健康チェックしましょう! part2 | 共立美容外科 磯野智崇のブログ

共立美容外科 磯野智崇のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

こんにちは!

 

 

 

さーてさて、めでたく五十歳になったアラフィフ真ん中男、磯野カツヲがブログ更新です。

 

 

前回は右目の調子が悪くなったけど、まあ心配なくてヨカッタヨカッタというお話でした。

 

 

 

そして前回のブログを注意深く見ると・・・

 

 

 

冒頭で血糖値がどーとか言ってますよね。 これは決してダテや酔狂で言ったのではなく、じつはこの「血糖」でちょっと気になることがあったのです。

 

 

 

先日、共立美容外科新宿院で、血糖を簡単に測れる「デキスター」とよばれるものを発見しました。

 

 

 

ためしに測ってみると・・・  ぬ・ぬぁんと「181」 もあったのです!ちなみに測定のタイミングは、食後タップリ三時間は経っている時点で、です!

 

 

 

 

 

通常、食後二時間の時点で血糖値が140を超えるようだと糖尿病が疑われてきます。もちろんこの数値だけで判断するのではなく、今やわりと有名になった指標「Hba1c」(愛称:エーワンシー)の数値、血糖の時間ごとの推移など多角的に判断されます。

 

 

 

 

まあそれにしても、ですよ。三時間でこれはスルーできる数値でないのは明らか。

今までも時々、職場で採血をして簡単な項目のチェックはしてきたのです。

 

 

しかし恥ずかしながら、「盲点」があることに気付いていなかったのです。

 

 

 

今までの採血は、たしかいつも空腹時に行っていました。これによって測られる血糖は「空腹時血糖」になりますね。この数値は、今まで正常範囲内に収まっていたんですね。

 

 

そしてHba1c(エーワンシーちゃん)も正常のままきています。さらにさらに家族や親戚に糖尿病の人がいないのですっかり油断していました。

 

 

 

ところが「隠れ糖尿病」ともいわれる、これらの数値は正常ながら食後の血糖値がなかなか下がらないという予備軍状態があったのです。

 

 

食生活を改善したりせずに、つまりこのまま放置すればもちろんモノホンの糖尿病になる確率は高くなります。

 

 

 

今さらながらになりますが、カツヲは体重90キロ超のメタボ体形。一人で食事をすればラーメンばかり、野菜を採る機会も多くない、トドメに早食い自慢と 糖尿病になりたがっているとしか思えない状態を長年キープしてきてしまいました。

 

 

 

そういえば過去にこのブログでもラーメンのハシゴをしているところを大公開してしまいましたね。

 

 

 

シャレにもなりゃしませんが、今となっては大後悔です。 シュン・・

 

 

 

 

しかし今ならまだ引き返せる位置だと思われますので、「炭水化物を抑える」「まず最初に野菜を食べる」そして「体重減少」といった具合に 小さなことからコツコツと 始めて、健康体になりたいと思ってマス。

 

 

皆さんも健康にはくれぐれも気を付けてくださいね。  それでは次回。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

共立美容外科 磯野智崇さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス