ジュビダームボリューマの講習会 | kyoritsu-utsunomiyaのブログ

kyoritsu-utsunomiyaのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

今日は新宿本院にお邪魔して、ヒアルロン酸の講習会です。

アラガン社が主催したもので、講師としてインドからドクターが来るとの事でした。

昨年の12月に日本でもやっと認可がおりた(厚生労働省で認められた)ジュビダームビスタボリューマXCというヒアルロン酸を使用した若返りテクニックの講習会です。

実は僕は昨年の10月に京都で開催されたISAPS国際美容外科学会でこの話は聴いていました。

今回は実技があるというので休みを返上して参加です。

実際の注入前に講師のインド人医師のマドラス先生からレクチャーを受けました。

今回使用するヒアルロン酸のボリューマは2年以上効果が持続する高濃度の製品です。高濃度なので周囲に拡散せずに注入部位に長く留まる性質を利用して「シワ取り」ではなくて「皮下組織のボリュームアップによって顔面の凹凸をなくし、リフトアップしたように見せる」目的で使用します。

MD-Codeテクニックと呼ばれています。

注入部位をデザインしてから実際の注入に移ります

モニター患者様に早速試してみました。痛みは殆ど感じない、とのコメントを頂きました。下垂した部分や凹んだ部分がボリュームアップする事によってリフトアップ効果が現れて、仕上がりもGOODでした。

問題はコストです。このボリュームというヒアルロン酸は1本が1ccで10万円以上します。

シワ取りではないので、顔面全体では多い患者様では4~5cc以上も必要になります。

2年以上持続するとはいえ、いわゆる元に戻ってしまうプチ整形で40~50万円の出費はなかなか宇都宮では受け入れられない印象があります。

都内のセレブ美容皮膚科ではこの金額でも全く問題なく受け入れられている、とのことでした。

約2時間のレクチャーと実技の後に記念写真を撮りました。仙台院、大宮院、高崎院からも各院長が参加しました。

共立美容外科宇都宮院長亀井眞さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント