吉高由里子の酔っ払ってキスをするという問題シーン 「山口達也がかわいそう」の声 | kyoucomのあることないこと

kyoucomのあることないこと

いろんなこともろもろ

日々の気なった出来事に一言


テーマ:



 5月9日に放送された吉高由里子主演のテレビドラマ「正義のセ」
(日本テレビ系)第5話の視聴率が、9.1%だったことがわかった。
同ドラマは、ワースト視聴率を更新したという。

「初回視聴率は11%を記録した『正義のセ』ですが、
2話では9.9%に低下。そして今回も1ケタ視聴率を記録し、
これまででもっとも低い数字となりました。
同ドラマは、昨年同じ枠で放送した『東京タラレバ娘』
(日テレ系)と、脚本家から演出家まで、スタッフが同じ
なのですが、このままだと平均2ケタ視聴率だった
『タラレバ』ほどの数字は期待できないでしょう」
(テレビ誌記者)

 第5話では、吉高演じる主人公が、三浦翔平演じる検事に、
酔っ払ってキスをするというシーンが放送された。
だがこのシーンが、ある事件を彷彿とさせると、
視聴者から賛否の声が上がっているという。

「吉高と三浦のキスシーンに悶絶した視聴者がいる一方で、
このシチュエーションが、世間を騒がせている山口達也の
『強制キス騒動』を思い出すという指摘が殺到。
ネットでは『酔った勢いでキスとか、どうしても山口を
思い出してしまう。男女が逆とはいえ、これはハラスメントでは?』
『相手が女でも、被害届を出したら強制わいせつ罪だ』
『吉高は酔ってキスしても許されるのか。これじゃ山口メンバーが
 かわいそうだ!』
といったものまで、山口の件と比べる意見が相次ぎました」
(前出・テレビ誌記者)

 まさか「山口の強制キス」が世間を騒がすことになろうとは、
キスシーン撮影時は誰も予想していなかったことだろう。
[Asagei plus]

*******************************************
なんかチョットおかしいところが

元TOKIO・山口達也メンバーは強引にキスしたということだが

強制わいせつ罪の疑いで起訴されたわけで(後に不起訴)

酔った勢いでキスしたなんてことではない

ちょっとイメージを軽くしているような印象

それに山口さんの場合は女子高生を自宅に呼び出した段階でアウト

こちらでも『#Me too』運動で

名乗りを上げる女性が出てくるのではと戦々恐々の状態

意識的に犯罪のイメージを軽くしてしまうのは問題では・・・

以上




kyoucomさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.