インド仏跡巡礼(39)/サルナート④ 釈尊の“教え”四諦 | 創業280年★京都の石屋イシモの伝言

創業280年★京都の石屋イシモの伝言

◆京都の石屋 石茂 芳村石材店◆部録/石のセレナーデ
 京都 石のある風景/京都・石仏散歩/折々の京都
 京のヨモヤマ/京都のディテールなど徒然に。


テーマ:

前回、釈尊(ブッダ)は、「中道」こそ、聖者が選ぶべき道だと
修行者達に、自らの実体験を踏まえ、解り易く説いた。そして、

この「中道」を歩む為には“人生は全てが苦(一切皆苦)”だと
云う真理を得ることが大切であり、さらに、そこを起点に展開
される“教え”「四諦/したい」を学び、実践する事が必要だ。

と話が進み、今回はその「四諦/したい」について、釈尊は語る。

                             

釈尊、トイレ休憩から戻り、衣で手を拭きながら、開口一番。

「人生は全てが“苦”なんドス。え~ナンデ、苦なん?ちゅう
 皆さんのお顔に応える“四諦の真理”について話します」

                 ▼
【教え2】「人生=苦」の真理を四諦に学ぶべーし!。釈尊曰く…

「え~まず四諦とは、①苦諦、②集諦、③滅諦、④道諦の総称
 やけど、諦はアキラメでは無く、シンリちゅう意味。ドス」

「つまり、人生は全て苦やけど、その“苦に関して四つ真理”
 があるっちゅうことドス。ほなら、順番に説明をしますえ」


【①苦諦/くたい】とは
「え~人生には、誰も避けられヘン、四つの苦しみがあります」

「それは、生・老・病・死、ドス。これは科学が、ナンボ進歩
 しても、どなたさんも避けられへん、人生の苦しみ。ドス」

「他に、愛する人との別れ、嫌な奴との出会い、望んでも得られ
 ない苦しみがあり、要するに、人が身体に感覚や感情や思考を
 備えて生きる事が、そもそも“苦”やデ。ちゅうのも含めて…」

四苦八苦と申します」「ハイ、知ってる四文字熟語、ドスエ」

「つまり人生は四苦八苦であり、生きる事は全てが苦(一切皆苦)
 である。ちゅう真理(苦諦)を原点に置く事が、重要なんドス」

 

「人は元々、自分では制御できひん“苦”を背負ってるちゅう事」

「あ~そこの君、寝たらアキマヘン」思わず、目をむく修行者B。

「ところで、この苦にも“苦が生じる原因”があるんやけどー」

【②集諦/じったい】とは
「その原因って、なんやろ?」サッと目をそらす、修行者D。

「答えは~、人の欲(煩悩)が作る“執著/しゅうじゃく”ドス」

「食欲、睡眠欲、性欲などの本能的欲と、財産欲、名誉欲などの
 五欲が、モノへの“執著”を生んで、心の苦しみとなるんドス」

「手にした成功や財産を失いたくない。いつまでも綺麗でいたい。
 ちゅう思いが強いと、失うことの恐怖が、心の苦痛となるように、
 モノへの“執著”が強く、多く集まると“苦”が生まれるんドス」

「この“苦”の原因は“執著”ちゅう、真理が、集諦なんドス」

【③滅諦/めったい】とは
「ちゅう事は反対に“執著”がノウなったら、人の“苦”もノウなる
 (滅する)ちゅうわけで、この真理が、滅諦と申します。ハイ」

「つまり悪い結果に繋がる、悪い原因を無くしたら良い。ちゅう事」

「B君も説法中に寝とったら、悟れまへんえ」
思わず、目をむく修行者B。

【④道諦/どうたい】とは
「そして、この“執著”も、行いで無くせる(滅する)ことができる、
 ノウハウ(修行法)がありますよ。ちゅう真理が、道諦。ドス」

「さらに、この道諦の道こそ、聖者が歩む正しい道、中道であり、
 その正しい道を歩む為の、八つのノウハウ(修行法)が八正道。ドス」

「さ~て、この釈尊オリジナルの修行法である“八正道”ですが~」

                                 ◆

と、釈尊の説法は、いよいよ核心に迫る。のだが、今回の連載ブログ
「インド仏跡巡礼」では、ここまでにしておきたい。何故?なら、

あと一回で、本ブログも40話。取あえずこの切の良さで「インド編」は
完結したいと云う、勝手な理由と、続いて、最近訪れたミャンマーに
ついて話す「ビルマ仏跡巡礼」へと、連載を移したいからである。が

本当の理由は、釈尊の最初の教えとされる、原始仏教については、
もっと丁寧なアプローチと考察で、内容を探りたいと考えており、

さらに。釈尊が生まれた時代とも、国とも、社会構造や人種とも、
全く異なる、今の日本の中で、釈尊の教えが、どのように活かされ
るのかと云う、メンドクサイ事も含めて、次の「ビルマ編」の後で、

凡夫なりに、まとめられたら良いな、と思うからである。

とか何とかで、やっと次回は、ヤレヤレの最終話である^^。


最終話/インド仏跡巡礼(40)へ、続く


 
美しすぎるブッダ。ドス (in Myanmar)

創業280年★京都の石屋イシモの伝言(by ishimo)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります