GOOD NATURE STATION をご案内いただきました。 | 京都 癒しの旅

京都 癒しの旅

疲れているあなたへ京都で羽根を休めませんか?
案内人と巡る京都癒しの旅はまるでセラピーのようと言われています。


こんばんは。
京都癒しの旅案内人 下戸眞由美(おりとまゆみ)です。

昨日、安藤と河原町四条下るに昨年12月にオープンしたGOOD NATURE STATIONにお伺いしました。
1階のマーケットから、4階から上のホテルまで、ゆっくり詳しくご案内いただきました。

先ずはマーケットなどがある1階から。
image

image

ご説明いただいた中でとても印象に残ったことがあります。
・作り手が幸せになること
・買い手が幸せになること
・売り手が幸せになること


特に農家さんをはじめとする作り手さんとの良い関係を考えておられることが素晴らしいと思いました。

このトマトのみずみずしさ、伝わりますか?
ネーミングも面白く、「やりすぎトマト」
image

自然な甘味、酸味が最大限、引き出されています。
image

この隣にトマトジュースが並んでいたのですが、よ〜く見ると訳ありと。
お正月に向けて、冷凍されたものなので、作り手さんからみると甘さが足らないとのこと。
普通に飲むととっても甘いそうですが、こんなもんじゃないということで、正直に訳ありと書いてお安く売られていました。

この正直さがたまりません。

こちらはお醤油が出来上がる過程の様子。
だんだん、香りが変わっていくのがわかります。
image

2年以上の年月をかけて造られるそうです。
そういえば、先日の食の旅の時にも、手造りのお醤油は2年以上かかるとおっしゃっていました。

本物に触れる機会に恵まれ、こうして、話が繋がると飛び上がるぐらい嬉しくなります。

野菜や乳製品、納豆などの生鮮食料品も販売されていました。

このレモンはプレゼント用の小さなものとのことですが、私たちが初めて知ったこと。
なんと、伏見稲荷大社の近くで農薬不使用のレモンが栽培されているんですって。
この葉を折り曲げるとスカッとレモンの香りが漂います。
image

店頭で求めたものの、こんなに素敵なイートインスペースがあります。
image

ワインも飲めるのです。
image

こちらはRAWというスイーツ・ラボ・スタンド。
京都という土地で季節や文化を感じ、様々な旬の素材からインスピレーションで独自の新しいお菓子を造られているとのことで、個人的には柿の形をしたものの上の葉がお茶を使われていることにウルウルきました。

というのも、以前、茶畑のご案内をくださった方から、柿の木は茶摘みの時期を教えてくれるので、茶畑には柿の木があるおっしゃっていたからです。
先人たちの知恵はすごいです。
そして、こちらで柿と茶をコラボされていたことに感動しました。

image

こちらのスイーツは3階のカフェで食べられるそうです。

GOOD NATURE STATIONから目が離せません。
ホテルまでレポート続きます。
お楽しみに。


2月2日・3日にご案内する壬生寺の節分の様子、こちらに詳しく書いています。

京都癒しの旅京都癒しの旅
1,430円
Amazon