貴船神社への若菜神事、素晴らしいこと | 京都 癒しの旅

京都 癒しの旅

疲れているあなたへ京都で羽根を休めませんか?
案内人と巡る京都癒しの旅はまるでセラピーのようと言われています。

おはようございます。
京都癒しの旅案内人 下戸眞由美(おりとまゆみ)です。

今年も無事に貴船神社の若菜神事に参列が叶いました。

1月7日、寒くて雨の降る一日。


桂の御神木。
四方八方に枝が伸びて軽やかに世界が広がるイメージがあり、春にはハート型の葉が出てきて可愛らしいです。




手水の儀。
七草を浸した御神水で手と口を清め、本殿へ。

修祓の儀。
神事に先立ち、特殊神饌、神職様、私たち参列者をお祓いされます。

式次第にしたがい、神事が進みます。
写真撮影不可。

それはそれは有り難くピンと張りつめ、清らかな時間でした。

神事の後、直会では神職様と一緒に御内陣に供えられ下げられた七草粥をいただきます。

宮司様から「お足元の悪い中、お参りをありがとうございました」と何度も。

直会のあと、特殊神饌の説明をいただきました。
実際のお供えは干物の数がもう少し多いそうです。
五節供それぞれで内容は変わります。

上の絵馬は白馬(あおうま)の絵馬です。
これは宮中で白馬を引き回して天覧に供する『白馬の節会』と呼ばれるものに倣い、絵馬発祥にゆかりの深い貴船神社では、白馬を描いた絵馬を神前に捧げておられるとのこと。

御内陣には大きな絵馬を捧げておられるそうです。
年中の邪気を祓い除けるとされているとも。

いただいた説明書きには神社で行われる祭りは全てが祓いであり、祈りと感謝が込められていると書かれていました。


雨足が強くなってきた京都、例年より参拝されている方が少なかったです。

祓い清めていただき、スッキリした気持ちで一日一日を過ごせます。


貴船神社の気持ち良さが伝わりますように。

3月3日の桃花神事、ご一緒しませんか?


桃花神事のことも書いています。

京都癒しの旅京都癒しの旅
1,430円
Amazon