「文春砲」再度小室哲哉を直撃 「親族怒りの告発」報道に「ほら、やっぱりね」 | kyoucomのあることないこと

kyoucomのあることないこと

いろんなこともろもろ

日々の気なった出来事に一言


テーマ:



「ほら、やっぱりね」という声が、聞こえてくる。


 『週刊文春』(7月12日号)が、再び小室哲哉を砲撃した。
再び、というのは、あの不倫報道に関する第2弾、
つまり追撃弾ということだ。

 同誌が小室の不倫疑惑を報じたのは今年の1月だった。
小室はすぐさま会見を開き、疑惑を全否定したが、会見の中では、
妻であるKEIKOの病状や、介護について、また自身のアーティスト
としての限界を訴え、挙句の果てに、“罪の償い”ということで、
けじめをつけて、音楽活動から引退することを表明した。


 この会見は多くの波紋を呼んだ。不倫疑惑くらいで、
“天才”アーティストを引退に追い込んだとして、同誌は非難を浴び、
逆風にさらされたのである。

「当初は、あんなに大きな話題になるとは思いませんでした。
連日、ワイドショーでも取り上げていましたが、小室さんの不倫疑惑に
関してということより週刊誌の“不倫報道”の是非について論じる流れ
になってしまいました」(テレビ局関係者)

 週刊誌が報じる、芸能人の不倫報道が、世論を巻き込み、
社会問題化してしまったのには驚きだったが、私を含め、
あの会見に疑問を感じていた人がいなかったわけではない。

「うまく世間の同情を買いました。会見は大成功だったと思います。
実際、会見場で涙ぐみながら質問していた女性記者がいたくらい
ですから。しかし、不倫を否定するのに、KEIKOさんの病状を、
あれほど詳細に明らかにする必要はなかったと思います。
また精神的な支えを他の女性に求めたのは、介護疲れのためだった、
という言い訳は身勝手も甚だしい。謝罪のはずの会見なのに、
論点がどんどんずれていってしまいました。あれで同情しちゃう方も
どうかと思います」(スポーツ紙記者)

 そして引退表明。しかも、引退は前から考えていたことだと、
本人も語っているのに、不倫報道のせいで引退する、と錯覚して
しまった人が多かったのは、これまた驚きだった。

 だが、“臥薪嘗胆”“捲土重来”、それとも“汚名返上”か。
“悪者”にされてしまった『文春』は、小室追撃の手を
休めることはなかったようだ。

『週刊文春』新体制直前の一撃
「マスコミも全部が全部、あの会見に納得していたわけじゃないです。
ただ小室擁護の声が思ったより大きく、表だって叩くことは躊躇
されましたね。『文春』がこのまま引き下がることはないだろう、
と思っていた人は多いハズです。さらに来週から『文春』は編集長が
変わり、新体制に移行します。『文春砲』のブランドを築き上げてきた
編集長にとって“汚名”をはらす最後の機会となったようです」
(週刊誌記者)


 会見から半年、小室は、もう狙われることもないだろうと、
油断していたのではないだろうか。同誌は件の看護師が今でも
頻繁に小室のマンションに出入りしている様子を捉えている。

 さらに《親族怒りの告発》というタイトルが示すように、
KEIKOの親族は、小室が会見で語った。

「(KEIKOは)音楽に興味がなくなってしまった」
「小学4年生ぐらいの漢字ドリルを楽しくやっている」

 などという話がほとんど嘘だったと怒りが治まらない様子だ。

 同誌に掲載されている写真を見る限り、KEIKOは、健常者と
変わらぬ生活に戻っていることがうかがえる。しかし直撃に対し、
小室は無言を通した。もはや彼の口から真実が語られることは
期待できないだろうが、擁護していた人たちは、いま何を思うのか。

<芸能ジャーナリスト・佐々木博之>
元フライデー記者。現在も週刊誌等で取材活動を続けており、テレビ・ラジオ番組などで
コメンテーターとしても活躍中。

[日刊大衆]

*********************************************
小室さんが口を開くことは無いのだろうか

とすれば「文春」の報道を認めたことになり

今後「嘘つき」は定着しそう

擁護した人たちも離れるだろうし

マスコミも擁護はしないだろう

番組で使われることもなく干されることになりそう

身から出た錆ということだろうが・・・

以上




kyoucomさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス