【レポート】坂井画伯ご案内の菊水鉾特別プラン | 京都 癒しの旅

京都 癒しの旅

疲れているあなたへ京都で羽根を休めませんか?
案内人と巡る京都癒しの旅はまるでセラピーのようと言われています。


テーマ:
こんにちは。
京都癒しの旅 案内人 下戸眞由美(おりとまゆみ)です。


昨日は坂井画伯ご案内の菊水鉾特別プランの旅。
なんと38.7度という灼熱の中、美味しいものを食べながら坂井画伯のレクチャーを受け、涼しいところで休憩たっぷりの一日でした。


こちらが菊水鉾。
唐破風型の屋根に御簾(みす)が掛かっている鉾は菊水鉾だけです。


まずは膳所漢 ぽっちりさんでふかひれ美人膳を。


坂井画伯のここには書けないような京都の話が次々と。
お客様、うなづきながら大笑いです。


もう一つ菊水鉾の特別なこと、お茶席があるのです。
祇園祭の菊水鉾の和菓子 したたりと抹茶。




御神体の菊慈童に手を合わせます。


坂井画伯が描かれた扇子。
家宝にします。


みんなで鉾にも登りました。


ここでまた、ブレイクタイム。
アイスコーヒーを飲みながら、坂井画伯の不思議なご縁の話を聞かせていただき、一同うなづきなから、幸せを噛み締めます。


身体もひんやり、落ち着いたところで、再度鉾町へ。
坂井先生とはこちらでお別れ。ありがとうございました。


お囃子を聴きに菊水鉾に戻ります。
菊水鉾のお囃子をお楽しみください♪



次に山伏山にて、茅の輪くぐりをします。


お宝を拝見。


こちらは新町通の放下鉾。
電柱の上の部分に黄色いネットが掛かっています。
これは山鉾巡行の時に鉾に当たらないようにするためです。細い新町通を巡行するのは至難の業です。


四条通へ戻り、またブレイクタイム。
とにかく休まないと危険ですので、ゆっくり座って水分補給をします。


もちろん、祇園祭や京都の話をしますよ。


最後に祇園祭前祭(さきまつり)山一番を引き当てた蟷螂山(とうろうやま)。
屋根の上のカマキリがユーモラスで人気です。


四条烏丸にて昼の部を終了。
夜の部につづく。


京都 癒しの旅 案内人 下戸 眞由美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント