【 糸 】中島みゆき ピアノ弾き語り♫ | きょうのすけの弾き語りと闘病記

きょうのすけの弾き語りと闘病記

脊髄小脳変性症であると分ったのが2016年、発症はその数年前だと思います。

今回は、中島みゆきさんの「糸」をピアノ弾き語りしました。
最近、声帯の訓練を継続しているので、歌声が安定してきたような気がします♪
弾き語っているところの動画を作ってみました。  ハスキーですけどショボーン

 

 

ピアノを弾くことは、まだ大丈夫のようです(*´ー`)


でも、テーブルに置いてある箸を持つ、箸を動かして口の中にまで食べ物を入れる という動作は、違和感が出てきています。

箸を持とうとして一回で掴めずに落としてしまう、ということがあります。箸の使い方も魚の食べ方が汚くなってきました  。  魚の肉を取る時の微妙な指の動きが難しい(@_@;)

 

ピアノは? 

 

ある程度弾き慣れていれば、その音にあった鍵盤を指で単純に押せば音が出るわけです。

パソコンのキーボードをブラインドタッチで操作するように、ピアノを弾く時も身に付いた感覚でこの音は腕、指を何処に持っていけばいい というのがインプットされているので簡単なメロディーであれば、目をつぶっても弾くことができます。この運動機能は保たれています。


ただ、コントロールはだんだんダメになってきましたガーン


例えばトレモロ、2本の指を交互に速く動かすものですが、これがとても遅くなりました。

あと、同じ音、鍵盤を同じ指で連打する、これも相当遅くなってしまいました。運動機能の劣化によるものでしょう。


あー それと、音の大きさのコントロール・・・


これも、思わぬ強さで鍵盤を叩いてしまって、静かに弾くところがでかい音になってしまって興ざめ なんてこともありますパンチ!

 

声に関しては、なぜハスキーな声になるんですか? と、いつもお世話になっている言語療法士さんに聞いたら、「それはですね、脳神経の指令がうまくいかないことによって声帯も筋肉ですからその動きにズレが生じて声がかすれたりします」 ですと・・・ 真顔

 

んじゃハスキーボイスの人たちはみんな脳神経系に問題あんのかよ(`・ω・´) は言いませんでしたが、セキショーに起因しているのかもしれないと思うとがっかりでした(・_・)

 

台風、住んでいるところ、結構ヤバかったですが難は逃れました。

千葉に住んでいる娘も郡山に住んでいる娘も大丈夫でした!

 

オラはふぐすまだよ(^^♪



作曲ランキング