メガミオフィスブログ

メガミオフィスブログ

株式会社Megamiの公式ブログ

株式会社Megami代表、小島です。


先日の、大津市のスクール2期生による恩返しイベント

読売新聞、京都新聞、リビング新聞、テレビさんも

様々なメディアにご掲載いただき

「ラブフェス」オープンからラストまで、大盛況!

400名越えの来場者でした!




私は大津市長含む登壇者3名の、メインシンポジウムのファシリテーターを務めさせていただきました。


登壇者の赤裸々なキャリアや人生のお話に、皆さん釘付けで、とても楽しんで頂けたようです♬




私としては、もう何をさておいても、

ここ数ヶ月の2期生の皆様の頑張りに、本当に感動しきりでした。


色々な事が起こる中、諦めずに頑張って来られた主催の皆さまに、心からの拍手です!!!



2期生の努力と知恵と愛、相互協力の賜物で

たくさんの女性の心に届く、素敵なイベントになり、最高の形で、大津市への恩返しになったと思います。まさに「ラブフェス」でした。


今までの辛かったことも全部、これから最高の思い出と、それぞれの結果に繋がっていくでしょう。

本当に、お疲れ様でした♡




そして、応援に来てくださった1期生の皆さま

ありがとうございました!!!


私が登壇後すぐのトンボ返りのバタバタで、全然ご挨拶できなかったのですが(´༎ຶོρ༎ຶོ`)


大津市のために  

「女性起業家の聖地」の理念にのっとり、2期生の応援に駆けつけてくださった1期生の皆様にも、本当に感謝、感激です。

今日だけでなく、今までの準備の中でも

2期生を裏でたくさん支えて頂いたことも聞いています。


自分の事業も忙しい中で、仲間のために時間や心を砕くことは、なかなかできることではありません。

1期生のそんな優しさも、私はとてもとても嬉しかったです。バトンを繋いでいくことで、行政の事業効果はどんどん大きくなっていくと思います。


今回は、協賛、協力が約150社ほど

何らかの協力をして頂けました。

シンポジウムの中では、数が多すぎて1社1社のお名前を読み上げきることができませず 

ただただ、お礼をお伝えすることしかできませんでした。本当に心より感謝申し上げます。


本日はマスコミも5社ほど取材に来られていました。

このパワーや熱気を、どうぞ全国に発信してください!


【京都新聞記事】

http://s.kyoto-np.jp/top/article/20180518000032




 

そして大津スクールの2期生の皆様

事後処理も色々あるでしょうが

お身体には気をつけてくださいませ。




そして、みてみて!

大津市スクール2期生のプロのカメラマン蛭子さんに

こんなに素敵に撮っていただきました♬



この大きなお花!!
ビッグフラワーアーティスト、フクトミチトミさんが、会場装飾を素敵に彩って頂きました。


たくさんの女性の背中が押されたと思います。

ぜひ皆さんの感想を読んで

「やって良かった」をひしひしお感じになるんだろうな、と思っています。


素晴らしい1日を、ありがとうございました。






(、、、これはどうでもいいことですが)

私、何を話せば、この動作になるのかしら?






こんばんは!
株式会社Megamiの小島です。
寒くなったり暑くなったりですよね。
特に夜は冷えますので、一枚多めに着て出て行きましょう♬

さてさて、
育休復帰者や、働く女性達から聞こえてくる
こんな声があります。。。

「育休から復帰して一生懸命に仕事をしているのに、なかなか評価してもらえない」

「時間が短いだけで、やっていることは他の人と同じ、いや、それ以上なのにどうして!?」

「言いたいことは沢山あるけど、職場に迷惑をかけているから言えない」 

会社で働いている方は特に、自分個人だけの問題ではなく
会社組織、風土、制度、人間関係、
働き方が色々なことが絡んでいるので
結局色々と諦めてしまいがちです。

諦める前に、私たちと一緒に
解決の一歩を踏み出しませんか?

関西学院大学・女性の活躍推進センター主催にて
育児休業取得後復職者のための
評価ワークショップ」を
ウエダ本社2階にて開催します。


このワークショップは
育休から復職した働くママが交流し、気軽に話ができる場であり、かつ

人事管理の講師によるレクチャーをもとに
「自分たちが求める評価のあり方」や
「これからも仕事を気持ちよく続けることができるような評価制度」
をワークショップ形式で考えていく
大変贅沢なものでございます!

【無料】【託児あり】

ご参加された皆様、
楽しかった!連続参加したい!などとおっしゃっておられます。

ファシリテーターは、(私の超憧れの)
甲南大学経営学部教授 奥野明子先生。
関西学院大学のハッピーキャリアプログラムでも大活躍の先生です。
2児のママでもある、とても優しくて素晴らしい方です。

育休を取得された経験のある方はどなたさまでも参加可能です!

どうぞこの機会に、ウエダ本社ビル
働く男女を応援するメガミオフィスに
いらして下さいませ♬





こんばんは!
株式会社Megamiの小島です♬

私達のゴールデンウィークは。
結構お仕事をしておりました笑

メガミの5月はとても忙しいです(^-^;
ありがたいことです。

ゴールデンウィークの納品のひとつ
コープしが様の幹部40名の研修にて
女性の活躍推進・女性の身体についての勉強会を行いました。



各組織のトップ、特に男性の方々に向けて
経営戦略としての女性の活躍と
女性の生理周期や生理のしくみ、働く上での身体の扱い方などについてお話しする時間です。




男女ともに、誰もが働きやすい会社にしていくために
女性の身体がいかに男性と違うか
子どもを生むために、女性が日々、身体にどんな変化が起きているのか
という観点から、今後を考えます。

たくさんの、バリバリの幹部男性の方々を前に
「精子」「子宮」「生理」などのお話

皆様、ものすごーく
衝撃だったみたいですが
感想は、「今までの勉強会で1番真剣に女性の活躍や働き方を考えるきっかけになった」
とのことでした。

女性社員を大切に思うあたたかい皆さんに、私もたるもと講師も
じーんと致しました。




カラダの仕組みから考える、働き方。
とっても面白いですよ。

人事総務、研修担当の皆様
ぜひ、オファーくださいませ!




テーマ:
こんばんは。
株式会社Megamiの小島です。

昨日から(やっと笑)春休みがあけましたね!
大きな子達の子連れ出勤ラッシュのピークは過ぎました。
メガミオフィスの子連れラウンジでは、色々な年代の子ども達が元気に遊んでいました♬

{2ACF319C-D4CA-4153-A891-B0E5877EA655}


多いときは15人ほどの子ども達が1つのスペースで遊ぶ、ということや
そこで、おなじ空間でお母さんが仕事をしている

という状況について
ぶっちゃけたお話、
皆様はどんな風にイメージなさいますか?


子育て経験のある方はイメージできるかと思いますが


もしも、
普通になんの工夫もなく、この人数の子ども達がこのスペースで遊んだとしたら、

まぁ、カオスです(笑)


おもちゃの取り合いでケンカする声
泣き叫ぶ声、全力でゴネる声。
ビルのフロアに地響きがするほど、響き渡り、
1人泣き出すと連鎖反応的に次々と泣いていき、

セミナー中の講師の声など、あっという間にかき消されて、何も聞こえません。
打ち合わせになんて、なりません。
ママもそのほかの人たちも仕事になりません。

声や騒音以外も。

危ないところに登って、落ちる。
柵をなぎ倒す。
足の踏み場もないほど、散らかるおもちゃ、靴、各自の持ち物。

本当にエライコッチャ、状態です。


でもメガミオフィスは託児所ではありません。
働く場所です。
ママが働けなくなってしまったら、
本末転倒なんです。


かといって、子どもを叱り飛ばして静かにさせるとか
騒ぐ子を押さえつけて言うことを聞かせるとかはしません。

子どもに静かにさせるように、ママに指示するとかもしません。子どもの問題だからです。


そもそもルールで押さえつけることはもはや不可能に近く、さして意味がない。


子ども自身が使命感をもって、進んで周りのために配慮、工夫し
ママの仕事を応援する形にしなければ、子連れオフィスは、回らないのです。

それが、メガミオフィスが今力を入れているシフトチェンジです。


学童保育を運営してきた二年間
その後子連れオフィスの運営をしてきた二年間
そして今もまだまだ
あらゆる試行錯誤を続けていますが

最近やっと現実として、
分かってきたことがあります。

どんな小さい子どもでも、 
どんな暴れん坊の男の子でも、
自立した人として関わることができます。


理想的な子連れ勤務の在り方を発信して、
オフィスでの子どもの在り方も、子ども達自身で考えてもらいます。

遊ぶ子どもと、働くママ
両方がハッピーな状態には、何が必要かを考える場をつくり
親子両方が成長する「環境」と、「関係性」を考えます。
それが風土になるのでしょう。

みんなで、
毎日研究しています。

{58D1C727-124A-4A09-A023-B88AEF915D28}

ただ単に子ども連れで仕事ができる環境があるだけでは足りません。

それではいつか、
母親の罪悪感か、子どものストレス、
どちらかが溢れてしまうでしょう。


メガミオフィスは、子どもにとっても母親にとっても、親子の成長の場でありたい。
ママが本当に輝ける子連れオフィスは、そうだからです。

子どもたちは、いきなりは無理ですが
少しずつ、来るたびに
「メガミオフィスでの自分の役割と在り方」
を理解して、日々成長してくれます。


私達メガミオフィス運営スタッフ全員が
今子育てを学び、実践する母親だからこそできることだと思います。

{8CC3D062-69DC-4338-B47A-C42AB6343791}

子どもにとっても、
ビジネスほど重要な勉強の場ってないです。
働くことは、生きることと大きな関係があります。

なぜ働くのか、どう働くのか、
子ども達はママの姿をしっかり見て、そこに協力してくれます。
とても頼もしい存在です。

お掃除やお片づけなど、自分達のできることをやってくれます。
ママがお仕事を頑張るように、自分もお勉強を頑張ります。

朝は親子双方に「今日も1日、よろしくお願いします!」って言いますし
帰るときは、達成感たっぷりの親子に、「お疲れ様ー!」と言います。


こうなるために、メガミオフィスではたくさんの工夫を施しています。
そして、これからもっと増えていくでしょう。

「親子が成長するオフィス」
その秘訣の数々は、、、
また少しずつ、お伝えしていきます♬

{B68C121E-EA6A-4AA5-A84B-57FC00749306}

ご見学は、いつでもどうぞ♬

株式会社Megami





テーマ:
こんばんは!
株式会社Megamiの小島です。
本日は、赤ちゃんと一緒に法人営業です。
ベビーカーを押して、たくさんの会社を回ります。 

{8C18CC91-61F2-4996-987E-1CFDEC0E88F4}

ご近所の素敵な企業様向けに、女性の活躍を応援する子連れサテライトオフィスの資料を配って回ります。

{25C0A9D1-8487-462B-A433-F0405A0881FE}

「あなたの会社にママが安心して働ける、
子連れ勤務ができるサテライトオフィスを準備しましょう!!!」
という啓蒙です。


{69B4DCFD-105D-4F56-9349-37767E4BAEB7}

赤ちゃん連れの営業なんて、私達も初めての経験です。ドキドキします。
何が待ち受けているのでしょうか。

朝から意気揚々とメガミオフィスを出発した私達ですが
出発してすぐに

{FAF56B27-D37E-4B56-B897-5ECA1B80995A}

・・・・。 

(お食事中の方、ごめんなさい)
いきなり五条の駅から、オムツ替えでした!
だいたい、出た瞬間に何かが起こるんですよね〜笑

{E36C1198-F884-409F-86BC-A15CD1B5B4B3}

気を取り直して、再出発!
最近はとても温かいので、外回りをしていてもとても気持ち良いのですが
四条烏丸のオフィス街は、観光客の方もたくさんいらっしゃるので
ベビーカーでの移動はちょっぴり大変でした。


けれど、お客様は
赤ちゃん連れの方がイメージがわくようでした。
そしてお忙しいところ
皆様、とても優しくご対応頂けました。

特に女性社員の方にとっては他人事ではないようで
保育園の行事や、園のおやすみと、会社の予定が合わないことがあるというお悩みや
子どもが小さいうちは、可能なら子連れで働きたい、など色々なご感想を頂きました。

まだまだ、子連れで働けるオフィスは多くありません。
自社で準備をするのも大変かと思います。

かたや、財務省の調べによると
「人手不足と感じている」企業が71%に上った、ということです。

 

人手不足間の企業71% 採用難背景に

https://mainichi.jp/articles/20180201/k00/00m/020/056000c


子連れママ、お仕事で輝きましょう!
企業は、出来るだけ多様な働き方を社内に作っていきましょう!

子連れ勤務を可能にするための準備も、とても社会貢献的な一歩だと思います。

{F3B8DCC5-7438-402B-AB0D-37AA3DE03950}

みなさま
お忙しいところお時間を頂き、誠にありがとうございました!!

子連れサテライトオフィスは、
テレワークの補助金も活用できますので
どうぞお気軽にご質問くださいませ!

株式会社Megami
075 708 7739

ご見学も、ご相談も随時ご案内させて頂きます。
法人向け子連れシェアオフィス、
残席18席!!
同じ方向に向けて、
働く女性の道なき道を共に作って下さる企業様
どうぞ、よろしくお願いします!

{F4072BE8-35C2-4A99-A2F6-982ADD8D3269}

{BA58455B-6F92-43D2-A875-5DB29F40F578}





テーマ:
こんばんは。
株式会社Megamiの小島です。

うーん、寒の戻りですね。寒い!
この雨が上がったら、桜が美しく咲くのでしょうね。楽しみです。

さて保活中のみなさん、
保育園はいかがでしたでしょうか?

うまく希望のところに入れた方、
入れたには入れたけど希望には届かなかった方、
どこにも当たらなかった方、

色々だと思います。

ひとまずは、長い戦い、お疲れ様でした!

さて、このお話は
働く先輩ママならうなづいて頂けますよね。

「通園前の、度を越した子どものグダグダ笑」

保育園に預けて働く日々の中で
子どもにもコンディションの波がありますよね。

喜んで保育園に行ってくれる日もあれば
泣いて泣いて、どうしても離れてくれない日もあります。


{7B42D062-6693-432C-B6B0-6B16BF5856D1}


熱はないけれど、なんとなく体調が悪いとき、
前の晩、あまり眠れなかったとき
怖い映像を見てしまったり、夫婦喧嘩の後だったり笑、思いっきり叱った後だったりすると
(要因はそれこそなんぼでもあると思いますが)

とにかく、ママと離れたくないモードになりますね。

離れてくれなかろうがなんであろうが
仕事があるので当然、何とかして保育園に預けて職場に向かうわけですが

別に何も悪いことしてないのに
母を求めて泣き叫ぶ我が子を預けて

なんだか後ろ髪が引かれるような
罪悪感にさいなまれるママは多いようです。


ここで
【選べる】としたらどうでしょうか?

「なんか今日は、コンディション悪そうだなー。よし、今日は子連れ出勤しよ。」

{56CC23AC-56E9-435D-8281-DE7A5DCB386A}

と切り替えて、
子連れでお仕事ができる環境。

この選択肢を、会社で働くママに作りたいのです。

これが、私が目指す働く母親の新しい形
「預けてもいい、預けなくてもいい」
という環境です。

{A33CB58F-6F25-473F-82AB-A5EF63631BD3}

別に、
毎日毎日保育園じゃなくてもいいと思うのです。

ここからは経験の話ですが
だいたい泣き叫んで離れたがらない時に、何とか預けて、会社に行くも

1時間後に、逆に保育園から呼び出しをくらう。
「お熱が上がってきたので、お迎えをお願いします!」
なんてことも良くあることです。
子どもは素直なので、必要なことを体調で表現してくるのかもしれません。

子どもにとっての「必要」に
応える環境も、あっていいと思います。
子どもの自己肯定感にも、関わってくるのではないでしょうか。

{54BEC5AE-4B8A-486F-B6D2-33C885C441A1}


また、働くママは子育てのことで悩むことも多いです。

今は価値観も様々、
自分の親の子育てと、自分の子育ては全く違うという家庭の方が、圧倒的に多いようです。

子どもや家庭のことで悩み始めると、仕事どころではなくなり、退職を考える女性も多いです。
働くママ同士が支え合う場が必要です。

メガミでは、ママが子育てを学ぶ機会も多くご用意しています。

{D47B776C-07C5-4094-8E4C-5C0A5928CE30}

彼女は、幼稚園教諭、保育士でもある
子育てセミナー講師、上田先生です。
全国のたくさんのママに、子育てを教えています。

悩んだらいつでもお声がけしてください。
優しく明るく支えてくださいます。


また女性の産前産後は
体調やメンタルも不安定になりがちです。
行動も普段と同じとはいきません。

できるだけ無理をせず
自身の体調とメンタルも整えていきながら
子育てとお仕事をこなす必要があります。

そんなサポートも、メガミには充実しています。
例えば

{625E8569-8300-4D4D-846E-B0A5E6EDABBB}

たるもと先生です。
女性の身体使い方、仕事の仕方、生理中や産前産後、更年期など
長く健康にお仕事をしていくために必要なアドバイスやサポート、コーチングをして頂けます。

今の日本の「会社」は
男性が働くのに適した形になっています。
今までは男性がお仕事を頑張ってくれたから、それで良かったのですが

今後
日本という国や会社を守るために
女性活躍が政策や経営戦略として打ち出されたこれからは
男性だけが働きやすい職場では、女性は効率が悪いでしょう。

今問題になっている、女性の早期離職、ロールモデル不在、管理職拒否などは
ある意味で当然のことです。


女性の身体は男性と全然違います。

若い女性が、妊娠できる健康な身体を保ちながら働くということが、いかに今の環境では難しいか。

母親が出産、授乳、育児を無理なく、当たり前にこなしながらキャリアアップをしていくために
今、必要な環境を作らなくてはいけないと思います。

行政がしっかり風を起こしてくれている今が、タイミングです。

このブログを読んだ
産休、育休中の女性のみなさん
子育てしながら働いているみなさん
育休や介護で在宅勤務をしているみなさんへ

どうぞ
メガミの子連れオフィスを使ってください。
会社の仕組みの中に導入していくために
女性活躍や働き方改革の担当の方に、メガミオフィスのことをお伝えください。

働く女性の新たな選択肢と価値観、考え方を
日本全国に広げていくために、お力をお貸しください。

{C6CFDE82-C98E-40DE-AD41-4D982B447524}

{DD56DA0C-13EC-4CEB-B71D-52EA295F3A95}

{E9842249-3041-43DC-B489-E9B9B397C73B}


よろしくお願いします!





テーマ:
こんばんは!
株式会社Megamiの小島です。

本日は子連れシェアオフィス見学会、2日目でした!
ご来社いただいたお客様、ありがとうございました!!

{72535133-0294-4046-B91B-1B4B027A59E1}


大企業から中小企業さんまで、たくさんのお客様が、働く子連れママ達の様子を見学に来てくださいました。


{CCE1A066-FC6C-4309-8DA9-1F07940FDC76}


新聞の反響もあり、お問い合わせや資料請求もたくさんありました。


【日本経済新聞】

{1E90E4E4-AB43-4270-BC6D-918352348ADF}

【日本経済オンライン】
【京都新聞】

{8998721E-17EA-4E2E-8FD0-4CF9EE55A0E9}

問い合わせを受けていて 

日本の会社には、仕事ができるパワフルなママがたくさんいるんだろうな、と思いました。

{D1977216-659B-4258-8D26-8DF1EACFCDF9}


社会全体として、
日本がママの労働力を必要としてるのは分かっていますが

「会社が」子連れの自分の働きを必要としてくれるかどうかは、ママは分からない。
自信も、確認する勇気もない事が多いです。

何とまぁもったいない!
子どももキャリアも、諦めずに育てるためのメガミオフィスです。

{34924A7E-BEE4-4838-A94F-2348CA63CECA}


本日は具体的に
「子連れオフィス内で、何のサービスをどのように使って情報セキュリティを守るか」
「テレワークの補助金活用について」
「保育士常駐の体制」
など、子連れオフィスの運営を、より具体的にご説明することが多かったです。

{290A6948-1F6B-49E5-B883-EB31AFAE3618}


電話やメールでのお問い合わせが多くて
夜が来るまでにレスポンスを返しきれずの週末突入。
早く連絡をとりたくてウズウズしております。
(お待たせしているお客様、申し訳ありません)

子連れオフィスの記事を読んで、すぐさま問い合わせの連絡をくれる会社なんて、
素敵な会社に決まってますよね(*´꒳`*)

担当者の電話の声はみなさん、とても優しかったです。


{6EA18217-0F36-497C-9F9A-A5C260F4B086}


これからママになる予定の働き女子さんへ

子連れに温かい社会は、もう目の前っぽいですよ♡
キャリアも子育ても、両方楽しんで大丈夫です。
安心して妊娠していきましょう(*´꒳`*)

株式会社Megamiと
たくさんの温かい会社が、
あなたを応援しています!!




テーマ:
おはようございます!
社長小島です。

先日の
「子連れオフィス見学会」を
日本経済新聞社様が取り上げて頂けました。

{F48FA929-C47F-4228-8D0C-CA1826D95DE5}


中小企業の方々、
女性の新たな選択肢のためのご準備を
お願いいたします!

「子連れシェアオフィスを中小企業に開放、京都のメガミ」

日経新聞オンライン

{C632D809-04B3-468B-B383-430C22022F0A}

{E822DD4B-1997-4537-8A78-846D8DF25CDE}

引き続き、女性のはたらくを
考えて、追求してまいります!



 Megamiの小島です。
最近、日差しがやわらかく 
だんだんと暖かくなって来ましたね。
春が待ち遠しいですね!

春といえば
株式会社Megamiも、来期は新たな挑戦をしますので、そのお話をさせて頂きます。
「法人向け子連れシェアオフィス」です。

{0008B2D7-017C-42CF-873B-6C4D979993B4}


会社員のママに、子連れで働く選択肢を
社会に提案します。

子連れ出勤ができる仕組みを会社の中に入れられれば、一気にそれが進みますので
株式会社Megamiは、
会社向けに整備された、子連れシェアオフィスサービスをスタートします。

{4A2D7B4C-ABE4-475D-9E9E-6B14200C4A9D}


私事ですが、私はシングルマザーだったので
働きながら子育てをしてきましたが、
3歳まで保育園には預けませんでした。

{FB4F3B91-7F8A-4B0D-8571-81A27D6B7C34}

※若かりし娘と私

預けなかった理由は

私の母乳がいつまでもよく出たので、絞らないとお乳が張って痛かったし

娘もお乳が大好きだったので、出来れば最後まで母乳で育てたかったということと

単純に私が、娘と長い時間離れるのが嫌だったのです。
(娘は全然平気そうでしたが、いかんせん私が寂しくて、ダメでした笑)

21歳で1人で母親になったのもあり、頑張って勉強して、稼がないと食べていけなかったので
子連れで稼げる方法をあれこれと考え、やってみました。

当時はそのように、
「今は子どものそばにいたいから、保育園に預けるのはもう少し先がいい」
「でも、仕事もがっつりやりたい」

などという考え方は、ワガママと言われました。
今もそう思う人の方が、人数は多いと思います。

一方で、社会はママに、できるだけ子育てしながら働くことを求めています。


「育休が明けたら、必ず保育園に預ける」
「保育園に落ちたら、働けない」

これは、会社で働く人たちにとっての常識となっています。
この「常識」に、私達は挑戦したい。

「子連れ出勤」という比較的新たな選択肢を
社会に、会社の中に負担なく
もっともっと自然に
たくさん作り出したいのです。

{3DE356E1-8A94-4C64-9FD6-CE1DB0B28087}


「預けない働き方」
を求めるママが増えてきています。

ですが、環境がそれを許さないことが圧倒的に多いのです。
それが、産前産後の女性の退職率を上げている一つの要因です。

・子どもが欲しがる時に欲しがるだけ、母乳を与える育児がしたい

・育児期間中は、できるだけ子どものそばで働きたい

・泣いている子どもを保育園に預けるのは、後ろ髪が引かれる

・基本的には保育園だけど、たまに子どものコンディションが悪い時だけでも、子連れ出社できればありがたい。

このような思いは、
ママなら1度は感じたことのある感覚です。

さて

あなたはどうしたいですか?
また奥様には、どうしてもらいたいですか?
一緒に働く社員にはどうあってほしいですか?

株式会社Megamiの答えは
ママがどう働きたいかを、
「自信を持って選べること」
が大事だと考えます。
そのためには社内に、選べる環境と風土が必要です。

「預けてもいい、預けなくてもいい。」

会社での働き方、ひいては子どもの育て方の選択肢を増やし
新たに働き方を生み出していくために
メガミオフィスにて、法人向けの新サービスを立ち上げます。

2018年4月2日スタート
【法人向け子連れシェアオフィス】
サービスが始まります!!

{9DE519BE-D5ED-4B94-B75D-0F2C93A0CC09}


ネットワークと教育で、セキュリティレベルを保った環境にて、仕事の情報を守れる環境です。
託児つきにて、子どもたちやママが安心安全に楽しく働けます。

{0A3E42EB-EF84-45D0-971F-3436F7DA7B77}



産前産後、不安定になりがちなママの健康や精神面をサポートし
初めての子育てで、わからないことだらけの育児をお手伝いできます。
女性専用のビジネススクール等、社員の仕事の力を上げる、ママ自身の成長のためのコンテンツの準備もしました。

{62E773BE-BF9D-4B15-9A86-8DFDB07DB223}


社会に、御社の中に
 ママの新しい働き方の選択肢を、メガミと一緒につくり出しませんか?

働くママを、もっと自由に!
皆様のお力をお貸しください。

人事総務、女性の活躍推進担当の方や
働き方改革のご担当者様にお知らせです。

来月のあたまに、株式会社Megamiにて
企業向け子連れシェアオフィスの見学会を行います。

ご共感いただいた方、
どうぞ見学会にお越しくださいませ!



【見学会】
3月5日(月)10:00〜16:00
3月9日(金)10:00〜16:00

イベントページはこちらです。


ホームページはこちら



どなたさまも、お気軽に子連れオフィスをご体感、ご見学くださいませ。

スタッフ一同、こころより
お待ち申し上げます!





こんばんは!
社長の小島です。


大津市の女性の活躍推進パート②
ということで

{9634CBDE-A359-401F-B6ED-B3CC8E6A9A59}


働き方改革のための今年度の委託事業「ホンネ座談会」の最終日の様子です。

{AD241905-9E1D-4963-8C34-B08019C1256D}

経営スクールの修了式が終わったら
大津市長とともに予約したタクシーにとびのり
ホンネ座談会の会場へGOです。

助けてくださった方々のおかげさまで、無事に全てが終わりました。

{261E6A26-9DD9-4708-82E2-D7AE0939D352}



働き方改革に取り組む、たくさんの大津市企業の代表者、女性の活躍推進の担当者の方々とともに
テーブルごとに深く考え、事例共有をし、対策を打ち出す時間。

{E2AED302-4BAC-4141-9553-72A1EBB4E63A}

{5E7B98BD-9C7E-4E18-9370-D80B7A01A9C6}

{9A136628-50F5-47FE-8879-A9CC7AA4952C}

{D9EF43A9-DE0C-408C-A899-6E1781022F03}


各社、愛が溢れる素晴らしい仕組みや提案、アイディアが飛び交い
皆様のプロジェクトスピーチに熱がこもります。

それぞれが大切にしたいものを大切にできる働き方の創出を、引き続き皆様と共に支えたいです。
微力ながら、頑張ります。

10ヶ月間、ありがとうございました!

{E7C77FA4-CF67-4F8B-9FC0-C50D0840E112}

{BB73631C-0DE4-42FF-8367-6C0ADFA65042}

{B4D67090-A6A1-43AF-8DDA-F3FB3731D2BC}




Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。