2011-04-13 23:57:46

木地固めとは?

テーマ:製作中!
先に写真でご覧いただきました木地固め とはどのような工程なのでしょうか。


木地固めとは、漆の特性を生かして木に浸透させて強化するのです。

極端な言い方をすると、木はスポンジみたいなものです。
生きたスポンジですね。硬い海綿体と考えてもいいですね。
長い間に呼吸をしていき、体積が減ったり変形したりするわけです。

それをより長持ちさせるためにその空間に漆を浸透させて、表面の密度を上げるのです。


この作業をすることによって、中のほうは木の本来の柔軟性を持たしたまま、外側は漆の補充により密度をあげて水分の出入りなどを減らすことにより変形をしにくくする効果が期待できます。

また、木→生漆(木地固め)→下地工程ということにより

直接 木→下地工程よりも塗料としてなじみがよいと考えられています。

ただし、これも一概には言えず、やり方を間違えると、かえって塗料の喰いつきを悪くする場合があります。きちっとした理解をして手順を踏まないといけないのです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

洛式☆京都碁盤さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿