皆さんにご報告です…


12月12日木曜日に腫瘍の摘出手術を受けました♪

ALSの診断がくだる検査入院で発見された10センチを越える腫瘍…

実は、全くその存在に気がついていませんでした…手術前のベットに訪れたドクターたちも触診をして…

「えっ、これで10センチ以上の腫瘍があるのですか?  …分かんないですね、こういうケースもあるのですね!」

何人もの若きドクターが…

「この機会に触らせてもらいなよ♪」

と言う先輩ドクターの発言に乗っかって私のお腹を触っていきました♪(^o^)(笑)

「わぁ~っ、本当だ~っ!」

しっかりとあると分かっているのに、触診しても分からない…

だったら自覚なんてあるはずもない♪(>_<)

手術は無事にすんで、腫瘍は検査に出されたわけです♪

見つかったときから…

「多分良性だと思うのですが、開けてみないとなんとも言えないです…そしてかなり大きめと言うことはお伝えしておきます」

と言われていたので、覚悟はしていましたが24センチほど切りました♪

傷口の大きさの割には2週間で退院させてもらって…年明けに診察に行ったのでした…

腫瘍はこんな感じでした…

「右副腎部分切除+骨髄脂肪腫・305グラム 10×9×8」と表記されていました…

えっ、305グラム?  縦10センチ横9センチ奥行8センチの大きさ…そりゃあ10以上に見えて当然だね!

それを検査で切り刻んだそうです…

こんな感じに14切れにして、Dは2つにJは6片に切り分けて検査をしたそうです♪

その結果は…

「腫瘍は良性でした」

大事な事なのでもう1回…

「腫瘍は良性でした!」

良かったです…しかし…

長い傷口の上は落ち着いた感があるのですが、下側はいまだにぼわ~んと落ち着かないけど、色々と腹筋を使っているので仕方がない事であるし、治りはすごく早いようです♪

よし、分かりました…

腫瘍が良性であることが何よりなのです♪

あとはドM魂で進むのです♪

皆さん、腫瘍は良性でした、この後は動かしながら傷口を治していき…もう少し落ち着いたら本格的に…

ALSの治療法を実際模索していこうと思います♪

この腫瘍摘出手術に関して、たくさんの応援に感謝しています♪

ありがとうございました♪

無事に取り出すことが出来て、良性であることも分かりましたし…皆さんからのパワーを次のステップにつなげていきます♪

少しALSの状態は進行しましたが(腹筋が無くなって左右のバランスが崩れたので歩行困難が進みました)、また留めるようにリハビリ&自主トレしていこうと思っています、でも相変わらず声は出ています♪(^o^)

しっかりと前に進みたいと思います♪

#ALS
#治療法模索中
#腫瘍の呪縛から解放されました
#傷口が落ち着くまでまだちょっと


AD