溶接の種類⁂ | 株式会社 月谷製作所

株式会社 月谷製作所

溶接・各種製缶・角パイプ長尺加工


テーマ:

右差し半自動溶接/CO2・MAG・MIG左差し

<アーク溶接の一種>
溶接ワイヤとシールドガスが自動的に供給されるので被覆アーク溶接より効率的で作業性が良いのが特徴です。
周囲の空気と接触する事を防ぐため溶接部をガスのカーテンでシールドします。シールドガスの種類により「CO2ガス半自動溶接」「MAG半自動溶接」「MIG半自動溶接」に分類されます。

 

右差しTIG溶接左差し
不活性ガスを使う溶接方法で、欠陥が少なく、高品質な溶接ができます。
非常に汎用性が高く、溶接できる材種も幅広いのが特徴。薄板の溶接にも適しています。
ただ、圧倒的にスピードの面では他の溶接方法より遅く、職人の技量で大きく差がつきます。


右差しMIG溶接左差し
半自動溶接とTIGの良いところをもった溶接方法。高価なもののため、一部の溶接において使用。
特にアルミの構造物・チャンバー製作では効果を発揮する。

 

 

今日は溶接の種類について紹介しました(^ε^)♪

今後、紹介していこうと思いますクラッカー

 

kyototsukitaniさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス