おしょらいさんを迎えに行って陶器まつりへ | 京都 癒しの旅

京都 癒しの旅

疲れているあなたへ京都で羽根を休めませんか?
案内人と巡る京都癒しの旅はまるでセラピーのようと言われています。

こんばんは。
京都癒しの旅案内人 安藤加恵(あんどうかえ)です。

京都の今日は、38度。とても暑い一日になりました。
今日が最終日になってしまいましたが、六道さんに迎え鐘をつきに行ってきました。

image

六道珍皇寺付近は埋葬地で有名な鳥辺野に近いため、「六道の辻」といって、現世とあの世の分かれ道とされてきました。
たくさんの人が来ているからといって安心していると、突然ふっと冥界へ迷い込んでしまうかも・・・。
などと言われていますが、背筋がゾッとすることもなく、暑くて大変でした。

迎え鐘

image

毎年、おしょらいさんをお迎えに来られる方で早朝から長蛇の列ができているのに、今日は並ばずすんなり鐘をつくことができました。

image

槙の葉におしょらいさんを乗せて、陶器まつりへ。

image

最終日なので半額の品もあったり、お店の方とのやりとりも楽しいものです。

image

image

数少なくなった歩道橋の上から西の空を眺めました。

image

少し日が沈むと、心地いい風を感じましたが、この京都のまとわりつくような暑さ、わりと好きです。

image

明日からお精霊さんのために、特別に料理を作ります。
亡くなった義母がやっていたのを見よう見まねに何とかやっています。
色々教わりましたが、当時はまだまだ先のことと適当に聞いて覚える気もなく、今となってはごめんねぇ、ええ加減やけど許してねと思いながらお供えしています。

16日の送り火まで、お盆の行事を楽しみたいと思います。
皆さまも楽しいお盆をお過ごしください。

五山の送り火のことも書いています。
この日で京都の夏は終わります。そう思っているのは京都人だけでしょうか。

京都癒しの旅京都癒しの旅
1,404円
Amazon