京都ラボblog

京都ラボblog

日本の古都・京都にオフィスを構える(株)VOYAGE GROUP・京都ラボのブログ

LABS7とは、全国6箇所と海外1箇所にそびえ立つECナビ(10/1よりVOYAGE GROUP)の開発拠点の総称である。

日本の古都、京都にオフィスを構える京都ラボ。

世界に新たなサービスを発信するべく、
日夜開発に取り組んでいる。


そんな京都ラボのビジョンと行動指針はこちら。


【ビジョン】
日常に溶け込むサービスを追求する

【行動指針】
わくわくを忘れない。
ユーザー目線の追求。
仲間に対して妥協しない。
想いやりと気配り。
日々の行動にはGOALを。
利益なくして持続なし。





人々の日常に溶け込み、

人々の生活をよりよいものへ。

ユーザーの目線で最高のサービスを。

仲間に、顧客に、ユーザーに、京都ラボに関わる全ての人に
想いやりと気配りを。

そして、わくわくを忘れない。



このような価値観を大切にしていきたい。

そんな想いからビジョンや行動指針が生まれました。



このBlogは
京都ラボの進捗状況だけでなく、
読者の方々の役に立つような情報を通して、
京都ラボの想いや価値観が伝わるように更新していきます。

どうぞよろしくお願い致します。


【HP】LABS7のHP

【Twitter】@kyoto_labs

【Facebook】京都ラボのファンページ

※サービスや仲間にアツイ想いを持った新メンバーを募集しています。お気軽にご連絡ください。
Amebaでブログを始めよう!

テーマ:

久しぶりです。

京都ラボの入口瞬です。



今月末に僕らがやらせて頂く

アツイな関西vol.2に関する記事を。

今回は僕がつらつらと書かせて頂こうかと。

かなり感情的かつ個人的な記事であること。



どうかお許しください。。。



$京都ラボのブログ



㈱VOYAGE GROUP様が。

学生だけでWebサービスを創ってみろと。

そのための開発拠点はこちらが用意すると。



それがここ、京都ラボです。



$京都ラボのブログ



そんな有難い、本当に有難い環境の下
僕ら学生6人はこのオフィスを行き来きし



そして



日々色んなことを議論し勉強させてもらってます。



$京都ラボのブログ-開発勉強会



もちろん。

僕らは大学生。

授業もあればバイトもある。

卒論・修論にも追われてます。

時間の合間を縫ってコミットメント。



$京都ラボのブログ



京都ラボって?

いつも何をしてるの?

友人からそう聞かれること。

うちのメンバーは少なくないと思う。



もちろん、答えは。

Webサービスを創るために奮闘してる。



これに尽きる。

けど今回は、イベントも仕掛けてる。



そしてそのどちらも
僕らはやりたいからやっている。

かつ、それは一人でやってるんじゃない。

みんなとやってるし、みんなとだからできること。



結局のところの答え。

それは「仲間と事を成す」



これなんじゃないかと、そう僕は思ってます。



力を注ぐ先が

コードを書くこと・イベントを打つこと

もちろんそれらに興味・関心があったのは大前提として

結局は学生の間に仲間達と「なにか」できたらいいなぁって。



その「なにか」の1つが、たまたま今回のアツかん2。

醍醐味はご縁のあったメンバーと一緒に創り上げれるってこと。



イベントのコンテンツはもちろん大事。

僕らはゲストさんにもお客さんにも満足してもらいたい。



けど、それ以上に。

まずは僕ら自身が誰よりもわくわくして

僕ら自身が満足できるようなそんなイベントじゃなきゃ。



そしてそんなイベントを

そんな素敵な時間と空間を

京都ラボとして僕らは創りたい。



今日は楽しかったと

今日は参加して良かったと

当日のゲストの方々の笑顔

そしてお客さんみんなの笑顔



綺麗事を抜きにして

そんな光景を眺めることが

僕らが「仲間」と「成」したい「事」なんです。



●●●●●●●●●●●●●●●



回のアツかんも

前回同様、豪華ゲストとなっております。



もはや奇跡です。



ご登壇を承諾して下さった
ゲストの皆様には頭が上がりません。



ほんとうに、本当に有難うございました。



ではではこの辺でイベントの詳細に移りましょう。



アツいな関西2012Winter~アツかんvol.2~

【テーマ】

人生におけるわくわくとは

【ゲスト】(敬称略・五十音順)

伊藤春香(はあちゅう)

$京都ラボのブログ

(株)トレンダーズ・キレナビ編集長

 http://ameblo.jp/haruka-ito/

上村康太

$京都ラボのブログ

シンクランチ(株)代表取締役副社長 (ソーシャルランチ運営、元Google Japan)

 http://www.social-lunch.jp/

・小賀昌法

$京都ラボのブログ

(株)VOYAGE GROUP 執行役員CTO(元Yahoo!JAPAN エンジニア)

 http://voyagegroup.com/

高木新平

$京都ラボのブログ

 昼夜逆転シェアハウス「トーキョーよるヒルズ」編集長

 https://www.facebook.com/YoruHill?sk=info

【定員】

100人(席に限りがございます。お早めにお申し込み下さい。)

【日程】

2/25(土)15:00-18:00

【場所】

同志社大学寒梅館・地下会議室A

詳細はこちら



どーん!



既にわくわくしてしまっているのは。



内緒です、はい。



●●●●●●●●●●●●●●●



今日のお昼に。



アツかん2の会場である寒梅館に

僕とゆーたろうとで行って参りました。



$京都ラボのブログ



他のメンバーは京大の院生で

同志社の学部生は僕らだけなんですね。



$京都ラボのブログ



だからどうとかではなく。笑



たまたま僕が同志社生だから

この場所を押さえることができた。



だとか。



京大出身のゲストさんが偶々いらっしゃることは

こちらとしても勝手ながら親近感を湧かせて頂けたり



だとか。



プログラミングができるから俺はコード書く

ほな俺はゼロからプログラミングの勉強する

じゃあ俺はサービスのプロモーションを考える

ほなほな俺はイベントの軸を1から考えてみる

じゃあじゃあ俺は新しいイケてる仲間を探してみる



だとか。



なんて言うか。



各々が出来ることを探して

そして各々がそれに取り組んで

もちろんみんなで補い合うし助け合う。



偶々集ったメンバーだけど

そんな偶然だとかご縁が混ざり合って

京都ラボのメンバーの1人として動いてる。



今日ゆーたろうがこぼした一言が印象的だった。



「馴れ合いとかじゃなくてさ

 本質的な付き合いってゆーんかな

 京都ラボで1年間やらせてもらえたこと

 ほんまに感謝してる、みんなに感謝してる」



僕が言うのも変ですが。

すっごく良いチームですっごく良い組織だと思ってる。



僕が今回こんなにも身内ネタで

自分目線なブログを書かせてもらった理由。



お熱いイベントしますよって。

お熱いゲストさんが来ますよって。



そして今回

そんなイベントを運営するのが

僕たち「京都ラボ」なんですよってこと。



それをゲストの方にもお客さんにも

ちょっとでもいいから知ってもらいたかったんです。






拝啓

アツかん2様



僕達は決してわくわくを忘れません。



僕らとゲストの皆さんと

そしてお客さんの皆さんが

わくわくわくわくしてる光景を。



どうか、どうぞ、お受け取りください。



from 京都ラボ一同



$京都ラボのブログ



同志社大学
 文化情報学部
  4回生 入口瞬



京都ラボ:twitter
京都ラボ:facebook

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス