"結婚式や披露宴では、ゲストにいろいろな依頼や手伝いを頼むことがあります。受付やスピーチ、余興、ウェルカムボードなど…。
多忙の中、時間をかけてスピーチや余興を準備してくれたり、ふたりのために時間と労力を割いてくれたゲストに対して、感謝の気持ちとして金一封あるいは金品に相当するものを用意しましょう。
結婚式に招待した側の礼儀として広く浸透している慣習なので、「知らなかった」ということはないようにしっかり準備しておきましょう。

 

 

 

 

 

 

スピーチを頼まれたゲストは、新郎新婦のために原稿の準備にかなりの時間を費やして当日に臨んでいるかもしれません。そのような労力に対して、感謝の気持ちを伝えましょう。

余興はたいてい披露宴がたけなわになるころに披露されます。
余興を頼まれたゲストは、会場に到着してから出番になるまで準備が必要なため、せっかくの料理もゆっくり楽しめないかもしれません。たとえ、気軽な余興であったとしても、自分の順番がくるまではゲストは落ち着かないことでしょう。そのような負担を考慮して「お礼」をすることは礼儀です。

 

スピーチや余興をお願いした友人・知人へのお礼の目安は、5000円~と言われています。
ごく親しい友人に頼むのが一般的ですので、あまり気を使わせないような品物を贈るといいでしょう。


ブーケやウェルカムボードを作ってくれた友人・知人へは、1万円から2万円が目安といわれています。制作時間と制作費を考慮してお渡ししましょう。女性へのお礼の品として、最近人気が高いのが化粧筆です。

 

京都六角館さくら堂のギフトは、5000円前後のお手頃なセットから3万円前後の豪華な化粧筆セットまで種類豊富に取り揃えております。
新郎新婦の晴れの日に華を添えてくれたゲストに感謝の気持ちを込めて化粧筆を贈ってみてはいかがでしょう?

 

 

 

 

 

 

結婚祝い・内祝いのお品特集はこちら

https://www.sakurado.kyoto.jp/hpgen/HPB/entries/1.html

 

 

六角館さくら堂 KYOTO オフィシャルサイトはこちら

https://www.sakurado.kyoto.jp/

 

 

 

 

 

結婚祝いに限らず、贈答品を贈るときに必ずと言って良いほど耳にするのが「熨斗紙」という単語。
かしこまった席での贈答品につけるものというくらいの知識しかない方も多いのではないでしょうか?
そもそも、「熨斗紙」というものは、”水引”と”熨斗”を紙に印刷した”掛け紙”のことを言い、熨斗紙は慶弔事にあたり、礼を尽くす姿勢を表すものです。

では、内熨斗と外熨斗、どのように使い分けるのがマナーなのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

外熨斗は、品物に包装紙を掛けた上から熨斗紙を掛けます。表書きがはっきりわかり、どんな目的で、誰からの贈り物かがすぐにわかります。
直接、先方を訪ねてお祝いを渡す場合や結婚祝い・出産内祝いは、外熨斗が一般的です。

 

内熨斗は、品物に熨斗紙を掛けた上から包装紙で包むため、お渡しするときには表書きが見えません。主に、内祝いに用いられます。

内祝いは、現在では、「お祝いをいただいたお返し」といった捉え方が一般的ですが、本来は、「自分に祝い事があったのでおすそ分けしますよ」という意味が込められており、相手の慶事をお祝いする贈答品ではありません。そのため、控えめな表現にとどめておきたい内熨斗が内祝いには適しています。
 

また、最近では、宅配便で贈答品を贈るケースも増えてきています。
宅配便を用いる際は、配送途中で熨斗紙が傷ついてしまわないように、内熨斗を選ぶほうが良いとされています。

 

 

 

 

 

 

京都六角館さくら堂では、お客様のご要望にあわせてご購入いただいた商品に無料で熨斗紙をおつけいたします。
結婚祝いや出産祝いなどのほか、さまざまなお祝い事(母の日や成人祝い、就職祝いなど)にご利用いただけるよう、5パターンの熨斗紙をご用意しており、外熨斗、内熨斗の指定も承っております。
商品をご注文の際に熨斗紙をご選択の場合、特に指定がないお客様には、内熨斗でお届け致しますので、配送中に折れたり破れたり、汚れたりする心配がありません。

これから、結婚祝いを贈る機会がある方は、上記のポイントをきちんと押さえておきましょう。

 

 

 

 

 

化粧筆をお祝いに送りませんか?

結婚祝い・内祝いのお品特集はこちら

https://www.sakurado.kyoto.jp/hpgen/HPB/entries/1.html

 

 

六角館さくら堂 KYOTO オフィシャルサイトはこちら

https://www.sakurado.kyoto.jp/

 

 

気温も高くなり、紫外線が気になるシーズンになりました。

日傘にアームカバーのフル装備で外出しても、なんとなく黒くなってきている気がする今日この頃…。


最近の化粧下地やファンデーションは、「崩れにくさ」や「毛穴カバー」など、カバー力が高いものをよく見かけます。

日焼け止めもどんどん高機能になり、こすれに強いものや、コントロールカラー効果があるものも…!

汗や皮脂に強いのはとっても心強く、ありがたいですが、1日の終わりにしっかり落とせていますか??
汚れの洗い残しは、お肌の上で酸化し、確実に毛穴に詰まり、古い角質がどんどん溜まり、肌のターンオーバーを狂わせてしまいます。

クレンジングだけでは落としきれなかった皮脂汚れは、『洗顔』でないと落とせません!

 

 

そこでおすすめなのが洗顔ブラシ

天然の山羊毛100%で出来た洗顔ブラシは、きめ細かい濃密な泡を作り出してくれます。

たっぷりと泡立てた泡で、お肌の上をマッサージするように優しく円を描くように動かします。

(毛先がお肌に当たらないように注意しましょう)

細かい泡が毛穴の汚れや、たまった角質を浮き上がらせ、スッキリ落としてくれます。

 

洗いあがりは、お肌がワントーン明るく感じ、化粧水がぐんぐん浸透していくように感じます。

翌日のお化粧の仕上がりが格段にUP♡

洗顔ブラシで「マッサージしながら洗顔」を取り入れてみませんか?

 

↓洗顔ブラシはこちらから↓

 

毎日の洗顔は、お肌を清潔に美しく保つために必要不可欠!
洗顔の方法にも様々ありますが、ブラシによる洗顔を試したことがありますか?
「ブラシ洗顔って肌に悪そう」「面倒くさそう」というイメージがありませんか?
実はブラシ洗顔はメリットがたくさんあるんですよ。



ブラシ洗顔のメリットは?
①ふんわりとした、きめの細かい泡が作れる
ブラシを使用して泡立てると、まるでホイップクリームのような空気を多く含む泡を作ることができます。
ふわふわと柔らかく、それでいてもっちり感もある泡は顔に乗せるととても気持ちいい!もちろん、肌へのダメージを軽減できますよ。
ボウルなどに洗顔料を気持ち多めに入れ、泡だて器で泡立てるように空気を含ませながら泡立てるのがポイントです。

②毛穴の中の汚れを掻きだし、毛穴が目立たなくなる
ブラシの繊細な毛で泡立てたきめ細かい泡が毛穴の奥まで入り込み、手洗顔では叶わなかった毛穴の黒ずみまできれいにかき出してくれます。小鼻の黒ずみにお悩みの方に最適です。
汚れがなくなった毛穴はキュッと引き締まるので、今までよりも毛穴が目立たなくなります。毛穴レスのつるつる肌へ。

③ピーリング効果でワントーン明るい肌に
また、ブラシときめの細かい泡のダブル効果で、お肌の古い角質をきれいに除去することができるので、優しいピーリング効果が期待できます。
古い角質がなくなることで、お肌のターンオーバーが促進されてきめ細かく、ワントーン明るい肌に導いてくれます。
化粧水などの美容成分の浸透率もグっとアップしますよ。

④マッサージ効果でリラックス&血行促進

柔らかな毛が使用されている洗顔ブラシで洗顔すると、今までに感じたことのないマッサージのような感覚に。
またマッサージするように洗顔ブラシを顔に使用することで、本格的なマッサージ効果が期待できます。この効果により、顔の血行を促し肌細胞が活性化されます。



注意点はあるの?
メリットがたくさんあるブラシ洗顔ですが、注意点もあります。

①長時間やらない
マッサージ感覚でついつい長時間洗顔してしまいがちですが、あまりにも長時間洗顔をしていると、肌を傷つけてしまったり、
必要以上に肌の潤いを奪ってしまう可能性もあります。手洗顔でもいえることですが、やりすぎには注意です。約1分で顔全体を洗い上げるくらいで、十分な効果が得られますよ。

②力を入れない
肌も洗顔ブラシも、とても繊細です。より効果を期待して力を入れてしまうとお肌にもブラシにもダメージを与えてしまうことがあります。
肌にブラシを押し付けないよう、優しく扱いましょう。

③ブラシは常に清潔にしておく
ブラシの使用後はすぐに洗い、乾燥させましょう。濡れたままにしておくと雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。

④まずは週1回から
初めてブラシ洗顔に挑戦する場合は、自分の肌の状態をしっかりと観察して週1回程度から始めてみましょう。
少しでも異常がみられたら、無理にブラシを使用せず、様子をみることも美肌作りの近道になりますよ。



ブラシ洗顔が適しているのは、こんな肌質の人!
ブラシ洗顔は、ゴシゴシと肌を擦って汚れを落とすイメージがありますが、正しい方法で洗顔をすれば、擦ることなく手洗顔より肌へのダメージの少ない優しい洗顔方法といえます。
そんなブラシ洗顔をぜひ、オススメしたいのはこんな肌質の人です!

①敏感肌の人
刺激の少ない化粧品などを選んだり、敏感肌の人は肌へつけるものに関して、人一倍気を遣っているのではないでしょうか?
もちろん、日々の洗顔にも気を遣いたいですよね。
そんな敏感肌の人に、ブラシ洗顔をオススメします。きめの細かい泡がクッションになり、肌に優しい洗顔を実現してくれますよ。

②脂性・混合肌の人
皮脂による肌のテカリやニキビ、毛穴の黒ずみなど、脂性肌や混合肌の悩みは尽きません。
しかし、皮脂が気になるからといって、洗顔のしすぎは逆効果。必要以上に皮脂を落としてしまうと、余計に皮脂分泌を促進させ、皮脂の過剰分泌になってしまいます。
脂性肌・混合肌の人こそ、優しい洗顔が必要なのです。敏感肌の人と同様に、ブラシ洗顔で優しい洗顔にシフトしましょう!


How to ブラシ洗顔
①洗顔料を泡立てる
ボウルなどに洗顔料を入れ、十分に水で濡らした洗顔ブラシで、ホイップクリームを作るように、空気を含ませながら泡立てる。手の上で泡立てる場合は、手の平全体を使うとGood!

②フェイスラインを撫でるように
口から耳の付け根はで老廃物を流すイメージで、撫でるようにくるくると滑らせる

③小鼻も毛穴も優しく
強く擦らず、ゆっくりとかき出すように細かく動かす

④おでこは中央から
おでこは中央からこめかみに向けてくるくると。髪の毛の生え際もしっかりと洗います。洗い残しはお肌の色ムラの原因になります。

⑤すすぎはしっかりと
泡のすすぎ残しがないように、たっぷりの水で泡を洗い流します。生え際も忘れずに!

⑥保湿はしっかりと。
化粧水や乳液などでしっかり保湿しましょう。ピーリング効果で美容成分の浸透力もぐんとアップしていますよ。
 

 

メリットがたくさんあるブラシ洗顔。正しい使い方をすれば、肌へのダメージもなく毛穴レスの美肌に導いてくれますよ。
夏に向けて、美肌の土台作りを今からはじめましょう!

 

洗顔ブラシはこちらから

 

こんにちは!六角館さくら堂KYOTOです。

今日は、洗顔についてのお話です。

 

誰もが当たり前のように毎日顔を洗っていますが、あなたは「正しい洗顔」で洗えていますか?
どんなに高機能、高発色の化粧品を使っても、土台となる素肌がきちんとケアされていないとお化粧ノリが悪くなったり、化粧崩れを引き起こすだけでなく、 間違った自己流の洗顔を続けていると、シミやしわ、くすみの原因となります。
普段やってしまいがちなNG洗顔と“洗顔ブラシ”を使った正しい洗顔のやり方をご紹介いたします。

 

こんな洗顔はダメ!普段やってしまいがちなNG洗顔。
●洗顔料をろくに泡立てず、ゴシゴシ力を入れて洗っている
●シャワーから直接出るお湯を顔に直接あてて流している
●朝はメイクしていないからぬるま湯のみでさっと済ませている
●2分以上かけて洗顔をしている

これらは、すべて間違った洗顔法!ゴシゴシ洗いやシャワーから直接洗っている場合は、お肌に過剰なダメージが与えられています。
特に、目元や口元などは頬やおでこよりも皮膚が薄いとされているため、色素沈着やくすみの一因になってしまいます。
また、シャワーの設定温度はお肌にとって熱すぎる場合がほとんど。32℃~34℃くらいが理想的。逆に冷たすぎる場合も、毛穴が開かず汚れがたまっていく一方です。

朝はぬるま湯で済ませているという方、意外と多いのではないでしょうか? 寝る前につけたスキンケア化粧品の酸化した油分や寝ている間に分泌した汗や皮脂で意外と汚れています。
なかでも皮脂の成分が常在菌の働きで分解されて「変性皮脂」というものに変化すると、肌のバリア機能や保水力が低下したり、毛穴が開く、キメが乱れる…などの肌トラブルを引き起こす可能性も。
毛穴の開きや吹き出物が気になる方は特に、朝でも洗顔料を使用してきちんと落としましょう。

洗顔にかける時間は1~1.5分と考えましょう。長時間、肌に洗顔料を付けていたり洗っていると、必要な角質層まで落としてしまい。乾燥する原因になってしまうことも。短時間でサッと済ませましょう。

 

洗顔ブラシを使って正しい洗顔方法を覚えましょう!

洗顔の一番のポイントは、肌に必要以上に摩擦をに与えないこと。
洗顔ブラシを使ってやさしくなでるように洗うと、過度な摩擦で肌を傷つけることなく洗えます。
以下の手順で優しく洗顔してみましょう。

①洗顔前にまずは手をしっかり洗いましょう。
手には雑菌や脂分が意外と多いってご存知ですか?きめ細かい泡を作るためにまずはしっかり手を洗いましょう。

②しっかりメイクを落とします。
ファンデーションや口紅、マスカラなど化粧品には必ず油分が含まれています。
油分を含んだメイク汚れは、きちんと“乳化”させて落としましょう。
特に、化粧崩れしにくい下地やファンデーションにはシリコンが含まれて洗顔料だけではとても落とせません。
クレンジングを肌になじませ、さらに洗い流す前に少し手を濡らし、クレンジング剤と水分を混ぜ合わせるイメージでなじませ“乳化”させてから洗い流しましょう。
目元などのポイントメイクは専用のリムーバーで落とします。ゴシゴシこすり落としは厳禁です!

③洗顔料をブラシで泡立て、もこもこ泡で優しく洗顔しましょう。
ブラシにしっかり水分を含ませ、手のひらにくぼみを作ってお茶をたてるイメージで泡を作ります。
洗う順番は、皮脂が多く分泌するTゾーン→ほほ→小鼻などのパーツの順番です。
目元や頬は、筋線維に沿うように左右に優しくなでるように洗います。
この時、毛先が肌に当たらないよう、毛の側面を肌にあてるイメージで、泡のクッションを利用して優しく洗います。
洗顔ブラシは、柔らかい穂先にたっぷりと泡を含んでくれるので力が分散されやさしく洗い上げます。
また、適度なマッサージ効果もあり顔の血行を促進し手では取りにくい小鼻などの細かい部分の汚れもスッキリ落としてくれます。

④すすぎはしっかり!洗浄成分を残さないよう念入りにすすぎます。
32℃~34℃のぬるま湯ですすぎます。バシャバシャと勢いよく洗ったり、ゴシゴシこすったりしないように!
生え際やフェイスラインなど洗い残しがないように注意しましょう。
ぬるつきがないくらいまでしっかりすすいだら、清潔なタオルで水気を取ります。
この時も、もちろんゴシゴシ厳禁です!

⑤洗顔ブラシの泡もしっかりすすぎ、水気をしっかり切りましょう。
ここで半乾きにして放置すると、雑菌が繁殖するだけでなく、洗顔ブラシの寿命も縮めてしまいます。

 

 

洗顔ブラシの間違った使い方

メリットいっぱいの洗顔ブラシですが、使い方を間違ってしまうとトラブルの原因になってしまいます。 

以下のNG例に注意して正しく使いましょう。

①洗顔ブラシ単品で使わない。
必ずもこもこの泡を作ってから使用してください。
濡れた毛先が直接肌に触れると刺激になり、角質を傷つけてしまいます。
特にお肌が弱い方は、この少しの刺激が原因で肌荒れを引き起こしてしまいかねません。

②しっかり乾かしてから使いましょう。
使用後に半乾きのままにしておくと、雑菌が繁殖してしまい、毛抜けの原因になってしまいます。
入浴時にも使えますが、浴室や脱衣所に保管しないようにしてください。
風通しの良い場所に穂先を下に向けて保管することをおすすめします。

③通常の洗顔料でお使いください。
洗顔ブラシは、洗顔料の濃密な泡と天然毛特有の細い毛先でお肌の汚れや古い角質を取り除きます。
もっと汚れを落としたいからと、スクラブ洗顔料やピーリング効果のある洗顔料を使ってしまうと
お肌の必要な角質を取りすぎてしまい、刺激やダメージを与えすぎてしまいます。

また、酵素入りの洗顔料は、たんぱく質分解酵素が入っています。

洗顔ブラシの接着部分にダメージを与え、毛抜けの原因になってしまいます。使用は控えましょう。


美しい素肌を手に入れるには、汚れをきちんと落とすことが何より大事です。
洗顔ブラシで正しい洗顔を習慣にして健康な素肌を手に入れましょう!

 

 

洗顔ブラシはこちらから

 

奥様へ感謝の気持ちを伝えられていますか?

一番近くにいて、様々な面でサポートしてくれる奥様。「ありがとう」という気持ちはあるけど、

照れくさかったり、気恥ずかしかったりとなかなか言葉や形にして伝えることができない男性は多いのではないでしょうか?
大切なパートナーへ感謝の気持ちを伝えるタイミングとして、「母の日」はぴったりですよ。

 

母の日に奥様へプレゼントを贈る男性が増えています。

 

「母の日」は自分の母親や義母に対して感謝の気持ちを伝える日じゃないの?と思う方も多いですよね。

しかし、最近では母の日に奥様へプレゼントを贈る男性が増えているんですよ。

また、「母の日にお子様以外でプレゼントをどなたから貰いたいか?」というお母さんへのアンケート調査に対して、
『夫』という回答が1位でした。

毎日、がんばっている奥様を労う日として、今年の母の日には奥様へ贈り物をしてみてはいかがですか?

 

奥様の気分が上がるプレゼントを選びましょう!

では、どんな贈り物が喜ばれるのでしょうか?
あまりにも大それたものを贈ると、奥様もびっくりしてしまうかもしれません。
母の日にはさりげない贈り物が喜ばれそうです。

毎日使うものを「格上げ」してあげるのがオススメですよ。
特に、メイク道具は毎日使うものなのに、なかなか見直しがしにくいものです。
いつも、化粧品に付属しているブラシや道具を使用している奥様に「化粧筆」を贈ってみましょう。
女性はメイクの仕上がりの良し悪しによって、1日気分が上がったり、逆に1日ブルーになってしまったりするものです。
奥様にはいつも気分良くいて欲しいですよね。
メイクは道具によって、仕上がりに大きな差が出ます。
化粧筆は「格上げ」しやすい道具なのでおすすめですよ。
特に、広島・熊野で作られる化粧筆は女子サッカー日本代表に贈られた品として有名で、女性の間で知らない人はいないほど。

でも、パウダー・チーク・アイシャドーなどたくさんの種類があり「どれを選べばよいのかわからない!」と困ってしまうかもしれません。
数本のセットを選べば間違いがありません。
また、使用している天然毛の種類によって価格にも幅があるので、気軽に贈りやすい価格帯もあります。
今年の母の日には、奥様の気分が上がるような贈り物を選んでみてはいかがですか?
上質な化粧筆をさりげなく贈ったら、奥様からの株もぐんと上がりますよ!

 

母の日に化粧筆はいかがでしょうか?
京都六角館さくら堂は、筆司が一本一本手作りで作るさくら筆のギフトをご用意しております。
お客様にご要望に寄り添ったギフトサービスをご提供いたします。ぜひご利用ください。

 

母の日特集はこちらから
母の日特集

 

 

今年の母の日は5月13日(日)💐

 

 

毎日忙しいお母さん。いつまでもキレイで元気でいて欲しいですよね。
そんなお母さんにお化粧の時間が楽しくなる上質な化粧筆を贈りませんか?

黒軸に桜柄をあしらったモダンなデザインが人気のセットをはじめ
母の日のギフトに最適なギフトセットをご用意いたしました。


今年は、質にこだわったプレゼントを感謝の気持ちと一緒に贈りましょう!

 

六角館さくら堂は、お客様にご要望に寄り添ったギフトサービスをご提供いたします。
ご希望の方は、カートよりレジに進んでいただいた後のギフト設定より、お選びください。
母の日の5月13日までにご到着をご希望の方は、5月8日(火) までにご注文をお願いいたします。

 

●母の日特集はこちらから
https://sakurado.kyoto.jp/contents/mothersday/

 

京阪シティモールに続き、京阪モール(京橋)でも六角館さくら堂KYOTO 初めてのPOPUP SHOPがオープン!

「京都×熊野」の文化が生んだ化粧筆ブランド 「さくら筆」を実際に手に取ってお買い求めいただけるチャンスです!
素晴らしい肌触りをぜひご体感ください。母の日のギフトにもおすすめ♪

 

ゴールデンウィークのお出かけ、ショッピングなどお近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りくださいませ。

 

場 所 : 京阪モール 1階
会 期 : 4月25日(水)~5月1日(火) 

営業時間:10時30分~21時(最終日のみ20時まで)

 

皆様にお会いできるのを楽しみにしております♪

 

 

●公式オンラインショップはこちらから

https://sakurado.kyoto.jp/