AIで色々な事が変化する時代とはわかってはいますが、

基本手仕事である美容師の仕事にそこまでの変化はあるのか?

シャンプーがオートシャンブーが開発されても、まだ手で洗ってもらう方が気持ちいいと言っていただきましたし、人間の生え際は個人差もあるので、隅々までとなると、機械ではとおもうところもありました。

今から25年ほど前に、シャンプーをしっかりする事がヘアースタイルを綺麗に保上でも、健康のためにも大切だと伝えている方わら、冬は赤ギレで指先に力が入らない、シャンプーが辛いとの言葉を聞き、当時、介護グッツとして売られていたシャンプーブラシを紹介して、喜ばれていました。

その後、ネイルをする若い方にも人気になり、今ではドラックストアの定版商品になっています。

そんな中、数年前から紹介はされていたものの、値段が高くそんなに需要があるのかなあと疑問に思い、取り入れていなかった商品があります。

世界17か国で販売されている、シャンプーブラシ。

税込み5720円

バックシャンプーになって独得な洗いがってもあり、一度使ってみようと、使ったところ、艶、手触り、ボリュームアップ、ちょっとしたクセ毛でもさらされになる!

びっくりしました。

シャンプーにテクニックも何もいらない時代が来たのかと。

髪をぬらして、シャンプー材をつけ、軽く泡立てたら、ひたすらとくだけ、さらにロングヘアーの方は毛先までしっかりとくことで、サラサらつやつやになります。

ヨゴレ落ちも早い。優れものでした。

進化する道具は大阪万博に急速に進化しているように思います、未来どこまで進化していくのか?

ワクワク止まらない。

 

AIで色々な事が変化する時代とはわかってはいますが、

基本手仕事である美容師の仕事にそこまでの変化はあるのか?

シャンプーがオートシャンブーが開発されても、まだ手で洗ってもらう方が気持ちいいと言っていただきましたし、人間の生え際は個人差もあるので、隅々までとなると、機械ではとおもうところもありました。

今から25年ほど前に、シャンプーをしっかりする事がヘアースタイルを綺麗に保上でも、健康のためにも大切だと伝えている方わら、冬は赤ギレで指先に力が入らない、シャンプーが辛いとの言葉を聞き、当時、介護グッツとして売られていたシャンプーブラシを紹介して、喜ばれていました。

その後、ネイルをする若い方にも人気になり、今ではドラックストアの定版商品になっています。

そんな中、数年前から紹介はされていたものの、値段が高くそんなに需要があるのかなあと疑問に思い、取り入れていなかった商品があります。

世界17か国で販売されている、シャンプーブラシ。

税込み5720円

バックシャンプーになって独得な洗いがってもあり、一度使ってみようと、使ったところ、艶、手触り、ボリュームアップ、ちょっとしたクセ毛でもさらされになる!

びっくりしました。

シャンプーにテクニックも何もいらない時代が来たのかと。

髪をぬらして、シャンプー材をつけ、軽く泡立てたら、ひたすらとくだけ、さらにロングヘアーの方は毛先までしっかりとくことで、サラサらつやつやになります。

ヨゴレ落ちも早い。優れものでした。

進化する道具は大阪万博に急速に進化しているように思います、未来どこまで進化していくのか?

ワクワク止まらない。

 

ヘアースタイルにもとめるものとして、持ちの良さや、変化のつけやすさ、などがあります。

持ちがいいヘアースタイルは、段差がなく、パーマもかかっていないスタイル、例えばボブ。

変化がつけやすいヘアースタイルは、段差があり、流したり、おろしたりして、気分でスタイルを変えられるもの、レイヤースタイル。

似合わせ方の前に、なりたいイメージをお伝えいただくことが大切です。

シャープで大人なイメージ。優しいイメージ。

大まかに言えば。

大人なイメージなら、ボブ。

優しいイメージなら、丸いシルエット。

前下がりのボブは一番シャープな感じといえますし、逆に前上がりのラインならシャープさは薄れ、優しいイメージに変わっていきます。

そういった考え方を組み合わせでスタイルつくりをしていきます。

さらに、ほほ骨の位置、あごのライン。

人間は左右対称の顔ではありません、利き目や利き耳があり、どうしても、どちらか片方の奥歯でより多く噛む癖があることで、左右の発達は違います。

美容師は定規で切るように正確になっとするのではなく、そういった左右の差が目立ちにくいように、頭の形が自然に見えるようにカットしています。
お客様のご希望の長さより、少し長いほうがいい場合や短いほうがいい場合もあります。

好きなヘアースタイルが似合うスタイルとは限りませんが、素のイメージに合わせて、似あう長さを調節すれば、自分スタイルが生まれるかもしれません。

相談をして自分スタイルを見つけてください。