昨夜のフジTVの「ニュースJAPAN」で報道された


海自が“最後の給油活動”の中で、


パキスタン駆逐艦にこの様な


メッセージの旗が・・・・・


ときわありがとう 29日のインド洋の最後の給油活動にて、


パキスタンの艦船には、いつも見られない


“ときわ ありがとう”


のメッセージが掲げられ給油作業が全て終了すると

“君が代”を流されるなど、最後の補給に華を

添えていました。

(※以前、他のケースでも国歌を流し感謝の念を表したという

ことを耳にした記憶があるので、国歌“君が代”はいつも流され

ているかもしれません。詳細ご存知の方、教えて下さい。)


と「ニュースJAPAN」では伝えていましたが、

他局の夜のニュース番組及び

今朝のニュース番組では、

どこも取り上げていない様でした。



パキスタン側が最後の餞にと、

心を込めた感謝の念は、

「ニュースJAPAN」以外の報道番組は、一切スルーですか!

一昔、いやっ二昔、遥か昔に流行った頃の様な

体制に反発する“反体制”を吠え続けていることが、

未だに時代の最先端だと思い込むのは、

いい加減卒業しましょう・・・・・


悪いことは悪いと報道することと、直ちに正すべき

方向に導く報道は、とても大切です。

常に報道というものは、

その時の真実をしっかりと人々に伝え、

問題提起して行くことも、

報道番組のあり方の一つでしょう・・・。


しかし、どんなことにでも

“揚足とり” “批判” “印象操作”に

終始するいくつかのテレビメディア、

新聞社に辟易してしまいます。


この様な“事実”を伝えなくて、

どうするのでしょうか?

日本国民が日本という国に希望が見い出せず、

忌み嫌うことを日本の一部メディアが、

望んでいる様に思えて仕方がありません。


一方方向ばかりの報道ではなく、

両方向からバランスのとれた報道姿勢を

心から願わずにいられません。

私見でした。


バランスのとれた報道を!』とお思いの方、

ワンクリックを宜しくお願いします。

人気blogランキングへ



追記

上記記事の翌日の『ワイドスクランブル』では、

前半のニュースで、
ときわ テレ朝

こういった映像とともに、


>補給終了後にはパキスタン艦船から

>“君が代”が流されました


と伝えていました。

スルーはしていませんでしたが、

せめて日本語の注釈を入れて欲しかったですね。



それから同日の『報道ステーション』では、


ときわ 報ステ

こういった映像とともに、


>その船体には給油を感謝するメッセージが書かれていた


と伝えていました。

しかし、パキスタンの駆逐艦が、

“君が代”を流したことは伝えず…

その後を見ていても、

日本の自衛隊が撤退しても、

作戦上は問題ないということを伝えるのに必死

という感じでした…



パキスタン側の素直な感謝の気持ちを伝えたら、

何か問題でもあるのでしょうか?

結局、こう言ったニュースを見て、

新法に賛成の世論を増やしたくないから、

意図的にこういう作りをしているとしか思えません。



ニュースは思想ではなく“事実”を伝えろ!

と思われる方、ワンクリックを宜しくお願いします。

人気blogランキングへ