京都大賞典の予想(2017)┃出走馬やサイン・過去データ考察

京都大賞典の予想(2017)┃出走馬やサイン・過去データ考察

2017年10月9日(祝・月)に開催される「第52回 農林水産省賞典
京都大賞典(GII)」に関する予想や出走馬の見解について書いています。


テーマ:

10/9(月)京都11R・芝2400m(別定)にて
《京都大賞典》が開催されます。

 

 




秋の京都競馬開幕週の名物レース。

中長距離戦線のさらなる高みを目指し
出走馬達がしのぎを削る。


果たして2017年の覇者に輝くのは
一体どの馬なのか!?


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


まずは出走馬を見ていきましょう。

 

 

===========
京都大賞典の出走馬
===========


枠 馬番 馬名 斤量 騎手
1 1 プロレタリアト 54.0 差 杉原誠人
2 2 サウンズオブアース 56.0 差 横山典弘
2 3 シュヴァルグラン 57.0 差 デムーロ
3 4 スマートレイアー 54.0 先 武豊
3 5 ミッキーロケット 57.0 差 和田竜二
4 6 ヒットザターゲット 56.0 追 小牧太
4 7 フェイムゲーム 57.0 差 ルメール
5 8 トーセンバジル 56.0 追 岩田康誠
5 9 アクションスター 56.0 差 松若風馬
6 10 ラストインパクト 56.0 差 浜中俊
6 11 バロンドゥフォール 56.0 追 古川吉洋
7 12 カレンミロティック 56.0 先 池添謙一
7 13 ハッピーモーメント 56.0 先 藤岡康太
8 14 レコンダイト 56.0 差 北村友一
8 15 マキシマムドパリ 54.0 差 藤岡佑介


以上、出走馬15頭になります。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


==============
人気上位が予想される注目馬
==============


シュヴァルグラン

天皇賞・春の2着馬。

宝塚記念で重い馬場に苦しみ8着に
敗れた後は休養して英気を養った。

今回の鞍上は初コンビのM.デムーロ。

開幕週の馬場、得意の外回りなら
末脚を活かした本来の走りが出来る。

いまだ成長を続ける実力馬が、
秋初戦から万全の態勢で勝負に挑む。


ミッキーロケット

前走の宝塚記念は6着。
2走前の大阪杯も7着に敗れた。

春のG1戦は結果が出なかったが
苦手な舞台でこの馬本来の能力を
存分に発揮できなかったのも事実。

今回は京都外回りで、
のびのびと走れる得意コース。

重賞初制覇の美酒に酔った淀で
春の悔しさを晴らしたい。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


サウンズオブアース

有馬記念・ジャパンカップで2着の
実績を持つも、未だ重賞勝利が無い。

前走の札幌記念(4着)では
初の洋芝、小回りコースにも対応し
悪くない内容のレースだった。

今回は距離延長、外回りコースと
条件は揃っているし、開幕週の速い
時計の決着にも不安はない。

17度目の重賞挑戦になる無冠の帝王が
悲願の重賞初制覇へ向け視界良好だ。


スマートレイアー

7歳牝馬ながら未だに第一線で
活躍を続けている古豪。

春のヴィクトリアMで4着。

そして京都記念ではマカヒキに
先着して2着と決して侮れない存在。

エリザベス女王杯に向けて、
同じ淀の舞台で白い馬体を躍動させたい。

一気に秋の主役へと駆け上がる。


トーセンバジル

昨秋にオープン入りしてからは
歯がゆい競馬が続く。

前走・新潟記念(7着)は展開、
コース取りがかみ合わなかったが
それでも上がりは最速。

京都外回り2400mなら前半はゆったり
運べるのでコース替わりは歓迎。

ひと叩きされて活気も十分。

在厩調整で状態も上がっているので
変わり身を期待したい。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


============
過去10年のデータ考察
============


まずは過去10年の各種データを見ていきましょう。


~~~~~~~~~
人気データ考察
~~~~~~~~~

1番人気【3-2-1-4】
2番人気【2-1-3-4】
3番人気【2-0-1-7】
4番人気【1-2-1-6】
5番人気【1-0-1-8】
6番人気【0-3-1-6】
7~9番人気【0-2-2-25】
10番人気以下【1-0-0-20】


3着内30頭中15頭が1~3番人気で
基本的には人気サイドが強い競馬。

ただし、2012年・13年は大荒れ。

穴馬の傾向としては重賞連対実績の
ある馬による好走傾向が高い。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


~~~~~~~~
枠データ考察
~~~~~~~~

1枠【2-1-1-6】
2枠【3-0-1-6】
3枠【0-3-1-8】
4枠【0-0-2-11】
5枠【1-0-1-12】
6枠【2-1-1-9】
7枠【1-2-2-14】
8枠【1-3-1-14】


1コーナーまで約600mと直線が長いため
枠による有利不利はほぼ無い。

データ上では中枠の成績が悪い。


~~~~~~~~~
脚質データ考察
~~~~~~~~~

逃げ【0-0-0-11】
先行【3-5-6-18】
差し【5-2-4-23】
追込【2-3-0-27】
マクリ【0-0-0-1】


先行・差しが中心だが、
3コーナーの坂の下りで加速されて
直線へ入っていくので、

はやい上がり勝負となることが多く
切れる脚のある馬が活躍しやすい。

後方一気の極端な追込みは厳しい。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


==========
予想情報局の総括
==========

秋のG1に向け有力馬が集まる当レースは
京都芝2400mで行われる。


コースの傾向としては、
枠による有利不利はほとんど無く

速い速度のまま直線に入る事が多いので
上り勝負になりやすく
差し・追込みが比較的決まりやすい。


過去10年のデータを見ていくと
4~5歳馬の活躍が目立ち、それ以外は苦戦傾向。


また、有力馬の出走が多いので、
やはり前走G1出走馬組が中心となる。


特に好走した馬はこのレースでも
好走していることが多いが、
巻き返しが全くないわけでは無い。


また、京都で好走した実績の
有無も重要な要素となる。


よって、京都での実績があり、
~~~~~~~~~~~~~
前走G1を走った4~5歳馬を中心に
~~~~~~~~~~~~~~~
予想を構築したいと思う。
~~~~~~~~~~~

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!

 

 

本命は【ミッキーロケット
============

京都での実績は十分。

4歳という年齢もデータに合っている。


対抗は【シュヴァルグラン
============

前に行きすぎた前走の反省を生かしたい。


以上を加味した馬券戦略は

◎:ミッキーロケット
◯:シュバルグラン
▲:トーセンバジル 
△:サウンズオブアース
△:マキシマムドパリ 



◎と〇を中心に手広く流したい。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!

 

 

 

P.S.

 

最新の競馬ニュースをお届けする
Line@が遂にスタートしました!

ココだけの限定情報が盛り沢山。

下記リンクよりお友達追加して頂き
限定情報を完全無料でお受け取り下さい。

⇒ https://goo.gl/ugA81i

 

 

P.S.2

また、下記の無料アプリや各種SNSでも

競馬ニュースをリアルタイム配信しております。

【無料アプリ】
https://goo.gl/kmm86A

【Facebook】
https://goo.gl/qFdToS

【Twitter】
https://goo.gl/V5XAhv

【LINE@】
https://goo.gl/ugA81i

 

こちらも併せてフォロー頂けますと幸いですm(_ _)m


テーマ:
10/10(月)京都11R・芝2400mにて
《京都大賞典》が開催されます。





秋の京都競馬開幕週の名物レース。

ビッグレースに照準を合わせた
トップホース達が集結。


果たして2016年の覇者に輝くのは
一体どの馬なのか!?




まずは出走馬を見ていきましょう。


===========
京都大賞典の出走馬
===========


枠 馬番 馬名 斤量 騎手
1 1 キタサンブラック 58.0 先 武豊
2 2 ファタモルガーナ 56.0 差 浜中俊
3 3 アドマイヤデウス 56.0 差 岩田康誠
4 4 ラストインパクト 56.0 差 川田将雅
5 5 タマモベストプレイ 56.0 先 藤岡康太
6 6 ヤマカツライデン 56.0 逃 池添謙一
7 7 アクションスター 56.0 差 北村友一
7 8 サウンズオブアース 56.0 先 M.デムーロ
8 9 ヒットザターゲット 56.0 差 小牧太
8 10 ラブリーデイ 58.0 先 ルメール


以上、出走馬10頭になります。


⇒本当に狙うべき◎はコレ!


==============
人気上位が予想される注目馬
==============


キタサンブラック

天皇賞・春V、宝塚記念3着と
春のG1戦線で暴れ回ったのが同馬。

間違いなく現役最強の一角だ。

同レースが秋の始動戦となる。

秋の飛躍を見据え、
ここで弾みをつけたいところ。


ラブリーデイ

昨年G1で2勝を挙げた同馬だが、
今春は3戦して全て4着に惜敗。

昨年の勢いに比べれば
かげりは見えているかもしれないが
好メンバー相手に崩れず善戦。

昨年の当レースは上がり3F
32秒3の強烈な末脚で差し切りVで
見事な勝利を収めている。

鞍上もルメール騎手に決まり
秋の巻き返しで逆転を狙う。




サウンズオブアース

昨年の2着馬。

2年半勝ち鞍が無いが、
有馬記念の2着などを筆頭に
2着が6回もある全戦マン。

上位2頭より切れ味はあるだけに
瞬発力勝負に持ち込みたい。

全戦マン脱却なるかに期待。


ラストインパクト

一昨年のこのレースの優勝馬。

昨年のジャパンCはあと一息の2着で
今年の春にはドバイシーマCで3着。

寒い時期のほうが成績がいい馬で
10月~12月は特に脅威な馬。

2400mでの競走成績を見てみても
[2-1-2-1]と得意な距離。

この馬本来の実力を発揮できれば
配当的にも面白い存在。


アドマイヤデウス

宝塚記念では見せ場なく9着。

G1では力不足の感があるが
G2なら話は別。

これまでもG2では結果を出してきた。

そして、京都の高速馬場は
この馬にとって絶好の舞台。

この馬の先行力を活かせれば
ここでも勝負になりそう。




============
過去10年のデータ考察
============


まずは過去10年の各種データを見ていきましょう。


~~~~~~~~~
人気データ考察
~~~~~~~~~

1番人気【2-2-1-5】
2番人気【3-1-2-4】
3番人気【2-0-1-7】
4番人気【1-2-1-6】
5番人気【1-0-2-7】
6番人気【0-2-1-7】
7~9番人気【0-3-2-24】
10番人気以下【1-0-0-21】


堅い決着が多いレースだったが
2012年、13年は大荒れ。

穴馬の傾向としては重賞連対実績の
ある馬が良さそう。

また、8番人気以下の成績が悪く
人気薄が激走する事は少ない。




~~~~~~~~
枠データ考察
~~~~~~~~

1枠【1-1-1-7】
2枠【3-0-1-6】
3枠【0-2-1-9】
4枠【0-0-2-11】
5枠【1-0-1-12】
6枠【2-1-2-9】
7枠【2-3-2-12】
8枠【1-3-0-15】


1コーナーまで約600mと直線が長いため
枠による有利不利はほぼ無い。


~~~~~~~~~
脚質データ考察
~~~~~~~~~

逃げ【0-0-0-11】
先行【2-4-5-20】
差し【6-3-5-21】
追込【2-3-0-28】
マクリ【0-0-0-1】


4コーナーを先頭か2番手で迎えた馬は
未勝利で軒並み苦戦する傾向にある。

3~9番手の中団に構えた馬が
複勝率が30%を超えて好調。

後方一気の追い込みは厳しい。


⇒本当に狙うべき◎はコレ!


=========
予想情報局の総括
=========


秋のG1に向けた有力馬が集まる当レースは
京都芝2400mで行われる。


コースの傾向としては、
枠による有利不利はほとんど無く

速い速度のまま直線に入る事が多いので
上り勝負になりやすく
差し・追込みが比較的決まりやすい。


過去10年のデータを見ていくと
4~5歳馬の活躍が目立ち、それ以外は苦戦傾向。


また、有力馬の出走が多いので、
やはり前走G1出走馬組が中心となる。


特に好走した馬はこのレースでも
好走していることが多い。


ただ、巻き返しが全くないわけでもなさそうだ。


前走G2だと8着以内、
G1、G2以外だと5着以内が
好走の必須条件。


また、京都で好走した実績の有無も
重要な要素となりそうだ。


よって、前走の成績、京都との相性
~~~~~~~~~~~~~~~~
を考え予想していきたい。
~~~~~~~~~~~~




本命は【キタサンブラック


京都の実績は菊花賞、天皇賞・春で証明済み。

宝塚記念3着から挑む今回。

まずはこのレースで勢いをつけたい。


対抗は【サウンズオブアース


前走天皇賞・春を大敗も、
大敗後は必ず巻き返しがあるこの馬。

また、去年のこのレースの2着。

ここは対抗に推したい。


印は加味した馬券戦略は

◎:キタサンブラック
◯:サウンズオブアース
▲:ラブリーデイ
△:ラストインパクト
△:アドマイヤデウス


10頭という少数でのレースで
人気馬の実績が目立つ。

手厚く勝負したい。


⇒本当に狙うべき◎はコレ!


競馬の最新ニュースはコチラから

【無料アプリ】
http://keiba-headline.com/mobile-app/

【Facebook】
http://keiba.simple-url.net/ads/facebook

【Twitter】
http://keiba.simple-url.net/ads/twitter


また新たな情報を入手しましたら
ブログを更新させて頂きます。

テーマ:
10/12(月)に京都11R・芝2400mにて《京都大賞典》が開催されます。




秋の京都競馬開幕週の名物レース。


王道路線の重要なステップで、
1着馬には天皇賞の優先出走権が与えられる。


フルゲート18頭のところ、
出走馬10頭と少ないが3頭のG1ホースを筆頭に
“少数精鋭”の好メンバーが集結した。



まずは出走馬を見ていきましょう。


===========
京都大賞典の出走馬
===========


枠 馬番 馬名 斥量 騎手
カレンミロティック 56 蛯名正義
サウンズオブアース 56 浜中俊
ニューダイナスティ 56 松山弘平
フォントルロイ 56 松田大作
フーラブライド 54 酒井学
メイショウカンパク 56 池添謙一
ラキシス 55 武豊
ラブリーデイ 58 川田将雅
レコンダイト 56 M・デムーロ
ワンアンドオンリー 57 C・ルメール


以上、出走馬10頭になります。




==============
人気上位が予想される注目馬
==============


ラブリーデイ

宝塚記念で快勝を成し遂げ
当レースも1番人気濃厚。

2400mは同馬にとって長めに感じるが、
昨春のメトロポリタンSを勝った実績がある。

追い切りの様子を見ても
体も締まってきてるし文句なし。

上半期に宝塚記念を含め
重賞を4勝した勢いは秋も続きそうだ。


ラキシス

札幌記念5着以来のレース。

今回の舞台である京都は
昨年エリザベス女王杯を制した舞台であり
4戦2勝と掲示板を外しておらず相性抜群。

追い切りも札幌記念の時よりも
はるかに良いので期待が持てる。

また、今回騎乗の武豊とは初コンビで
どのようなレース展開をするのかにも
今後を占う上で注目が集まる。




サウンズオブアース

天皇賞(春)9着の後、休養。

秋の緒戦を同レースに狙いを定めて、
坂路でじっくりと乗り込んできた。

陣営もパワーアップを実感している。

トップレベルの能力を秘める
4歳牡馬の同馬が万全の態勢を整え
ココから躍動開始となるかに注目。


ワンアンドオンリー

14年には日本ダービーを制し
世代の頂点に君臨したが、

そこから1年が経っている中で
結果を残せずにもがいている。

持続力という観点から見ると
そこまでの強敵はいないので、

ここで最低限の結果を残せなければ
この秋も苦しくなるだろう。

元ダービー馬として恥ずかしくない
走りを期待したい。


カレンミロティック

宝塚記念では13着と崩れたが、
2走前の天皇賞では0秒1差3着と健闘。

今回は1ヶ月間乗り込んで
しっかりと力を出せる仕上がり。

瞬発力勝負は厳しいので、
前々で自分でレースを作っていければ
馬券圏内に入れる可能性あり。




============
過去10年のデータ考察
============


まずは過去10年の人気データを見てみましょう。


~~~~~~~~~
人気データ考察
~~~~~~~~~

1番人気【2-2-1-5】
2番人気【3-0-2-5】
3番人気【2-0-1-7】
4番人気【1-2-1-6】
5番人気【1-0-1-8】
6番人気【0-2-2-6】
7~9番人気【0-4-2-23】
10番人気以下【1-0-0-23】


比較的堅い決着が多いレースだが
2012年、2013年は大荒れ。

昨年も1番人気は3着に負け、
3番人気と6番人気が連対。

また、8番人気以下の成績が悪く
人気薄が激走する事は少ない。




~~~~~~~~
枠データ考察
~~~~~~~~

1枠【0-1-1-8】
2枠【3-0-1-6】
3枠【0-2-1-9】
4枠【0-0-2-11】
5枠【2-0-2-11】
6枠【2-1-2-10】
7枠【2-3-1-13】
8枠【1-3-0-15】


~~~~~~~~~
脚質データ考察
~~~~~~~~~

逃げ【0-0-0-11】
先行【2-5-4-21】
差し【6-2-6-24】
追込【2-3-0-27】


1コーナーまで直線が長いため、
枠による有利不利はほとんど無い。

4コーナーを先頭か2番手で迎えた馬は
未勝利で軒並み苦戦する傾向にある。

3~9番手の中団に構えた馬が
複勝率が30%を超えて好調。

後方一気の追い込みは厳しい。




=========
予想情報局の総括
=========


今年は出走馬10頭と少ないものの

・ラブリーデイ
・ラキシス
・ワンアンドオンリー

と3頭のGI馬が参戦。


中でも注目は安定感抜群の宝塚記念馬
ラブリーデイになりそうだ。


ラキシスワンアンドオンリー
前走からの巻き返しが期待されるところ。


そして、個人的にはカレンミロティック
注目していて穴馬として狙っている。


京都コースが本格化して以来
大崩れしたことがないコースだし、
この馬にとって相性抜群。


開幕週で早目に立ち回れるのも大きな強み。


特にここ数年の同レースは
大荒れになる傾向が高く人気馬同士での
決着はほとんど無い。


その為、人気上位のG1組は抑え程度にして
同馬を中心に仕掛けてみるのがデータ的にも
配当妙味的にも面白いと考えている。


⇒京都大賞典の本当の◎はコレ!

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス