【ご案内】3月11日(日)・16日(金) 城南宮のしだれ梅と水とお酒のまち伏見を満喫する旅 | 京都 癒しの旅

京都 癒しの旅

疲れているあなたへ京都で羽根を休めませんか?
案内人と巡る京都癒しの旅はまるでセラピーのようと言われています。


テーマ:
こんばんは。
京都癒しの旅案内人 安藤加恵(あんどうかえ)です。

センター試験も終わり、もう春がすぐそこまで来ていますね。


日差しも柔らかくなる頃、豪華絢爛な枝垂れ梅を愛でにいきませんか?

城南宮のお庭の150本のしだれ梅がうすべに色や紅白の花を装い、春の訪れを告げます。

image

侘助という椿も。

image

苔の上に椿、向こうの梅。
これは是非とも生で観ていただきたい。
平安時代に思いを馳せ、息を飲む美しさです。

image

城(平安京)の南にあることから「城南神」と呼ばれた城南宮。
白河天皇が鳥羽離宮(城南離宮)を造営してからはその一部となり、代々の天皇や上皇の行幸がしばしばあり、また後代になると京都御所の裏鬼門を守る神となったことから貴族の方違の宿所となり、方除けや厄除けの神としても信仰されるようになりました。

image

城南宮参拝のあとは、かつては「伏水」と表されたほど、良質な水源に恵まれてきた水のまち、伏見へ。
酒蔵のある町並みを地元人安藤がご案内致します。

image

お昼は地元に愛され続けている大人気の創業340年の老舗蔵元直営の鳥料理店へ。

image

名水 白菊水、神聖の生原酒、柔らかい口当たりのお酒もお楽しみいただけます。

伏見にはたくさんの名水があります。

image

当日は水筒、ペットボトルなどお持ちくださいね。
お茶を入れてもお料理に使っても一味違うと思います。

伏見は歴史のロマンあふれる街でもあります。
坂本龍馬が襲撃された寺田屋。伏見の町を坂本龍馬も駆け巡っていたのでしょうね。

image


しだれ梅と伏見散策、ご一緒しませんか?
皆様のご参加お待ちしております。



城南宮のしだれ梅と水とお酒のまち伏見を満喫する旅

【日時】3月11日(日)・16日(金)9時40分〜16時頃

【コース】京都駅→城南宮→北向山不動院→竹田駅→近鉄桃山御陵前駅→鳥せい→大倉記念館→長建寺・寺田屋など伏見散策
京阪伏見桃山駅または近鉄桃山御陵前駅にて解散。
(お帰りの経路は、ご案内いたします。)

【集合場所】JR京都駅2階西口改札前「時の灯」前 9時40分集合(集合までにお手洗いなどお済ませください)
https://www.jr-odekake.net/eki/img/premises/0610116.pdf


【参加費】19,800円(移動費、梅苑入苑料、ランチ代、保険代、企画手配添乗代含む)

【キャンセルポリシー】こちらをお読みください

【お申し込み・お問い合わせ】こちらのフォームからお願いします。






京都 癒しの旅 案内人 下戸 眞由美さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント