気密 | Kyowa Architectual Assoc.

Kyowa Architectual Assoc.

広島県三原市にある設計事務所です


テーマ:
先日。
市内の某様邸の第1回気密検査が行われました。

「気密」・・・

隙間が多いと
そこから外気が入ったり、
室内の空気が出て行ったりします。
冷暖房の効率が悪かったり、結露の原因になります。

隙間が少ないと
空気をコントロールしやすい。

業者さんが実験しながら丁寧に説明してくださり、
実際の空気の移動を感じながら
お施主様と一緒に納得することができました。
Kyowa Architectual Assoc.

窓を閉め切って、
この機械で空気を強制的に排出し、家中に負圧をかけます。
Kyowa Architectual Assoc.

1㎡あたりに隙間がどれだけあるかが「C値」で表示されます。
(ちょうど覗き込んでいるあたりに表示されます)
Kyowa Architectual Assoc.

数値が小さいほど隙間が少ないということ。
一般的に「C値」が 5.0c㎡/㎡以下で「気密住宅」と言います。

私たちが目指す「C値」は0.5以下。     
そしてドキドキの結果は

・・・0.1!

これはなかなか出ない数値で、
皆さんニコニコ。

「めでたしめでたし」と上機嫌のお施主様でした。

有限会社 共和設計さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス