気学の起源

1.気学の起源京都市で気学カウンセリングができる

起源は、8.000年ほど昔~
いつ種をまき、いつ肥料をやれば作物がよく育つのか?

という農業のために発達した占星術でした。

               
それを続けていくうちに、

人間の体や人間関係にも当てはまることに気づき、
体については、東洋医学となり、
人間関係については、帝王の学問「易」として

発展してきました。
さらに発展し、現代では「気学」と呼んでいます。

古代では、たくさんいる王子の中で、

誰を後継者にすれば国は安泰なのか?
戦争は勝てるのか?という

国にとっては死活問題を最後は

占いにより決定してきたので、
かなり精度のいいものになっています。

2.現代の気学

日本では、昭和40年までの首相は、

安岡という東洋思想家の

カウンセリングを受けていました。

終戦の勅諚は、安岡先生が草案を書きました。

3.けいらく堂の利用法


向日市 肩こり.腰痛.関節痛.マッサージスポーツ障害の経絡堂

からだにやさしい東洋医学をベースに

治療をしていますが

「病は気から」という言葉があるように、
「気の迷い」が、病気の原因になっていることもあります。
現代で言うストレスです。

ストレスのほとんどは、人間関係が原因です。

「気学」は、広い分野を予告しますが、
経絡堂では、主に恋愛、結婚、相性、職業選び、
など「人間関係を良くする」分野に的を絞りカウンセリングをします。
「人間関係を良く」していただければ、「気の迷い」が消えて、
気が丹田に落ちつく理想の姿となられ、治療効果も高まります。
あなたの更なる美と健康のために、

「気学カウンセリング」を提案しています。

例)この人との相性は?

 この仕事は、自分に合っているのか?

 どうすれば仲良く?

京都市で気学カウンセリングができる