Cannondale TOPSTONE APEX1で京都の雪山を走ってきました! | 京都→吹田 チャリンコ通勤!!

京都→吹田 チャリンコ通勤!!

京都から吹田までロードバイクで自転車通勤している自転車屋店員の日常をつづるブログ!!


テーマ:

今日は仕事が休み!

という事で、凄くひさびさに京都の北山方面までグラベルバイクで走りに行ってきました!

 

今日の相棒は店の試乗車、Cannondale Topstone APEX1です!

 

グラベル道までのアプローチがまず大変なんです!!

写真みたいな傾斜25%の登りでもバイクそのものの軽さと、40x42Tの軽いギア比、そんでロスの少ない剛性の高いフレームのおかげでスイスイです♪

 

貴船神社を越え、芹生峠方面をすすみます。

この傾斜でもしっかり走るバイクはうれしい!!

 

そらからシトシトと落ちてきていた雨も、このあたりにくると雪に変わりました。

 

そして芹生峠のピーク!

木々に雪が積もり、とても雰囲気が良いです!

 

フカフカに積もった新雪の上を走ってると結構気持ち良い♪

に轍はスリッピー!

 

急こう配な所だけ押しましたが、それ以外は結構乗れちゃいます♪

ただ、想定以上に雪が多かったので、今回は裏花瀬の方には行かず芹生の裏で遊んで引き返してきました。

 

今回使ったCannondale TOPSTONE、こんなバイクです!

2019年に発売されたモデルで、重量は実測10kg台。

 

最初からチューブレスレディ対応のリムとタイヤ、さらにチューブレステープがリムにまかれ、チューブレスバルブも最初からついてくるお得なパッケージです。

 

さらにドロッパーポストが標準装備なのです。

これ、結構重宝します!

 

急な上り坂の途中で、降りてくる車とすれ違うために足をつくと、高いシート高で再スタートって結構大変なんですが、シートを落とした状態で走りだしてシートを上げると再スタートは楽ちんです!

 

さらに、積雪した道路を下るときなんか、足が地面に着くシート高で走りたいのですが、そのために立ち止まってサドルの高さを調整する必要がなく、高いシート高と低いシート高のポジションを走りながらシームレスに変更できるのがドロッパーポストの魅力です!

 

グラベルバイクを使ってオフロードに入る人にはお勧めしたい装備の一つです!!

 

この40 x 11-42Tのギア構成も素敵!

舗装路を高速巡行するのには向かないですが、MTB的な使い方にはバッチリ向くギア構成です!

 

そしてSRAM APEX1の油圧式Discブレーキ!

以前雪山にカンチブレーキのシクロクロスで来た事があるのですが、ブレーキ利かな過ぎて死ぬかと思いました。油圧Discだと寒さで手の感覚がなくても、ブラケット部分を握って指1本でブレーキを引いていても、長い急な下り坂、余裕で下れちゃいますニコニコ

 

あとは、こういう所に来るならクランクブラザーズのエッグビータペダルですね!

泥詰まり・雪詰まりが無い!

もしクリート周りが雪まみれでも、ペダルに蹴りこめばクリート周りがクリーニングされてちゃんとキャッチしてくれます!

 

何とか落車無しで下山完了♪♪

 

降りた後は貴船神社の奥の院へ。

 

趣のある神社でした♪

 

こんな感じ。

 

このあたりだと、木陰に雪がちょっと残る程度であまり積もってません。

そんで実家に寄った後は、高校時代からの友人がお坊さんやってる寺へ。

ええ景色!

 

結構由緒正しいお寺なんです。

こんな1日でした♪

 

https://www.81496.com/jouhou/road/cannondale2019/15210.html

(Cannondale Topstone APEX1完成車のページ)

 

第一便で入荷した分は即完売。

今月第二便が入ってきます!(それも夏くらいに予約した予約枠の分!!)

ウチの店だけかもしれませんが、結構人気でサイズによっては予約枠無くなってます。今から予約するよりは早く入荷する在庫を押さえているので、ご興味ある方はぜひお問合せください!

 

また、来週末には試乗車をお店に戻すので、ぜひ乗りに来て下さい!

 

※次の水曜日にもう1回これ使って走るので、平日は店にありません!悪しからず!!

Leonさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス