月9『ミステリと言う勿れ』炎上? サプライズ発表が逆効果?「おっさんじゃん」落胆の声 | kyoucomのあることないこと

kyoucomのあることないこと

いろんなこともろもろ

日々の気なった出来事に一言

 

 新月9ドラマ『ミステリと言う勿れ』

(フジテレビ系)の第1話が10日に

放送され、平均視聴率が13.6%

(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

だったことが各社で報じられている。

 

 

 漫画家・田村由美の同名漫画が

原作となっている本作。

第1話は、大学生の久能整

(菅田将暉)は、朝から自宅アパートで

カレーを作っていた。そこに、

アパートの大家が大隣警察署の刑事、

薮鑑造(遠藤憲一)と池本優人

(尾上松也)を連れて現れ――

というストーリーが描かれた。


※以下、ネタバレ含む。

 第1話終盤では、作品の

キーパーソンともなる人物・

熊田翔を永山瑛太が演じている

ことが判明。しかし、原作ファンの

間で炎上しているという。

 「これまで唯一発表されて

こなかった熊田翔役ですが、

整がバスに乗車した瞬間、

熊田が振り返ったことで瑛太が

演じていることが判明。

原作に寄せて金髪直毛で、

これまでの瑛太にはない

雰囲気を醸し出していました。

しかし、原作漫画では熊田は

大学院生という設定。ドラマ第1話で

熊田は数シーンしか映っていません

でしたが、ほうれい線がくっきりと

出ており、原作の熊田とは現実的な

ビジュアルがかけ離れた状態に

なっていました」(ドラマライター)

 これにネット上からは、

「さすがにこれはない」

「瑛太好きだけど、この役は

 瑛太じゃない!」

「なんで無理して瑛太にさせた?」

「もはやギャグ」

「おっさんじゃんか…」

といった原作ファンからの悲鳴が

聞かれてしまった。

 「ネット上では以前から

熊田役には城田優が合うといった

声も聞かれていましたが、

城田の実年齢は36歳。

年齢的に諦めていた原作ファンも

いたほどでしたが、まさかの

実年齢39歳の瑛太がキャスティング

されることに。それが余計にファンの

不満を買ってしまったようです」(同)

 一方、整役、刑事の風呂光聖子

(伊藤沙莉)役にも不満が聞かれて

いたが、注目が集まったのは

尾上松也演じる刑事の池本。

原作に寄せたキャラや顔芸を

たびたび披露しており、

ネットからは

「最初合わないと思ったけど

 好きになってきたわ」

「顔芸がクセになってきた」

「顔面がいい意味でうるさい」

という好評が寄せられていた。

 第2話以降出番が増える瑛太。

視聴者の評判は変わるだろうか――。

[リアルライブ]

 

**************************

これは今後次第

 

キャラが合わないとのことだが

 

年齢的なことも含めて

 

まだこれは行けるかも

 

下手な演出やキャラ作りでは

 

ただのコスプレにしか見えなくなる

 

やはり役者さんがしっかり

 

しているからなのか

 

その様な批判はないような

 

まだまだ始まったばかり

 

今後の展開次第では

 

馴染んでくるかも・・・

 

以上

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イベントバナー

イベントバナー