【レポート】京都癒しの旅ならではの特別旅*比叡山延暦寺、三井寺と法明院 | 京都 癒しの旅

京都 癒しの旅

疲れているあなたへ京都で羽根を休めませんか?
案内人と巡る京都癒しの旅はまるでセラピーのようと言われています。


テーマ:
風の冷たい寒い一日になりましたね。

こんばんは。
京都癒しの旅の案内人 安藤加恵です。


12月9日(土)、坂井画伯とめぐる世界遺産シリーズ、比叡山延暦寺と三井寺で襖絵を拝見する旅に行ってきました。

それはそれは思い出に残る 大変奥深い、また参加者の皆さんに会いたいと思う素敵な旅になりました。

{B67F09C1-2A9B-430A-B6BF-DF3BE7D64CC0}


京都駅で集合し、小型バスで比叡山へ。
車中で坂井画伯のおもしろい延暦寺の説明、お話上手でいらっしゃるので、笑いあり ナルホド納得と思える話が盛りだくさん。


比叡山を登っていくと、そこは銀世界。
{52DE99A1-CB22-4437-A35E-4441654B2C93}

{B58C5831-1650-40AB-A014-676F9CE4ACA7}

凍りそうでした。ピーンと冷えた空気が心身共に引き締まり、修行場と感じるのに相応しい雰囲気でした。

{A0CDEA71-D695-4EBE-A089-583ADDE145BA}

根本中堂から文殊楼への階段。おーーっ、ここ登るんですか? なんて声もチラホラ。

{BEACCCCB-5932-4B42-BBBF-0BDDC099297A}

がんばって皆さん登りました

{A6786CBA-A14F-4B19-8A23-EEF8FFAB192B}

{3531BFA8-AEEF-4942-A3C7-D23A916CB6E9}


根本中堂の薬師如来の前に座った時の気持ち、うまく伝えられませんが、上を見上げるではなく、同じ目線、目の前に祀られてるのは素晴らしかったです。

不滅の法灯。1200年の時を超えて輝き続けています。すごいです。

ゆっくりと東塔をめぐり、西塔へ

{0C7FE50C-3FA1-43D5-B9BB-124385D8FFC8}

本尊が33年ぶりに御開帳。そして比叡山最古の建造物の内部が今はじめて開かれる。

今回、このような機会に恵まれ、最初で最期になるかもの内陣も拝観。

{597FA1A9-75FF-4242-873D-17217E2479DD}


私が思った事。
坂井画伯と癒しの旅にご参加くださったお客様とご一緒させてもらったからこそ、とても素晴らしい旅になったということ。
とても雰囲気が和やかで、終始穏やかな時間が流れていました。
感謝の一言につきます。

{090FFC2F-37D5-4203-8685-246A336E4520}

{92887E58-6D1A-4EAA-A45B-3FD6CF672AFF}

まだまだ旅は続きます。

三井寺には何度も行ってますが、今回のこの旅で行った三井寺は、素敵すぎました。
やはり、誰と行くかですよね。

{2500ECC9-DB39-4F13-8514-68D7084C9998}

三井寺編はレポート②につづく。
お楽しみに。



京都 癒しの旅 案内人 下戸 眞由美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント