BMC 2013年モデルのGF02☆ | 京都→吹田 チャリンコ通勤!!

京都→吹田 チャリンコ通勤!!

京都から吹田までロードバイクで自転車通勤している自転車屋店員の日常をつづるブログ!!


テーマ:
今日はBMC 2013年モデル ロードバイクのページを作っていました☆
もう少しで完成という所でギブアップあせる

2013年モデルに登場した自転車の中でユニークなモデルは、やっぱりコイツ!!
GF02(グランフォンド02)ではないでしょうかニコニコ

$京都→吹田 チャリンコ通勤!!
(BMC GF02 2013年モデル 105完成車)

何が凄いってこの自転車、振動吸収性が凄いのです☆
凄すぎて、ロードバイクというよりシクロクロスに近いですべーっだ!

$京都→吹田 チャリンコ通勤!!

バックフォークの幅は広く、ブレーキの制約がなければ700x35cのタイヤまで装着できます。
後述しますがDISCブレーキ仕様のGF02には幅35mmのタイヤを装着できます♪

$京都→吹田 チャリンコ通勤!!
チェーンステーは少し上あがりの珍しい形をしています☆

$京都→吹田 チャリンコ通勤!!

フォークもチェーンステーと同じくです☆
この形状は地面からの突き上げや振動を軽減する効果があり、また、ホイールベースが少し長くなるので安定感アップも狙えるようです。

$京都→吹田 チャリンコ通勤!!

そしてバックフォークを横から見るとこの細さ!!
地面からの突き上げを吸収するため、縦剛性を落とした結果このような形になりました。

先月、代理店のある名古屋まで行って、結構ガッツリ乗ってきたのですが...
中々面白い自転車なんですラブラブ!

舗装路を走ると、すこしマッタリしすぎている感があり、ロードバイクっぽくないなあせる
って感じます。

でも自転車を持った時の重さは、不思議と乗っている時にはあまり感じません。
ある程度キツい坂もスプロケットが11-32というデカいのがついているので、楽チンです♪

で、河原の未舗装路や草原を走ってみたのですが...
もう乗り味が完全にシクロでしたべーっだ!

試乗したのは105完成車だったので、タイヤ幅は28mmだったのですが...
アルミフレームながら地面からの突き上げをフレームが「ドムドム」と受け止めてくれるようなカンジなんです...

この自転車!!シクロに使いたいラブラブ!
でも28mmだとタイヤ幅がちょい細いかあせる

と思ってたら!!
DISCブレーキ仕様も発売されるそうです!!

$京都→吹田 チャリンコ通勤!!
DISCブレーキ仕様

コッチはデフォルトで700x35cのコンチネンタル シクロクロススポーツタイヤがついていて...
もう思いっきりシクロクロスの方向を向いている完成車ですラブラブ!

やっぱりこの自転車、ロードバイクじゃないんじゃね??

でも、街乗りをする時、段差があったり意外と地面からの衝撃や振動は多いもの。
さらに楽な姿勢をとりやすいGF02は、ロードバイク的な側面も持ちつつ、シクロクロスにも使え、自転車通勤にも最適な1台です☆

http://www.81496.com/jouhou/road/bmc2013/bmc.html
(BMC GF02のページ)

他にもBMCの2013年モデルのスペック、ジオメトリ、実写画像等を掲載しています☆
GF01、TM02、TM01はまだできていないので、実写画像のみですが...

もし興味あればチェックしてみてください☆

Leonさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ