-6と四点差をつけられてしまう。しかしここで九大の諸葛亮公明、監督小川の好判断のタイムアウトで流れを切る。そこからエース永里が獅子奮迅の働きで連続得点。だが上手く流れを掴むことができず、5点差をつけられ、更に退場者を出してしまう九州大学。絶体絶命の状況を救ったのは三年生古賀。マラドーナを彷彿とさせるカットインで得点を取り、差を広げさせない。
その後も熱男豊嶋が気迫でサイドシュートをねじ込み、三年生古賀が獲得したペナルティーを二年生永里が落ち着いて決め、8-12の4点ビハインドで折り返す。
後半開始早々、二年生永里と一年生橋川の福岡高校コンビが立て続けにロングシュートを決め、会場は激しく盛り上がる。更に福岡高校出身の主将豊嶋が華麗にキーパーを騙し、渾身のサイドシュートを放ち、鮮やかにゴールポストに当り、吸い込まれるように相手ベンチへ。あれ、入ってない。豊嶋さん……そーゆーとこですよ。
その頃福岡高校出身の三年生大野はベンチで必死に声を出していた。
気を取り直してDF。前半では相手フローターに翻弄されたが、同じ事を何度もやられる我々ではない。井上、中川の三枚目コンビが
完全に中央のラインを制圧。ゴール前の超大型巨人、キーパー岡と連携して全シュートをシャットアウト。更に旋律を奏でるDFに定評がある三年生北島が相手エースに全く仕事をさせない。相手エースが一対一をしかければ完全に守る。まさに円舞曲(ワルツ)。センターへのクロスアタック。まさに輪舞曲(ロンド)。北島を中心に奏でられるDFの旋律は交響曲(シンフォニー)となり後半14分まで無失点の完全試合(パーフェクトゲーム)を魅せる。
更にOFでは二年生が爆発。光谷の重いロングシュート、永里の遠目のクイック、面上を貫くペナルティーシュート。気が付けば後半15分で二点のリードを奪っていた。
相手も速攻で点を取り、巻き返そうとするが、三年生古賀の相手DFを欺くカットイン、永里と橋川のお手本のような2対2、橋川の思いきりのよいサイドシュートで九大は更に得点を重ねる。
相手も速攻などで必死に食らいつく。相手の連続得点で流れを渡しそうな時に止めたのはこの男。今大会最長身キーパー、一年生岡。相手サイドシューターの絶妙のループシュートを難なくキャッチ。でかいのは正義。
その後一進一退の攻防が続き同点で残り3分の最終局面を迎える。
ここで三年生井上、古賀のホットラインが機能し、初日に明後日の方向にシュートを放り投げまくった井上が落ち着いて決め、これが決勝点となる。
その後も一年生岡のファインセーブ、三年生井上のブロック、三年生中川の俊敏なDFで得点を許さず残り30秒を迎える。
何としても点が欲しい熊本大学はオールマンツーを仕掛けるが、タイムアウトで落ち着いた九大は時間をフルに使い、主将豊嶋がきっちりと締め、一点差の接戦を逆転勝利という素晴らしい形で終えた。

前半の流れが悪いときに必死に食らいつき、後半は失点を5に抑える好ゲームで、総力戦をものにしました。明日の熊本学園大に勝つことができれば、悲願の二部優勝を果たすことができます。最後まで気を抜かずに部員一同頑張って参りますので応援よろしくお願いいたします。本日は応援ありがとうございました。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

九大ハンド部さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。