写真を一枚も撮りませんでした。 | 京都 癒しの旅

京都 癒しの旅

疲れているあなたへ京都で羽根を休めませんか?
案内人と巡る京都癒しの旅はまるでセラピーのようと言われています。

おはようございます。
京都癒しの旅案内人 下戸眞由美(おりとまゆみ)です。

東海、関東、東北地方の方、ご無事でしょうか?

今回の台風は風とともに雨も酷くて、被害に遭われた方のSNSを見て、心が痛みます。

これ以上、被害が広がりませんように。
皆様、命をお守りください。


昨日は先日の下見の場所へハイキングショートコースのご案内をさせていただきました。


途中で写真を撮っていないことに気づき、お客様にお尋ねしたら、適当に撮っているので大丈夫ですとおっしゃってくださり、その後も一枚も撮ることなく終了しました。


元々、写真は撮らないでというリクエストの場合はもちろん撮りませんでしが、昨日のように、自然な流れで一枚も撮らなかったのは初めてでした。


ずっとお客様と話していました。
ハイキングの途中も。


5年ぐらい前に東京で旅カフェをさせていただいた時にお越しくださった方。

「あの時、お客様ふたりでしたよね」
「途中から、もう少しお越しくださった記憶が」

いずれにしても、一緒にしましょうと場所を貸してくださったベルテンポトラベルさんが、お声掛けくださった方と、私を応援してくださる方だけの会でした。


昨日は、それから5年間の歩みやどうして京都癒しの旅なのかなどをずっとご質問くださっていました。


生きてきた道がすべて繋がっているのですね。


今、振り返ると確かに何一つ無駄な経験はなかったと思います。
今だからそう思えます。

将軍塚青龍殿の舞台から京都市内を見下ろし、あちらが京都御苑で〜などと。

スカッと澄み渡り、もう一つの展望台からはあべのハルカスまで見渡せました。


青龍殿から帰路は知恩院の鐘のところへ降りました。


最後はお茶タイム。
和のお店に行こうとしたら、70分待ち。

それでは私の好きなカフェにと。

「連れてきて貰わないと、ここにカフェがあることすらわからないですね」とおっしゃいましたが、京都は一筋入った人目につかないところにステキなお店があります。


お客様、お母様と息子さんのおふたりだったのですが、私が学ぶことばかりでした。


京都癒しの旅は詳しい歴史案内はしませんと謳っています。
初めて旅にお越しくださってどのように感じられたかなぁと思っていたところ、息子さんからいただいた言葉が嬉しかったです。


「青龍殿から京都市内を見た時、自分たちだけだったら、あ〜綺麗だなぁで終わったと思います。

でも、説明して貰えて良かったです。
特にガイドブックに載っていないこと。歴史の本にに載っていないことが聞けて良かったです


今の京都のことや、神社仏閣でない川や山のこと、とある会社の建物の話など、普段私たちが暮らしの中で知った話を楽しんでくださったようで嬉しいです。


そして、早速、次のリクエストをいただきました。

・京都四閣、芳春院呑湖閣の旅
・京町家で地元に受け継がれる食とめぐり逢う旅
・日本酒の旅


ありがとうございます。
実現させますので、楽しみにしていてください。

上の旅、旅仲間になってくださる方、ぜひご一緒くださいませ。

プライベート旅ではなく、皆様とご一緒を希望されていますので。


写真のないレポートにお付き合いいただきありがとうございました。



京都癒しの旅京都癒しの旅
1,404円
Amazon